ワンピースインプラントの危険性

インプラントとは、基本的には三つのパーツからできています。

顎の骨にインプラント体を埋入し、インプラント体と被せ物(人工歯)との間の連結部分であるアバットメントから構成されます。埋入するインプラントには種類があり、インプラントとアバットメントをネジで連結するツーピースタイプと、インプラントとアバットメントが一体化したワンピースタイプがあります。患者さんの症状や治療法などによって使用するタイプが違います。

ツーピースタイプとワンピースタイプではインプラント治療において何が違うのかをご説明いたします。

一回法と二回法

インプラント治療は、歯茎を切開して顎の骨をインプラント体を埋入する外科手術が必要となります。外科手術には一回法二回法があります。

二回法

二回法では、外科手術を2回おこなういます。1回目の手術で、歯茎を切開してインプラント体を顎の骨に埋込し、一度歯茎を閉じた後はインプラント体が顎の骨としっかりと結合するため約3~6ケ月ほど治癒期間を必要とします。インプラント体が顎の骨としっかりと結合していることが確認されたら、2回目の手術となります。再度歯茎を切開し、ヒーリングアバットメントを連結します。粘膜部分の治癒期間に2~3週間ほどしてから、本物のアバットメントを連結します。骨の量が少なく骨造成などの手術が必要だったり、骨が軟らかい患者さんの手術には2回法がおこなわれます。

一回法

一回法では、外科手術を1回おこないます。、歯茎を切開してワンピースタイプのインプラントを埋入します。ツーピースタイプの場合は、インプラント体を埋込して、同時にアバットメントの連結までをおこないます。

ツーピースタイプインプラント

ツーピースタイプは一回法と二回法の手術のどちらでも対応することが可能です。

メリット

顎の骨が痩せてしまっている方や、糖尿病などの全身疾患をお持ちの方、審美的な治療を求める方などのほとんどの場合でも適用できます。また、治療の進め方や患者やさんの状態によっては二回法から一回法に変更するなどの急な自体にも対応することができます。

さらに、口腔内の状態と治療経過に合わせて、アバットメントの種類も選択して連結することができ、人工歯の形態も必要に応じて変更することができます。

また、もしもインプラント部分に物理的な強い衝撃を受けた場合、インプラント体とを連結しているアバットメントのネジ部分が折れることによって、インプラント体と骨との結合のダメージを避けることができる場合もあります。

デメリット

二回法の外科手術を必要とした場合、どうしても患者さんへの身体的負担がかかってしまいます。またワンピースタイプと違いインプラント体とアバットメントが別々なため、部品が多くなってしまうので、費用が高くなってしまいます。

さらに、人工歯が入るまでの工程が複雑なため、ワンピースタイプよりも治療時間が長くかかります。また、稀にアバットメントとインプラント体を連結しているネジ部分が緩んでしまう可能性があるのもデメリットの一つです。

ワンピースタイプインプラント

メリット

外科手術が1回で済むため、患者さんの身体的負担を軽減させることができます。

またインプラント体とアバットメントが一体化しているため、ツーピースよりも費用を抑えることができます。さらに、人工歯を装着するまでの工程が単純なため、ツーピースよりも短い治療時間で済みます。強度に優れているというのもメリットの一つです。

デメリット

手術には顎の骨の量や厚みが十分である必要あるため、顎の骨が痩せていたり、十分な骨の量や厚さがない方は治療がおこなえません。また、埋入したインプラントの位置や方向で、人工歯の形態がある程度決まってしまうためトラブルの原因になる可能性があります。さらに、アバットメントにトラブルが生じた場合は、一体化しているためにインプラント体ごと撤去しなければならない危険性もあります。

ワンピースインプラントの危険性

近年、費用が1本10万円以下の格安インプラントといった広告が多く見られますが、その大半がワンピースタイプを使用しています。

前述しましたが、ツーピースタイプなら、物理的な強い衝撃を受けた場合や、過度な力が加わった場合にアバットメント部分が壊れるためにインプラント体と結合している顎の骨を守ることができます。しかしワンピースタイプでは同様の場合、周囲の骨に直接力が加わってしまうため、その部分の骨が炎症を起こしてしまう場合があります。ある認知症の患者さんは、口の中にワンピースタイプのインプラントだけが残ってしまい、それが反対側の歯茎を突き刺して血まみれになってしまったというケースも実際に起こっています。簡単に外すことができないため、このようなトラブルも起きているのです。ツーピースタイプでしたら、アバットメントを外すだけで問題は回避できます。

さらにワンピースタイプはインプラント周囲炎のリスクも高めてしまいう場合があります。インプラント周囲炎の主な原因は、歯周病と同じくバイオフィルムによる細菌感染であるといわれており、予防するためには大分県のかかりつけの歯科医院での定期的なメンテナンスと、患者さんご自身による毎日のセルフケアが重要となります。さらに、インプラント周囲炎の感染を防ぐにためには、インプラントが検査しやすい上部構造であること、そして人工歯が取り外し可能なネジ止めであることが重要なのですが、ワンピースタイプはアバットメントとインプラント体が一体化しているために検査が困難になるため、インプラント周囲炎の感染リスクを高めてしまうのです。

今後インプラント治療をお考えの方は、ツーピースタイプインプラントとワンピースタイプインプラントのそれぞれのメリットとデメリットも知った上で、大分県の歯科医師とご相談いただき、ご希望に沿った治療法を選択していただくことをお勧めいたします。

インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
歯を磨くベストタイミング
歯を磨くベストタイミング
私たちが毎日おこなっている歯磨きですが、虫歯や歯周病予防のためにとても大切な事です。では、歯を磨くのに一番良いタイミングはあるのでしょうか?歯を磨くタイミングによっては、虫歯や歯周病により効果的な場合があります。理想の歯磨きのタイミングや、その際の正しい歯磨きをご説明いたします。 理想の歯磨きのタイミング 基本的に、健...
乳幼児の歯磨き
乳幼児の歯磨き
まだ歯が生えていない場合や、歯が生え始めたばかりの赤ちゃんは歯みがきをした方が良いのか分からない保護者の方も多くいらっしゃると思います。また、1日に何回磨くのが良いのかという回数も分からないかもしれません。実はこの頃からの歯のケアによって、歯みがきを好きになるか嫌いになるかが決まってしまう可能性があるのです。 乳幼児の...
異常はないのに感覚がおかしい口腔心身症とは
異常はないのに感覚がおかしい口腔心身症とは
歯科(口腔)心身症とは 歯や歯茎、舌や口唇など口に関連する器官の感覚に異常が現れていると思っているのに、治療してもなかなか改善せずに原因が分からないということがあります。こうした患者さんの中には、歯科(口腔)心身症の疑いがある場合があります。 歯科の治療対象の場所である口、顔、顎には、知覚神経が多く存在します。口唇や口...
インプラント治療の前に気をつけると良いこと
インプラント治療の前に気をつけると良いこと
インプラント治療を始める前の検査やカウンセリング 患者さんが治療を受ける前に大切なのは、患者さん自身の状況や治療内容をしっかりと理解している事です。そのためインプラント治療を始める前に、いくつかの検査やカウンセリングが必要となります。 ※医院によって異なります。 【検査】 まずはインプラントを埋め込む際の顎の骨の量や質...
高齢者の歯科治療
高齢者の歯科治療
高齢になると、歯を失ってしまうことが多くなるのですが、高齢になるから歯を失うのは仕方ない、と思っている方も多くいらっしゃいます。しかし、高齢の方でもご自身の歯が20本以上残っている方もいます。それでは、この歯の残存数の違いは一体何なのでしょうか。大きな違いとして、歯を失っている方の多くが歯周病にかかっているなどの、口腔...
ワンピースインプラントの危険性
ワンピースインプラントの危険性
インプラントとは、基本的には三つのパーツからできています。 顎の骨にインプラント体を埋入し、インプラント体と被せ物(人工歯)との間の連結部分であるアバットメントから構成されます。埋入するインプラントには種類があり、インプラントとアバットメントをネジで連結するツーピースタイプと、インプラントとアバットメントが一体化したワ...
インプラントと骨結合
インプラントと骨結合
骨結合型インプラントについて 骨の中に金属などを埋め込むことを総称してインプラントと呼びます。しかし、私たち人間の体は自分以外の細胞や人工物が体内に入った場合には激しい拒絶反応を起こし異物を排除しようとします。こういった拒絶反応は私たちの体の免疫系統によってもたらされる自己防衛の能力なのです。そのため過去のインプラント...
インプラントは誰でも受けられる?
インプラントは誰でも受けられる?
インプラントが出来ない場合もある? 近年ではインプラント治療も注目され入れ歯やブリッジなどに比べ違和感が少なく天然の歯と同様な見た目と咀嚼力(噛む力)を持つようになりました。そんなインプラント治療ですが、人によっては治療が受けれない場合があります。 インプラント手術は歯茎を切り開き、顎の骨にインプラントを埋め込む外科手...