インプラントの治療費用を医療費控除で軽減する

インプラント治療費用の医療費控除とは

インプラント治療にかかる費用は決して安いとは言えません。ですが、医療費が10万円を超える場合は一部の医療費用が戻ってくる「医療費控除」をご存知ですか?しっかりと申告をし治療費を安くして、お得にインプラント治療を受けましょう。

インプラントは医療費控除の対象になるの?

医療費控除は1年間(1月1日から12月31日まで)にかかった医療費が10万円を超えた場合に、その金額に応じて一定の所得控除を受けられる制度になります。この場合の医療費とは自身のみならず、自身と生計を一緒にしている配偶者や親族にかかった費用もすべて含むことができます。医療費とは受ける際に必要な検査料や診断料、薬代なども含まれます。

そして医療費には通院にかかった自身の交通費や、付き添いの方の交通費も含むことができます。ただし公共の交通機関を使用した場合のみで、自家用車のガソリン代や駐車場代は対象外です。

医療費控除の手続き方法

医療費控除を受けるためには所定の手続きが必要になります。医療費が発生した翌年の確定申告の際に最寄りの税務署で行います。(インターネットで所定の書式をダウンロードすることもできます。)所得税の確定申告の相談及び申告書の受付は基本的に毎年2月16日から3月15日の1ヵ月間となっています。期限内に申告しましょう。近年ではインターネットによる電子申告でも受付が可能になっているため、平日に休みのない方でも安心して申請ができます。確定申告は、郵送や電子申告といった方法もありますが、初めて確定申告をするという方には、税務署に出向くことをオススメします。
そのほかに以下のものが申請の際に必要となります。

  • 源泉徴収書(コピー不可)
  • 医療費のレシートや領収書(コピー不可)
  • 保険金で医療費が補てんされた場合、その金額がわかるもの
  • 交通費の記録
  • 申告者の口座番号
  • 印鑑

電子申告(e-tax)の場合は、医療費の領収書や給与所得の源泉徴収票などの提出を省略することができますが、確認のため税務署から提出を求められるケースもありますので、確定申告期限から3年間は、該当する書類を保管しておく必要があります。
ローンを組んでいる場合も歯科ローンなどの分割払いで支払う場合も医療費控除は適用されます。控除申請をする際にはローン契約書の写しを用意しましょう。また、ローンに付随する金利や手数料は控除対象外です。

医療費控除還付金の計算方法

還付金は1年間で支払った医療費(10万円以上)から、医療保険などの保険金と10万円※を差し引いた金額が医療費控除の対象となります。この金額から申告者が支払っている税金(所得税)の税率をかけた金額が還付されます。

医療費控除額の算出方法
医療費控除の金額={医療費の合計-(1)の金額}-(2)の金額
(1)の金額
生命保険や健康保険で補填される金額
(2)の金額
1年間の総所得金額が200万円以上の方:10万円
1年間の総所得金額が200万円未満の方:総所得金額の5%の金額

税金を納めるために行う確定申告に対して、医療費控除のような所得税の還付を受けるために行う申告のことを「還付申告」といいます。還付申告は、決められた期間内に行う確定申告と違って、医療費を支払った年の翌年から5年間は提出が可能となります。

あまり時間を空けすぎると、必要な書類を紛失してしまったり提出を忘れてしまったりするため、できるだけ早めに申請を行うようにしましょう。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
補助的清掃用具の種類と使用方法
補助的清掃用具の種類と使用方法
毎食後にしっかりと歯磨きをしていても、食後の口腔ケアが歯ブラシを使用したブラッシングだけでは、口腔内の食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れを6割程度しか除去できていないといわれています。その際に、補助的清掃用具を併用したケアをおこなうことで、8~9割程度の清掃効果を得ることができるといわれていることから、口腔内を清潔に...
インプラントのメリット
インプラントのメリット
インプラントのメリット 今や入れ歯やブリッジと並び、歯を失った時のスタンダードな治療方法として確立しているインプラント。 インプラント治療はメリットも多く、患者様に勧める歯科医師が増えてきています。 しかし、まだまだインプラントに馴染みがないという方が多く、イメージだけで敬遠されている方が多いのが現状です。インプラント...
インプラントと差し歯の違い
インプラントと差し歯の違い
インプラントと差し歯の違い しっかりとした歯の根が残っていれば、誰でも治療が可能な保険適用もある差し歯とは異なり、インプラント治療は歯が折れたり抜けたりなど、歯がない場所に行う保険適用外の施術となります。 インプラント治療は外科手術を伴うため、誰でも気軽に行える治療ではありません。 しかしながら、大切な歯を失ってしまっ...
親知らずは抜くべき?残すべき?
親知らずは抜くべき?残すべき?
親知らずとは 私たちのお口のなかで、何かとトラブルの原因になりやすい親知らず。 親知らずとは、大臼歯(大人の奥歯)の中で最も後ろに位置する歯であり、第三大臼歯が正式な名称で、智歯(ちし)とも呼ばれ、永久歯の中で最後に発育します。永久歯は通常15歳前後で生え揃いますが、親知らずは生える時期が10代後半〜20代前半と、親に...
インプラント治療でトラブルを防ぐ
インプラント治療でトラブルを防ぐ
インプラント治療で考えられるトラブルの症例と原因 インプラント治療箇所周辺の歯茎が腫れる。 インプラントが骨に癒着(固定)して被せ物の治療まで終わった後、ある程度の期間は問題なく噛めている場合でもしばらくするとインプラント治療箇所の周りの歯茎が腫れたり出血する事があります。これはインプラントが癒着(固定)した骨が何らか...
インプラント治療の前に気をつけると良いこと
インプラント治療の前に気をつけると良いこと
インプラント治療を始める前の検査やカウンセリング 患者さんが治療を受ける前に大切なのは、患者さん自身の状況や治療内容をしっかりと理解している事です。そのためインプラント治療を始める前に、いくつかの検査やカウンセリングが必要となります。 ※医院によって異なります。 【検査】 まずはインプラントを埋め込む際の顎の骨の量や質...