インプラントが外れる場合がある?

インプラント治療後のトラブルとして、インプラントが脱落してしまう場合があります。インプラントは顎の骨に埋入する「インプラント体」、「人工歯」、インプラント体と人工歯を連結する「アバットメント」の3つのパーツから構成されています。このどの部分が外れるかによって、対処方法が変わってきます。インプラントが外れる場合の、原因や対処法をご説明いたします。

人工歯が抜けた場合

人工歯が抜けてしまった場合は、人工歯の破損やネジ部分の緩みや破損、またはセメントの劣化などが原因として考えられますが、インプラント体やアバットメントは正常な状態で残っているため、比較的対処がしやすいといえます。応急処置としては、抜けてしまった人工歯をなくさないように保存して、剥き出しになっているアバットメントやインプラント体には直接触らないように注意しましょう。これは、人工歯がそのまますっぽりと外れた場合も、欠けてしまった場合も同じです。人工歯が抜けた際に絶対におこなってはいけないことは、抜けた人工歯をご自身で元に戻して、再び使用することです。そのままの状態では元に戻らないことがほとんどですし、トラブルの原因になるため、インプラント治療を受けた大分県の歯科医院で必ず処置してもらいましょう。

アバットメントが抜けた場合

人工歯とインプラント体の連結部分であるアバットメントが抜けてしまった場合は、必然的に人工歯も抜けています。この場合、アバットメントのネジ部分の緩みや破損、アバットメント本体の破損が原因として考えられます。そのままの状態ではインプラント体が剥き出しになっているため、口腔内を傷つけてしまうなどのトラブルを起こしてしまうので、早急に大分県のかかりつけの歯科医院で処置をおこなってください。その際、人工歯とアバットメントを持参して医師に渡してください。これらは状態にもよりますが、そのまま再利用できることが少なくありません。ただし、アバットメントが折れていたり、人工歯が大きく欠けていたりするような場合は、新しいパーツに取り替える必要があります。

インプラント体が抜けた場合

人工歯根であるインプラント体が抜けてしまった場合は、最も深刻といえます。なぜならインプラント体は、本来であれば顎の骨としっかりと結合しているため、固定されているからです。このインプラント体が抜けた場合は、インプラント周囲炎や、歯ぎしりや食いしばりや、噛み合わせのアンバランス、顎の骨吸収、インプラント体自体の破損などが原因として考えられます。その際、抜けたインプラント体は、患者さんご自身で元に戻すことは絶対にやめてください。そのまま元に戻すことで細菌感染の原因になったり、さらなるトラブルを引き起こしてしまいます。また、インプラント体が外れているということは、人工歯やアバットメントなどの、すべてのパーツが外れているため、それらも保存しておきましょう。歯科医院での処置の際に、状態によっては再利用することも可能です。医院で診てもらう前に、インプラント体が抜けた部分は、むやみに触れないようにしてください。抜けた部分を舌でいじることで、細菌感染が起こるだけでなく、インプラント体を元に戻せないような状態になる危険性もあります。

歯科医院での定期的なメンテナンスが必要

インプラントの手術が完了すれば、それで終わりというわけではありません。インプラントを長い期間、快適に使い続けるためには、毎日のご自身のメンテナンスが大切です。歯磨きによるブラッシングはもちろんですが、歯間ブラシやデンタルフロスなども併用して、汚れをキレイに除去しましょう。しかし、ご自身の歯磨きだけではどうしても全ての汚れを取り除くことが難しいため、数か月に一度程度のペースで、定期的に大分県の歯科医院でのメンテナンスを受けるようにしましょう。専門家によるメンテナンスでは、インプラントの状態や噛み合わせの確認をおこないます。さらに口腔内の歯石や細菌の集合体であるバイオフィルムなども、キレイに除去することができるため、口腔内を清潔に保つことでインプラント周囲炎の予防にも繋がります。

インプラント保証制度とは

インプラントには、欠ける、割れる、脱落するといったトラブルに備えて、一般的「インプラント保証制度」が付けられています。

歯科医院や保証会社などが、修復や再手術などにかかる費用を補償してくれるという制度です。しかし、インプラント保証制度はどんな場合でも保証されるというわけではありません。インプラントの保証が適用になる一般的な条件が、歯科医院での定期的なメンテナンスをおこなっていることです。

規定されているメンテナンスを怠ったことでトラブルが起きてしまった場合は、保証の対象外となる可能性が高いです。保証範囲や条件などは様々ですので、事前に必ず確認しておきましょう。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
歯の神経について
歯の神経について
歯の神経の役割 内臓や皮膚などと同じように、体の一部である歯に神経があるということは、歯が生きているということです。歯の中の歯髄(しずい)と呼ばれる部分には神経の他に血管も入ってきています。それによって歯に栄養を与えたり、酸素を運んだり、免疫などの防御反応を伝達するなど重要な役割があります。それによって歯を丈夫な状態に...
口腔洗浄機は本当に良いのか?
口腔洗浄機は本当に良いのか?
歯や歯茎などの口腔内の汚れや歯垢を、強力な水流と水圧によって洗い流す口腔洗浄機というデンタルケア家電が、近年多くの家電メーカーから発売されています。 この口腔洗浄機ですが、歯間ブラシやデンタルフロスが苦手な人でも、あまり抵抗がなく使用でき、さらに歯の汚れだけでなく歯周ポケットの洗浄にも効果があることから、近年注目されて...
ノーベルガイドとは
ノーベルガイドとは
ノーベルガイドとは インプラントの手術は、ほとんどの場合がインプラントを埋め込む前に歯茎を切って、顎の骨を見える状態にしてから、埋め込む位置を決めます。 しかし患者さんの中には、手術で歯茎を切ることが怖いと思っている方もいます。そういった場合に、事前にCTスキャンでの撮影を行い、骨の状態を確実に把握し、埋め込む位置を決...
健康寿命と歯の関係
健康寿命と歯の関係
健康寿命と歯の関係 近年、高齢化が進む日本ですが、健康に長生きするためには咀嚼する、いわゆる「よく噛むこと」が重要視されています。年齢や治療中の病気や生活習慣などの影響などを除き、歯が多く残っている人や、歯の本数は少なくても義歯などを入れている人の方が、歯が少ない人や、義歯を入れていない人とを比較すると、その後に認知症...
インプラントの手術方法は
インプラントの手術方法は
1回法と2回法 失った歯を補う方法のひとつにインプラント治療が挙げられますが、顎の骨に土台を埋入して人口の歯を固定する方法は天然歯に近い使用感を得られますが手術を必要とします。そのインプラント手術を大きく分けると「1回法」と「2回法」という方法に分かれます。 どちらの治療方法が良いというわけではありません。インプラント...
舌に関する疾患
舌に関する疾患
舌の役割と仕組み 私たちが食べ物を食べたり、飲み物を飲んだりする際に味を感じます。 その味を感じる「味覚」は主に舌で感じているのです。さらに舌は味覚を感じる役割のほかにも、食べ物を飲み込むのを助ける役割をしたり、唾液を分泌させることにより、唾液に含まれる消化酵素が食物と混ざることで消化器官の負担を軽くするという役割も持...
骨粗鬆症の薬、ビスフォスフォネート系薬剤に注意
骨粗鬆症の薬、ビスフォスフォネート系薬剤に注意
骨粗鬆症とは 私たちの体の骨は、常に古い骨を破壊し(骨吸収)、破壊した部分を修復する(骨形成)ことで、丈夫で健康な状態を保っています。この骨吸収と骨形成のバランス(骨代謝)が崩れることで骨が痩せてしまい、脆くスカスカな状態になり、骨折しやすくなってしまう病気のことを骨粗鬆症といいます。 特に高齢者にとって骨粗鬆症は、大...
インプラントの寿命
インプラントの寿命
第2の永久歯と言われる理由 抜けた歯を補う治療法として永久歯を失った場所に人工歯根を埋入することで、本来の歯の機能を取り戻すインプラント治療は、機能性・審美性ともに優れた治療法です。しかし、治療の質やインプラント埋入後の過ごし方によってはその寿命を縮めてしまう恐れがあります。第2の永久歯といわれるインプラントの寿命や、...