インプラント後は自己管理が大切

インプラント治療は、歯を失った顎の骨にチタン製のインプラント体(人工歯根)を埋入します。インプラント体と骨がしっかりと結合する「オッセオインテグレーション」によって、インプラント体が安定するため、治療後はしっかりと咀嚼することができ、まるでご自身の歯のように快適に食生活をおこなうことができる治療法です。また、しっかりと食べ物を噛み砕くことができますので、胃や腸などへの負担が少なくなるため、全身の健康維持にも役立ちます。

しかし、インプラント治療を快適に長く使用するためには、自己管理が大切になります。自己管理を怠ることで、インプラントの寿命を短くしてしまうこともあるため、普段の生活習慣の見直しやセルフケアの徹底、さらに大分県の歯科医院での定期的なメンテナンスを受けるなど、自己管理を徹底しましょう。

毎日の歯磨きなどのご自身の正しいセルフケア

口腔内に食べカスや歯垢(プラーク)が溜まっていまうことで、インプラントの歯周病である「インプラント周囲炎」のリスクが高くなります。そのため、まずはご自身での正しい歯磨きなどのセルフケアを徹底しましょう。歯磨きの際に使用する歯ブラシは、ご自身の口に合ったものを選びましょう。歯並びが悪く、歯が重なってしまっている部位や奥歯や親知らずなどは、歯磨きがしづらかったり、ブラシが届きにくいため汚れが溜まりがちです。その場合、先が細くなっている特別な形状のタフトブラシを併用するなどして、汚れをしっかりと取り除くようにしましょう。さらにデンタルフロスや歯間ブラシなどを使用することも効果的です。歯ブラシは、毛先が広がってきたら交換が必要です。毛先が広がってくると、しっかりと磨いてもブラシの先がきちんと当たらないので、歯垢などの汚れを取り残してしまいます。一般的には、1ヵ月を目安に交換すると良いといわれているため、歯ブラシは定期的に交換するようにしましょう。

喫煙者は禁煙をお勧めします

喫煙はインプラントの寿命を短くしてしまいます。タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させてしまいます。さらにタバコに含まれる一酸化炭素は、血液内の酸素と結合しやすい性質から、歯茎や骨に十分な酸素が届かなくなってしまいます。そのため、インプラント治療中は禁煙が必要なのですが、インプラント治療後は、ご自身の自己管理が必要になります。治療後に喫煙を再開することで、口腔内に様々な悪影響を及ぼしてしまいます。ニコチンや一酸化炭素は、歯茎への酸素を届きにくくしてしまうため、インプラントの歯周病である、インプラント周囲炎のリスクが高くなります。また、唾液の分泌量が減ってしまうため、口腔内が乾燥しやすく、細菌などが繁殖してしまうことでインプラント周囲炎になってしまう場合もあるのです。喫煙は、インプラントを長く快適に使用するための悪影響にしかならないので、インプラントの寿命や今後の身体の健康のことを考慮して、治療を良い機会として禁煙することをお勧めいたします。

歯科医院での定期的なメンテナンスを受けましょう

インプラント治療後は、インプラントに不具合やトラブルがなくても、大分県の歯科医院での定期的なメンテナンス(定期検診)を受ける必要があります。メンテナンスの頻度は、口腔内の状態や全身の健康状態、歯周病のリスクなどによって医師が判断するため異なります。

定期的なメンテナンスが必要な理由

セルフケアの質の向上

歯科医院では、患者さんの口腔内の状態に合った歯の磨き方や、清掃器具についての指導をおこないます。また、適切にセルフケアをおこなうことができないと、口腔内に磨き残しが多くなってしまいます。ご自身では気付かない場合も多いので、定期的に磨き残しのチェックをしてもらい、磨き残しやすい部位を認識することで、ご自身のセルフケアの向上にも繋がります。さらに、口腔内の清潔を維持する意識が高くなるため、メンテナンスは大切なのです。

歯科医師や歯科衛生士による歯のクリーニングをおこなう

ご自身の歯磨きだけでは、十分に汚れを除去できていないことがあります。そのため、定期的に歯科医院でのメンテナンスで歯のクリーニングをおこなうことが大切です。歯科医師や歯科衛生士による、専用の器具を用いておこなう歯のクリーニング「PMTC」によって、歯石や細菌の集合体であるバイオフィルムもキレイに除去することができます。これらを定期的なクリーニングによって除去することで、口腔内を清潔に保つことができるのです。

トラブルが起きる前に予防ができる

天然の歯に限らず、インプラントもトラブルが起こらないよう予防することが非常に大切です。インプラントのトラブルの最も大きな原因として、「インプラント周囲炎」がありますが、初期の段階のインプラント周囲炎は、自覚症状がほとんどないため、気付くことができないことがほとんどです。インプラント周囲炎は、初期の段階で治療すれば健康を取り戻せますが、進行すると手遅れになってしまうこともあります。しかし定期的なメンテナンスによって、初期のインプラント周囲炎も発見できるだけでなく、ならないように予防することができるのです。

おすすめの記事