インプラント治療に年齢制限はあるのか?

未成年者とインプラント

インプラント治療は個人差はありますが、男性だと骨が成長し終わる18歳以下の方、女性だと15歳以下の方は、顎の骨が成長を続けている場合があるため、顎の骨が成長過程にある時期にインプラント治療を開始することで、歯並びなどに不具合が生じてしまう恐れがあるため、基本、未成年者はインプラントには不向きだとされています。

とくに男性は、女性に比べて成長が遅れるため、下あごの骨の成長期間が長くなるという傾向があります。しかし最低16歳以上で、骨の成長がほぼ終了しているという医学的、解剖学的での条件が満たされていれば、どなたでもインプラント治療を受けることができます。

高齢者とインプラント

インプラント治療には年齢の上限はありません。骨の成長が終わっている高齢の方の場合は、年齢制限はありませんが外科手術に耐えられるだけの体力や血圧などが必要となります。年を取ると骨が痩せて弱くなってしまうために、外科手術に耐えられる良好な健康状態と、毎日のセルフケアが可能なことと、医師の話がきちんと理解できることさえ問題なければ、インプラント治療は可能なようです。しかし、これには非常に個人差があるといえます。

高齢になると代謝・治癒能力がともに低下するので、治療中や治療後にトラブルが発生しやすいともいえるでしょう。また、服薬中の薬や、過去に既往歴があるケースが多いので注意が必要です。さらに高齢者の場合は若年者に比べ、さまざまな身体へのリスクはあります。

そのことを踏まえた上で、80歳という年齢をめどにインプラントを避けた方がよいとされています。ただしこちらも個人差があるため、お口の状態や全身状態も併せての、歯科医院で診査・診断を受けられることをお勧めいたします。

高齢者のインプラント治療のリスクについて

80歳以降はインプラント治療でのリスクが高く、治療を避けた方がよいとされているのには、高血圧や糖尿病、骨粗しょう症や脳梗塞などの持病を抱えている方が多くいる、ということが挙げられます。この場合は、手術自体をおこなえない場合が多く、インプラントでの歯の修復は根本的に出来ません。また、年齢を重ねるとともに、傷などを治す能力も低下してしまいます。

インプラントは顎の骨にインプラント体(人工歯根)を埋め込む手術が必要となるために、歯ぐきを切開したり顎の骨を一部削るといった処置が必要となります。傷などを治す能力が低下していると、治療後に何らかのトラブルを起こす可能性が高くなります。さらに手術後、手術した箇所の腫脹や細菌感染などを起こしやすくなり、インプラントが安全に定着する可能性も低くなってしまいます。

つまり現在の生活の中において、体全体の体調や状態が良好で、さらに治療後、自身での身体のメンテナンスや、定期的に歯科医院へ歯のメンテナンスに通うことができるか、ということも重要になってきます。

普段の生活の中でメンテナンスを自身で出来ないのであれば、手術が可能であったとしても状態を維持することは難しいと考えられます。

まずは、大分県の歯科医院でご相談ください。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
インプラント義歯(入れ歯)とは
インプラント義歯(入れ歯)とは
健康な歯を失ってしまった方の治療方法として、今も多くの方が入れ歯を選択しています。入れ歯治療は、保険が適用になるため費用を抑えることができ、また治療のリスクや失敗がほとんどありません。しかし、物を噛む力(咀嚼力)が天然の歯の1割〜3割程度と弱いため、かたいものが噛めなかったり、物がうまく食べれないなどの不快感もあります...
手術後の薬の処方について
手術後の薬の処方について
インプラント治療は顎の骨にインプラントを埋め込む外科治療になります。そのため手術後は麻酔が切れたあとに多少の痛みが出る事が予想され、必ず痛み止めなどののミクスが処方されます。外科手術の際は、埋め入れるインプラントの本数にかかわらず、鎮痛剤(痛み止め)や、抗生物質(化膿止め)、消炎酵素剤(炎症止め)などの服用薬を術後(場...
ショートインプラント
ショートインプラント
ショートインプラントとは インプラント治療を行う際、インプラント体を顎の骨に埋め込む必要があるのですが、患者さんによっては顎の骨が不足していて、インプラントを埋め込む高さや幅が足りないことがあります。その場合、足りない骨の骨量を増やす骨造成という、外科的手術が必要となります。また骨造成は術後の経過を見てからインプラント...
噛み合わせの重要性
噛み合わせの重要性
噛み合わせが悪いと 噛み合わせが悪い方の場合、口内環境では「顎関節症」「虫歯」「歯周病」などが発症しやすくなります。また、全身症状といたしまして、頭痛や肩こりなど全く別の部位の不調を引き起こす場合があります。これは周囲の筋肉のバランスが崩れ、筋肉に余計な負荷がかかります。そのため筋肉が常に緊張した状態が続き、首や肩の凝...
噛むと痛い「歯根膜炎」とは 
噛むと痛い「歯根膜炎」とは 
歯根膜炎とは、歯周組織を構成している歯根膜が炎症を起こしている状態をいいます。歯根膜は、噛んだ時に加わる歯への圧力を分散する、クッションのような役割を果たしており、コラーゲン線維の豊富な結合組織で「歯周靭帯」とも呼ばれています。この歯根膜が様々な要因によって炎症を起こした状態を「歯根膜炎」といい、噛むだけでも痛みを伴...
嚥下障害(飲み込むことの障害)
嚥下障害(飲み込むことの障害)
私たちが食べ物を食べる際の一連の動作として、まずは食べ物かどうかを認識し、それから口に入れて食べ物を咀嚼してから飲み込むという流れになります。この動作の中の飲み込むということが嚥下です。 この嚥下の際に、食べ物を上手に飲み込めない状態のことを嚥下障害といいます。嚥下障害があると、食事をする度に食べ物が喉に詰まったり、む...
妊娠と歯科治療の問題
妊娠と歯科治療の問題
妊娠をすることで、医療において様々な問題や制限が起こります。歯科治療においても例外ではありません。歯科ではレントゲンを撮ることもありますし、痛み止めや炎症止めなどの薬も処方されます。また場合によって麻酔も必要となります。妊娠をしている方で、歯科治療をおこなうことに不安を感じている方も多くいらっしゃるかと思います。妊娠と...