インプラント後の歯のお手入れ

インプラントは治療は治療が済めば終わりというものではありません。また、自分の歯と同じように噛むことが出来るようになるインプラントですが、一生使えるものでもありません。そのため、長く快適にインプラントを使い続けていただくためにも、治療後のお手入れや定期的なメンテナンスがとても重要になってくるのです。

インプラント後の歯のお手入れの重要性

天然の歯と同様にインプラントは、普段のお手入れを怠ることでインプラント周囲炎という歯周病を発症させてしまう恐れがあります。インプラントはチタン製のボルトを使っているため、虫歯になるということはありませんが、人工歯根と使っているために、プラーク(歯垢)が溜まりやすく、それにより歯周病菌の影響を受けやすくなっています。細菌に感染すると歯茎が腫れて出血したり、口臭などの症状が出てきます。治療をせずにぞのままにしていると感染が進み、最悪の場合インプラントが脱落してしまうこともあります。その場合は再度インプラント手術が必要になることもあるのです。

また歯の噛み合わせが合わなくなったことに気付かず、もしくは気付いているのにも関わらず、そのままの状態で使用していると、噛むときの力が一部分に偏ってしまいます。そうするとインプラント本体や、人工歯部分が破損してしまう場合もあります。

インプラント周囲炎の初期の段階は、自覚症状が無いことが多く、気付いたときにはかなり状態が悪くなってしまっていることが多く、最悪の場合、再手術が出来なくなってしまう場合もあるため、インプラントの日頃のお手入れや、定期的に歯科医院でのインプラントのメンテナンスを受ける事はとても重要なのです。

お手入れの方法

正しいお手入れの方法は決して難しいことではありません。歯科医院などで正しい歯磨きの方法などをしっかりと聞いて、毎日正しく歯磨きをすることが、ご自身で出来るお手入れ方法として重要なのです

正しい歯磨き

正しい歯磨きは、歯周病などの口腔内の病気を防ぐためにも必要です。インプラント治療を受けた後は、特にインプラントと歯茎の境目や、隣の歯との隙間、上下の噛み合わせ部分に特に気を付けて磨くようにしてください。その際、強く磨きすぎるとインプラントが傷ついてしまうので、歯ブラシの硬めのものではなく、やわらかめの毛先の物を使うことをおすすめします。力を入れすぎには注意しましょう。

自分に合った歯間ブラシなどを使う

ご自身に合ったサイズの歯間ブラシやデンタルフロスを使用して、歯とインプラントの間、インプラント同士の間もよく磨いて下さい。お口の中の状況によって異なるため、歯と歯の隙間の大きさに合うものを選ぶ必要があります。大きすぎても、歯や歯茎を傷つけてしまいますし、逆に小さすぎると汚れがうまく取れません。サイズ選びが不安な方は、歯科医院などで相談して、適切なサイズを選ぶことをおすすめします。また、隙間が小さいところにはデンタルフロスが効果的です。

デンタルフロスの使い方なども歯科医師に相談すると、より安心して使用できます。

研磨剤が入っていない歯磨き粉を選ぶ

市販で売られている歯磨き粉の多くに、【研磨剤】という成分が含まれています。研磨剤は、汚れや着色を落としやすくするための成分ですが、同時に歯磨きの際にインプラント本体や歯茎の表面を傷つけてしまう恐れがあります。

また、表面に傷がついてしまったインプラントは、汚れがたまりやすくなってしまう恐れもあります。ですので、研磨剤が入っていない歯磨き粉を選ぶようにしましょう。

歯科医院での定期的なメンテナンスを受ける

ご自身で毎日の正しいお手入れをしていても、歯と歯茎の間には小さな隙間があり、その隙間に歯垢が残ってしまうこともあります。そして、その残った歯垢が原因になって歯茎が弱ってしまったり歯周病になってしまうこともあるため、インプラント治療後も歯科医院に定期的に通い、歯垢や歯石が無いかをチェックしてもらうことも大切です。

さらに必要に応じて、レントゲン撮影による顎骨のチェックや、クリーニング、噛み合わせの調節などをしてもらうことでインプラントが安定しているのかを確認してもらうことも大切です。

禁煙を心がける

タバコの中に含まれるニコチンは免疫力を低下させます。ニコチンは私たちの免疫を働かせている白血球の作用を低下させるため、歯肉に炎症が起こりやすくなります。さらに、ニコチンは唾液の粘度を増やして分泌量を低下させます。そうすると唾液の中にある免疫細胞が少なくなり、インプラント周囲炎になる可能性が高くなってしまいます。また、『ヤニ』という形で歯の表面に残ってしまい、歯にバイ菌が張り付きやすくなります。

歯や歯茎に悪影響を及ぼす喫煙は、できればインプラント治療と同時に、禁煙することをおすすめします。

インプラントを長く使っていただくために

高い費用を払い、手術をしてまで得たインプラント。1日でも長く快適に使っていただくためにも、普段の生活をする上で気をつける事、そして毎日のお手入れをしっかりと行うことは、とても大切なことです。また定期的に歯科医院でのメンテナンスを受ける事で、より安心した毎日を過ごすことが出来るのです。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
骨再生療法 エムドゲイン
骨再生療法 エムドゲイン
口腔内が不衛生になることで、食べカスや歯垢(プラーク)が溜まってしまいます。特に、細菌の塊である歯垢が繁殖することにより、歯茎が歯垢の中の歯周病菌に感染してしまい、炎症を起こす歯周病に罹患するリスクが高くなります。歯周病に罹患してしまい、進行すると、歯根膜や歯槽骨などの歯周組織が破壊されていき、さらに進行することで最終...
インプラントのオーバーホール
インプラントのオーバーホール
インプラントのオーバーホールとは インプラントは、失った歯の機能や見た目を回復することができる治療法ですが、長く快適に使用するためには、定期的に歯科医院でのメンテナンスが重要となります。その際に、インプラント体と上部構造(アバットメントと人工歯)を取り外し、連結部分をキレイに清掃してから再度取り付ける「オーバーホール」...
インプラント後の歯のお手入れ
インプラント後の歯のお手入れ
インプラントは治療は治療が済めば終わりというものではありません。また、自分の歯と同じように噛むことが出来るようになるインプラントですが、一生使えるものでもありません。そのため、長く快適にインプラントを使い続けていただくためにも、治療後のお手入れや定期的なメンテナンスがとても重要になってくるのです。 インプラント後の歯の...
歯科衛生士の役割
歯科衛生士の役割
歯科助手(歯科アシスタント)と歯科衛生士の違い 普段、患者さんの立場から見れば歯科助手も歯科衛生士も同じように白衣を着ているスタッフの一人ですが、実は仕事内容や資格には大きな違いがあるのです。 まず、一番大きな違いは資格です。歯科助手になるには、とくに資格歯必要ありませんが、一方、歯科衛生士になるには、国家資格が必要と...
インプラント治療は痛くないのでしょうか?
インプラント治療は痛くないのでしょうか?
インプラント治療を考えているけれど、痛みが心配でなかなか治療に踏み出せない方も多いのではないでしょうか。メリットの大きい治療法ではありますが、手術が必要になるために手術や術後の「痛み」がどの程度あるのかということは、一番気になることではないかと思います。 インプラント手術は痛みを伴うのか、痛みはどの程度継続するのかにつ...
インプラント治療前に必ず治しておくべき「歯周病」 
インプラント治療前に必ず治しておくべき「歯周病」 
歯周病とは 歯を失ってしまう原因は様々ですが、歯を失うもっとも多い原因として「歯周病」が挙げられます。歯周病とは、ブラッシングなどの口腔ケアが不十分なため、口腔内が不衛生になり、歯と歯茎の隙間に歯垢(プラーク)が溜まることによって、歯茎が歯垢の中の歯周病菌に感染し炎症を起こす疾患です。初期段階の歯周病は、痛みなどの自覚...