抜歯即時インプラントとは?

抜歯即時インプラントとは?

抜歯即時インプラントとは、その名前のとおり、抜歯をすると同時にインプラントを埋め込む術式です。抜歯をするための麻酔が効いている間にインプラントを埋め込むので、患者さんの負担も軽減されます。また手術も1回で済むため、治療期間が大幅に短縮されます。

従来のインプラント治療の場合、抜歯が必要と判断された歯を抜歯した後、傷口がなおり、骨が安定するのを待ってからインプラントを埋入するために、歯を抜歯した後、2〜6ヶ月待ってからインプラントを埋入することになるため、治療期間も長い時間を要しましたが、抜歯即時インプラントにより、長い時間を必要とするインプラント治療や通院など、患者さんにとって不自由な生活の期間を最小限にするということが可能になりました。

抜歯即時インプラントのメリット

抜歯即時インプラントは1回の手術のみで治療期間も短いため、腫れや痛みがほとんどなく、余分な麻酔や粘膜剥離などの手術に伴う身体的、精神的負担が最小限で済みます。

また抜歯した後、歯茎と歯槽骨(歯茎の内側にある骨)は、元の歯があった形の穴ができます。抜歯直後は生体の治癒機転が活発に働く為、その穴が空いた部分を埋めようとして、歯槽骨が添加され、その穴や窪みを平らにしようとして新生骨をつくります。抜歯即時インプラントは、抜歯直後は生体反応を上手く利用できます。また傷口もなおりやすく、抜歯した部分の骨の回復も早いです。

審美的にとても大きな役割を果たす前歯は、失った状態ではそのままでは大変困ります。特に人前に出ることが多いお仕事の方にはとても不便です。しかし、抜歯即時インプラントにより歯茎の形態がそのまま保存されて、より天然の歯に近い形の被せ物をその日に装着することができるので、人に会ってもインプラントの手術をしたことを気づかれずに済みますし、見た目を気にする必要もありません。

抜歯する歯の中でも、大臼歯という大きな奥歯を抜くと、骨の中に大きな穴があくため、従来は骨が回復するまで約半年ほど待ってインプラント治療をしていましたが、骨の量が減ってしまった状態で回復するため、骨の量が減った状態でインプラントを埋め込むというのは難しく、場合によっては骨造成手術が必要になってしまうこともあります。しかし抜歯即時インプラントにより、骨がほとんど減らない状態でインプラントを埋入することができます。

抜歯即時インプラントは誰でもできるの?

抜歯即時インプラントは多くのメリットがある治療法です。

しかし、どの方でも適応できる術法ではありません。埋入できる十分な骨の量がある、歯周病にかかっていない、などの条件を満たしている方に限られます。また、抜くべき歯に炎症が発症しているなど、歯の状態によっては抜歯してから数週間後にインプラントを埋入する抜歯早期インプラント治療を場合もあります。

さらに医師の高度なテクニックを必要としますので、どの歯科医院でも受けられる治療法ではありません。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
歯の神経について
歯の神経について
歯の神経の役割 内臓や皮膚などと同じように、体の一部である歯に神経があるということは、歯が生きているということです。歯の中の歯髄(しずい)と呼ばれる部分には神経の他に血管も入ってきています。それによって歯に栄養を与えたり、酸素を運んだり、免疫などの防御反応を伝達するなど重要な役割があります。それによって歯を丈夫な状態に...
インプラント周囲炎
インプラント周囲炎
インプラント周囲炎とは? インプラント周囲炎とはインプラントにおける歯周病です。インプラントに最も多いインプラント治療のトラブルです。インプラントは虫歯にはなることはありませんが歯周病にはなることがあります。インプラント周囲炎は、歯肉の腫れ・出血などの症状が現れて進行すると歯周組織が破壊されてしまいます。インプラントを...
味覚障害とは
味覚障害とは
味覚障害 私たちの生活に欠かせない食事。それを美味しく食べることは、毎日の楽しみの一つでもあります。そのために大切な役割を果たしている味覚。この味覚になんらかの異常があると、味が分からなくなったり、常に口の中に苦味を感じたりしてしまうなど、食べることや飲み込むこと自体が不快に感じるだけではなく、味が分からないため腐った...
マイクロスコープ(顕微鏡)とは
マイクロスコープ(顕微鏡)とは
マイクロスコープとは 近年、歯科治療は技術とともに、より精密さを求められるようになってきました。 そして高度な歯科治療においては、ミクロン単位の正確さが要求されます。正確で成功率の高い歯科治療を行うため、必要に応じて肉眼の2倍〜30倍もの倍率で治療を行える実体顕微鏡のことをマイクロスコープといいます。 マイクロスコープ...
歯が溶ける?酸蝕歯とは
歯が溶ける?酸蝕歯とは
虫歯や歯周病は進行してしまうと歯を失ってしまう大きな原因です。そのほかにも歯を失う原因の一つとして、酸性度が強い柑橘類や酢、炭酸飲料などを食べたり飲んだりすると、酸によって歯が溶け出してしまう酸蝕歯があります。歯の表面のエナメル質からリン酸カルシウムの結晶が溶け出してしまうのです(脱灰)。このように酸蝕歯になってしまう...
抜歯後のベストな選択とは?
抜歯後のベストな選択とは?
虫歯や歯周病、事故などの外傷によって抜歯をしなければならない場合もあります。その際に、同のような治療を選択することが一番良いのでしょうか。 抜歯後の治療方法 インプラント 人工歯根であるインプラント体を顎の骨に埋入する外科手術が必要となります。インプラントは、チタン製のインプラント体が骨としっかりと結合する「骨結合」に...
食べるとき左右均等に噛んだほうがいい?
食べるとき左右均等に噛んだほうがいい?
食べ物を食べるときに、気付かないうちに片側の歯だけで噛んでいる方は多くいらっしゃいます。私たちは食べるときに、下顎から頭蓋骨の側面にかけての筋肉である咀嚼筋を使います。この咀嚼筋は、左右どちらかに偏ってしまった噛み方を続けてしまうことで、頻繁に噛む側の咀嚼筋だけが発達してしまいます。咀嚼筋も筋肉ですので、利き腕が反対側...