インプラントの安全性

インプラント治療は、顎の骨に歯の根の代わりとなるチタン製のインプラント体を埋込する手術を伴う治療のため、手術への恐怖感を感じていたり、治療の安全性についても不安に思う方も多くいらっしゃいます。インプラント治療の成功率は一般に90%以上といわれています。しかしまったくトラブルが起こらないということではないため、治療にはリスクも伴うことを事前に理解して頂くことが大切といえます。

インプラント治療を安全におこなうための注意点

手術を伴う治療であること

インプラント治療は歯茎を切開してインプラント体を埋入する、手術を伴う治療法です。そのためは手術の際は、局所麻酔をしておこないます。麻酔が効いているため通常、手術中はほとんど痛みを感じることはありません。術後の痛みに関しても、治療内容や個人差がありますが、抜歯をおこなった時と同じ程度の痛みといわれています。しかし個人差もありますが、不安や恐怖心が強い場合、麻酔後に動悸や目眩、呼吸困難などの症状がでる場合もあります。そのような場合は、静脈内鎮静法などを麻酔と併用することで、眠ったようにリラックスした状態で手術を受けることも可能です。

静脈内鎮静法とは、腕に点滴をしながら鎮静剤を投与することで、リラックスして眠っているような状態を作る方法のことです。治療中の不安や緊張を軽減させる方法の一つで、不安や緊張の強い方にとっては大変有効な治療法です。治療中は半分眠ったような状態になりますが、全身麻酔ではないため意識が完全に無くなる事はありません。治療中の記憶が無い場合もありますが、治療後に数時間ゆっくり体を休めることで意識は次第にしっかりしてきますのでご安心ください。

糖尿病などの全身疾患がある場合

インプラント治療は手術を伴うため、糖尿病などの全身疾患がある場合は必ず事前に医師に病気のことを伝えるようにしましょう。糖尿病の方は血糖コントロールができない場合はインプラント治療が受けられない場合もあります。その他の全身疾患のある方も、事前に主治医にインプラント治療の了承を得た上で、歯科医師に病状のことを伝えてください。こうした医師が患者さんの身体の状態をしっかりと把握しておくことが、インプラント治療が失敗しないためにとても重要なのです。

骨粗鬆症でビジフォスフォネート製剤を使用している場合

骨粗鬆症の方で、治療のためにビジフォスフォネート製剤を使用している場合は、必ず歯科医師に伝えるようにしてください。ビジフォスフォネート製剤は骨を強くする薬ですが、破骨細胞の活動を阻害し骨の吸収を防ぐため、インプラント治療の際にインプラント体と顎の骨が結合しなくなるだけではなく、顎の骨が壊死してしまう「骸骨壊死」を引き起こしてしまう危険性もあります。骨粗鬆症の方のインプラント治療は、主治医の判断の元に適切な治療をおこなうことが重要です。

衛生管理の徹底

インプラント治療の場合には手術を伴うため、通常の歯科治療よりも徹底した衛生管理が重要です。安全な治療をおこなえるよう、歯科医院では様々な設備を設置して清潔な医院環境と衛生管理の徹底をおこなっています。より安全な治療をおこなうためには、医師の技術はもちろん重要ですが、清潔で安全な院内環境も大切なのです。

さらに空気感染などの院内感染を防ぐためにも、歯科医院では高性能空気清浄機をはじめとした医療用の設備を導入して空気の清浄化をおこなっています。特にインプラント治療においては、手術中の感染を防ぐために、手術専用のオペ室を完備している医院もあります。また、患者さんごとに使用する器具は完全滅菌し、エプロンや口をゆすぐコップなど使い捨てが可能なものは患者さんごとに交換することで、より安全に治療をおこなうことができます。このように徹底した衛生管理は、インプラント治療においてとても重要なのです。

信頼できるインプラントメーカーを使用している医院を選びましょう

現在インプラントメーカーは世界中に数百社あるといわれています。その中でも世界的にトップクラスの治療実績や、歴史を持っているメーカーを使用している医院を選ぶことも大切です。最近よく目にする「格安インプラント」は、長期的な検証がおこなわれていない、安全性の保証ができないようなインプラントメーカのものを使用している場合もあるのです。

さらに、インプラントは治療後のメンテナンスが非常に重要になります。格安インプラントには保証がない場合もあり、もし保証があったとしても、インプラントメーカーが倒産してしまっていた場合、その後のメンテナンスを受けることができなくなってしまいます。ですので、広いシェアと実績を持ったインプラントメーカーを選ぶことも安全なインプラント治療を受けるために大切なのです。

安心できる医師のいる歯科医院を選びましょう

インプラント治療を受ける際には、安心できる医師のいる歯科医院を選ぶことも大切です。患者さんの口腔内全体を考えた治療計画を立ててくれたり、インプラント治療のメリットやデメリットについても、分かりやすく説明をしてくれる医師のいる医院は、信頼できる医院だといえます。さらに問診や事前のレントゲン・CT検査・口腔内検査を綿密におこない、治療後のメンテナンスもしっかりおこなっている歯科医院は、安心して治療をおこなうことができる医院選びの目安の一つといえます。

インプラント治療をお考えの方は、事前に大分県の歯科医院でのカウンセリングを受けて頂くことをお勧めいたします。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
ノーベルガイドとは
ノーベルガイドとは
ノーベルガイドとは インプラントの手術は、ほとんどの場合がインプラントを埋め込む前に歯茎を切って、顎の骨を見える状態にしてから、埋め込む位置を決めます。 しかし患者さんの中には、手術で歯茎を切ることが怖いと思っている方もいます。そういった場合に、事前にCTスキャンでの撮影を行い、骨の状態を確実に把握し、埋め込む位置を決...
銀歯が使われるのは日本だけ?
銀歯が使われるのは日本だけ?
虫歯になってしまった際に、歯を削った後に詰め物に使用される銀歯。治療費も安く丈夫であることから、現在でも銀歯を詰める治療はおこなわれています。しかし、歯科先進国の中で銀歯が主流なのは実は日本以外にほぼ無いのです。海外では虫歯の詰めものや被せものには金属を使うことはなく、基本的にレジン(プラスチック素材)などを使用して治...
歯を磨くベストタイミング
歯を磨くベストタイミング
私たちが毎日おこなっている歯磨きですが、虫歯や歯周病予防のためにとても大切な事です。では、歯を磨くのに一番良いタイミングはあるのでしょうか?歯を磨くタイミングによっては、虫歯や歯周病により効果的な場合があります。理想の歯磨きのタイミングや、その際の正しい歯磨きをご説明いたします。 理想の歯磨きのタイミング 基本的に、健...
口内炎の知識
口内炎の知識
口内炎の症状 口内炎の症状はその原因によって大きく異なります。多くは口腔内や口唇、舌に数ミリ程度の円形~類円形の口内炎が散在します。口内炎による粘膜病変は水疱や潰瘍、びらん、白苔など多岐にわたりますが、口内炎は周辺の粘膜よりやや盛り上がり中心部はびらんや潰瘍、水疱などが生じます。周辺部は赤く充血していることが多く稀に出...
インプラントかブリッジかで悩んだとき
インプラントかブリッジかで悩んだとき
現在の歯科治療では、歯を失ったときの治療方法として、インプラント治療の他にブリッジ治療があり、どちらの治療法がいいのか悩んでいる方は多いかと思います。そのためにはまず、インプラントとブリッジのそれぞれのメリットとデメリットをよく知っておくことが大切です。 インプラントのメリットとデメリット インプラントは見た目が美しく...
インプラントが外れる場合がある?
インプラントが外れる場合がある?
インプラント治療後のトラブルとして、インプラントが脱落してしまう場合があります。インプラントは顎の骨に埋入する「インプラント体」、「人工歯」、インプラント体と人工歯を連結する「アバットメント」の3つのパーツから構成されています。このどの部分が外れるかによって、対処方法が変わってきます。インプラントが外れる場合の、原因や...
よく耳にするキシリトールとは?
よく耳にするキシリトールとは?
キシリトールとは 最近ではよく聞くようになったキシリトール。 キシリトールとは、糖アルコールという甘味炭水化物の仲間であり、いちごやラズベリー、ほうれん草にも微量に含まれている天然の甘い成分です。市販されているキシリトールの含まれている商品は、白樺や樫などの樹木から抽出したキシランヘミセルロースという物を原料にして工業...