手術後の薬の処方について

インプラント治療は顎の骨にインプラントを埋め込む外科治療になります。そのため手術後は麻酔が切れたあとに多少の痛みが出る事が予想され、必ず痛み止めなどののミクスが処方されます。外科手術の際は、埋め入れるインプラントの本数にかかわらず、鎮痛剤(痛み止め)や、抗生物質(化膿止め)、消炎酵素剤(炎症止め)などの服用薬を術後(場合によっては術前)に服用することがあります。

治療を始めるまえに

下記のような症状に該当する方は、必ず歯科医師に申し出ましょう。

  • 胃腸の弱い方
  • 心臓や、腎臓、肝臓などの疾患をお持ちの方
  • その他の持病や、常用しているお薬などがある方
  • アレルギーのある方
  • 妊娠中、または授乳中の方
  • その他、過去に薬を服用してかゆみや、発疹、下痢、嘔吐、喘息など症状が出たことがある方

鎮痛剤(痛み止め)

痛みや腫れを抑える効果があります。インプラント手術後にインプラントを埋め込んだ部分が一時的に痛みが出る場合があります。種類によっては腫れや発赤などの症状を和らげるものもあります。また、熱を下げる作用もあります。「鎮痛剤」の種類は、おもに「アセトアミノフェン」と「非ステロイド性抗炎症薬」の2つに分けられます。「アセトアミノフェン」の代表的な薬は「カロナール」、「非ステロイド性抗炎症薬」の代表的な薬は「ロキソニン」があります。

アセトアミノフェンは、中枢神経に働きかけることで痛みを抑える効果を発揮します。そして、非ステロイド性抗炎症薬と比べ、炎症を抑える効果はあまり期待できません。しかし、非ステロイド性抗炎症薬より胃への負担が少なく、眠気や興奮などの副作用もないため、子供への解熱剤としてもよく使用されています。

非ステロイド性抗炎症薬は、痛みを引き起こしている原因物質である酵素の働きを邪魔することで痛みを抑える効果を発揮します。また、痛みだけでなく炎症を抑える効果もあるので、インプラントの手術後だけでなく、様々な症状に鎮痛剤として使用されています。

抗生剤

殺菌の効果があります。「抗生剤」とは一般的に「化膿止め」とも呼ばれ、細菌による感染を防ぐ目的で処方されます。術後にインプラントを埋め入れた部分から、雑菌が入り化膿することも考えられます。抗生物質は、殺菌作用を示しますので、感染を防ぐことを期待して処方されます。生物質には、主に「ペニシリン系抗生物質」「テトラサイクリン系抗生物質」「マクロライド系抗生物質」「セフェム系抗生物質」「ニューキノロン系抗生物質」の5種類があります。
ペニシリン系抗生物質は、この5つの抗生物質の中ではもっとも一般的な抗生物質になります。体内に入り込んでしまった細菌が細胞壁を形成するのを邪魔することで殺菌効果を発揮するとされています。

テトラサイクリン系抗生物質とマクロライド系抗生物質は、体内に入り込んだ細菌がタンパク質を合成するのを阻害します。代表的な薬として「ミノサイクリン」と「ドキシサイクリン」があります。

セフェム系抗生物質は、ペニシリン系抗生物質の次に一般的な抗生物質とされており、その効能は、ペニシリン系抗生物質と同じように体内に入り込んでしまった細菌が細胞壁を形成するのを邪魔することで殺菌効果を発揮するとされています。代表的な薬として「セフカペンピボキシル塩酸塩」「セフジトレンピボキシル」などがあります。

ニューキノロン系抗生物質は、その効能は唯一どのタイプとも異なり、細菌のDNAの合成を阻害する殺菌効果があります。代表的な薬として「レボフロキサシン」「トスフロキサシン」などがあります。

どの「抗生剤」が処方されるかは医師の判断によって分かれ、またそれが効果的に働くかどうかはその人の体質との相性によって変わってきます。

消炎酵素剤(炎症止め)

炎症の悪化を防ぎます。手術後にインプラントを埋め入れた部分から雑菌が入り化膿することがあります。消炎酵素剤は炎症を悪化する成分を分解・除去する効果がありますので、腫れや痛みを和らげることが期待できます。

薬の処方は「ケースバイケース」です

インプラント手術のあとで処方される薬は非常に多くあり、ケースによって処方される種類・量は変わります。またどの薬を扱っているかは歯科医院によって異なります。また薬によってはアレルギーが出たり、体に合わず副作用が出てしまうこともあります。必ず大分県の歯科医師に相談するようにしましょう。

ペニシリン系抗生物質は、この5つの抗生物質の中ではもっとも一般的な抗生物質になります。体内に入り込んでしまった細菌が細胞壁を形成するのを邪魔することで殺菌効果を発揮するとされています。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
歯を磨くベストタイミング
歯を磨くベストタイミング
私たちが毎日おこなっている歯磨きですが、虫歯や歯周病予防のためにとても大切な事です。では、歯を磨くのに一番良いタイミングはあるのでしょうか?歯を磨くタイミングによっては、虫歯や歯周病により効果的な場合があります。理想の歯磨きのタイミングや、その際の正しい歯磨きをご説明いたします。 理想の歯磨きのタイミング 基本的に、健...
殺菌水による歯科治療
殺菌水による歯科治療
近年、歯科医院によっては院内感染予防対策や歯周病治療のために、給水ユニットにエピオス エコ システムを導入している医院があります。エピオスウォーター(POICウォーター・ポイックウォーター)を院内のコップ水から手洗い水まで、すべての場所で使用することで、ほぼ全ての細菌・ウイルスの殺菌が可能です。エピオスウォーターの生成...
食べるとき左右均等に噛んだほうがいい?
食べるとき左右均等に噛んだほうがいい?
食べ物を食べるときに、気付かないうちに片側の歯だけで噛んでいる方は多くいらっしゃいます。私たちは食べるときに、下顎から頭蓋骨の側面にかけての筋肉である咀嚼筋を使います。この咀嚼筋は、左右どちらかに偏ってしまった噛み方を続けてしまうことで、頻繁に噛む側の咀嚼筋だけが発達してしまいます。咀嚼筋も筋肉ですので、利き腕が反対側...
インプラントの寿命
インプラントの寿命
第2の永久歯と言われる理由 抜けた歯を補う治療法として永久歯を失った場所に人工歯根を埋入することで、本来の歯の機能を取り戻すインプラント治療は、機能性・審美性ともに優れた治療法です。しかし、治療の質やインプラント埋入後の過ごし方によってはその寿命を縮めてしまう恐れがあります。第2の永久歯といわれるインプラントの寿命や、...
サイナスリフト
サイナスリフト
サイナスリフトとは 歯を失ってしまった時のためにインプラントという治療法がありますが、インプラント治療の際、患者さんの骨の状態によっては十分な骨の幅や高さがなくて、インプラント治療ができない場合があります。特に上顎の骨の上(眼下の顎骨あたり)には上顎洞(じょうがくどう)と呼ばれる大きな空洞があり、上の奥歯を失ってしまっ...
定期的に歯のクリーニングをおこないましょう
定期的に歯のクリーニングをおこないましょう
定期的に歯のクリーニングの重要性 インプラント治療は一度治療が終わってしまうと、その後のご自身での日々のお手入れや、定期的な歯科医院でのメンテナンスをついつい怠ってしまう方も多いのが現状です。毎日の飲食や喫煙者によるタバコなどよる食べ残しや着色などは、日々のご自身でのブラッシングだけではなかなか取り除くことはできません...
インプラント周囲炎を予防しよう
インプラント周囲炎を予防しよう
インプラント周囲炎とは インプラント治療後のトラブルとして最も多いのが インプラントの歯周病である「インプラント周囲炎」で、インプラントを支える骨が溶けてしまうという症状です。口腔内は常に細菌の侵攻にさらされており、インプラント周囲の歯茎や顎の骨などは、抵抗力が低いため、歯周病菌に侵されてしまい炎症を起こすと、急速に骨...
肩こりと歯痛の関係
肩こりと歯痛の関係
今まで虫歯がないのにもかかわらず、歯が痛いと感じたことがある方は多くいらっしゃると思います。その場合、歯科医院で診てもらっても痛みの原因をはっきりと特定できないこともあります。しかし歯科医院によっては、原因の特定ができないため歯を削ったり神経を抜いてしまう場合もあります。ですが原因は歯にないため、痛みはなくなることはな...