プラーク(歯垢)とは

プラーク(歯垢)とは、歯に付着する細菌の塊です。黄白色や白色をしているため、肉眼では分かりづらいこともありますが、舌で触れるとザラザラしています。また、プラークはそのネバネバとしていて粘着性が強く、うがいをした程度では取り除くことができません。さらに、プラーク中には細菌が約600種類も存在しており、1mgにつき約1億個〜2億個の細菌が住み着いているといわれています。歯垢の中の虫歯菌や歯周病菌などの細菌は、歯や歯茎に様々な悪影響を及ぼします。

プラークの種類

プラークは、付着する部分によって歯肉縁上プラークと歯肉縁下プラークに分類されます。歯肉縁上プラークとは、歯茎より上の、歯の表面に付着するプラークのことを指し、歯肉縁下プラークは、歯茎より下の歯肉溝(歯周ポケット)内に溜まるプラークをことを指します。歯肉縁上プラークは、歯の表面に付着しているため、肉眼でも簡単に確認することができますが、歯肉縁下プラークは歯肉溝内に付着しているため、肉眼で確認することが難しいです。

歯垢を放置することで起こる悪影響

虫歯や歯周病になる

食後の口腔内は、ミュータンス菌(虫歯菌)や乳酸菌などが酸を作り出すため、酸性の状態に傾き歯のカルシウムイオンやリン酸イオンを溶かし始めます。この現象を脱灰といいます。歯のごく表面だけに脱灰が起こった場合や、短時間だけ脱灰が起きた場合は、プラークをすぐに取り除くことができれば唾液の働きにより酸が中和されるため、歯は再石灰化により元どおりに修復しますが、プラークが長い間付着したままだったり、歯の奥深くまで脱灰が進んでしまと、歯の修復が追いつかないので脱灰が進行していきます。歯が脱灰により元に戻らなくなってしまうことにより、歯に穴が空いてしまう状態が虫歯です。

プラークは歯の表面だけではなく、歯肉溝内にも溜まります。プラークが付着した状態が長く続くと、プラークの細菌によって歯茎が炎症を起こす歯肉炎になってしまいます。歯肉炎をそのまま放置すると、炎症が重症化してしまい、歯を支えている歯槽骨まで細菌が進行して、骨を溶かしてしまい歯周病を発症します。

歯周病を発症した歯や歯茎は、出血や腫れ、歯のぐらつきなどの症状を起こします。しかし、初期段階では自覚症状がほとんどないため、気付いた時には重症化している場合が多いのが特徴でもあります。さらに歯周病菌は、歯髄の毛細血管などから全身に進行してしまうことで糖尿病を悪化させたり、心臓病や脳などの疾患の引き金になってしまい、最悪の場合は歯を失うだけでなく、命に関わる病気を引き起こす危険性があるのです。ですので、虫歯や歯周病は早期に治療が必要となるため、大分県のかかりつけの歯科医院で受診し、治療をすることが重要なのです。

口臭の原因になる

プラークの中に存在する細菌は、メチルメルカプタンやVSC(揮発性硫黄化合物)と呼ばれる硫化水素などのガスを生成します。これらのガスは強い悪臭を放つため、口臭の原因となります。また、虫歯や歯周病も口臭の大きな要因です。歯周病が進行することで、口臭が強くなることがあります。

プラークを除去する方法

歯磨きによる除去

プラークを除去するためには、歯ブラシを使った日頃の正しい歯磨きが重要です。奥歯や歯並びの悪い歯は、磨きにくいので虫歯や歯周病になりやすいため、より丁寧に磨くようにしましょう。また被せ物や詰め物をしている歯や歯茎なども、虫歯や歯周病になりやすいので丁寧に磨くようにしましょう。正しい歯磨きをおこなうためにも、定期的な歯科医院でのメンテナンスを受けた際に、歯磨き指導をしてもらうことをお勧めいたします。

歯間ブラシやデンタルフロスを使用する

歯ブラシだけでは歯と歯の間の歯垢を除去しきれない場合が多いため、歯磨きと一緒に歯間ブラシやデンタルフロスを使用してプラークを取り除きましょう。歯間ブラシは、細いものから太いものまで様々なサイズがあります。サイズが太すぎると、逆に歯茎や歯を傷つけてしまう原因になり、反対に細すぎると歯垢を除去に効果的ではないため、ご自身の歯の歯にあったサイズの歯間ブラシを選ぶことが大切です。デンタルフロスは、糸のみのタイプと持ち手のついたタイプがあります。部位によって歯と歯の間の広さは異なりますので、デンタルフロスや歯間ブラシを使い分けるのも効果的です。

歯科医院でのクリーニング

ご自身での歯磨きなどのセルフケアだけでは、どうしてもプラークはキレイに取り除くことが難しいです。その場合は、大分県のかかりつけの歯科医院での歯のクリーニングを受けるようにしましょう。クリーニングでは、口腔内の衛生管理のプロフェッショナルである歯科衛生士がスケーラーと呼ばれる専用の器具でプラークや歯石、着色汚れ(ステイン)を除去します。さらにPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)によって、専用の機械を使うことで、歯肉溝内に溜まったプラークや歯石、着色汚れや細菌の集合体であり、簡単には取り除くことができないバイオフィルムまでもキレイに除去することが出来るため、プラークの除去に大変効果的です。プラークを取り除くことで、虫歯や歯周病を予防することに繋がり、口腔内を清潔に保つことも出来るのです。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
インプラント治療費用をなるべく安く抑えたい
インプラント治療費用をなるべく安く抑えたい
インプラント治療は、基本的に保険適用外治療(自由診療)となるため、どうしても費用が高額になってしまいます。また、自由診療であるため医院によって費用が異なります。失ってしまった歯の機能や見た目を、天然の歯のように回復することができるインプラントですが、できるだけ治療費用を安く抑えたいと思っている方は多くいらっしゃいます。...
どこが違う?インプラントと天然歯
どこが違う?インプラントと天然歯
インプラントは、失った歯の見た目や機能を天然の歯のように回復することができるため、治療によって歯が元に戻ったと思う方もいらっしゃいます。見た目の美しさといった審美面は、場合によっては治療前よりも良くなることがあります。しかしながら、天然歯と比較すると、インプラントは様々な点でどうしても劣ってしまうのです。インプラントと...
インプラント治療の流れ
インプラント治療の流れ
インプラント治療の一般的な流れ ご自身の歯を失ってしまった場合、現在の歯科医療での治療方法には、入れ歯、ブリッジ、そしてインプラントがあります。その中でもインプラント治療は審美的にも優れ、噛み心地も本物の歯と変わらないなどのメリットもあり、近年人気の高い治療法です。 しかしインプラント治療は外科手術が必要となるため、ほ...
矯正歯科治療とは
矯正歯科治療とは
歯並びが悪い方や、歯の噛み合わせが悪い方でお悩みの方は多いと思います。歯並びが悪いと、相手の見た目の印象も変わってしまう場合があります。さらに、人前で歯を見せて笑うことが恥ずかしく、つい口元を隠す癖がついてしまっている方も多くいらっしゃいます。また歯並びが悪いと、歯磨きの際に歯ブラシが届かない場合があり、磨き残しが増え...
虫歯ではないのに歯が痛む原因とは?
虫歯ではないのに歯が痛む原因とは?
歯原性歯痛と非歯原性歯痛 口腔内やその周辺に起こる痛みは、症状が軽度なものから、激しい痛みを伴うものもありますが、たとえ軽い痛みであっても不安がつきまとってくるものです。これらの痛みの多くは、「歯原性歯痛」といわれる歯が原因となる歯痛です。歯原性歯痛は、歯の中の神経である「歯髄」や、歯の周りの歯を支える組織である「歯周...
インプラントから膿が出てきた場合の対処法
インプラントから膿が出てきた場合の対処法
インプラント治療後に膿が出ることがあります。通常、天然の歯の歯茎から膿が出てきた場合は、歯周病(歯槽膿漏)が原因によるものですが、インプラント治療後に膿が出た場合の原因はどうなのでしょうか。インプラントから膿が出てきた場合の原因と対処法についてご説明いたします。 歯茎から膿が出るとは 皮膚を怪我してしまった場合に、悪化...
インプラント医院の選び方
インプラント医院の選び方
インプラント治療は、顎の骨にインプラント体を埋入する外科手術が必要なため、どの歯科医院でも治療がおこなうことができるわけではありません。一般的な歯科治療とは違い、神経や骨格の構造など、外科手術をおこなうために医学的な専門的な知識が必要とされます。さらに歯科医師の豊富な経験や実績、技術なども患者さんが安心して治療を受けて...