オールオン4治療が向いている人は?

オールオン4と従来のインプラントの違い

オールオン4( ALL ON 4)とは、従来のインプラント治療方法とは違い、4本のインプラント体をバランスよく骨に埋入(奥のインプラントを骨のある部分へ斜めに埋め込み力を広く均等に配分)する事ですべての人工の歯を支えることができるため、手術の際の身体的な負担や、費用の負担を必要最小限に抑えることができます。また手術をしたその日に仮歯を装着することも可能になり、手術後、その日から食事をすることもできます。

1本の歯に対して1本のインプラントが必要となり、歯茎を切開する箇所も多く手術時間が長いため、身体的な負担や費用の負担の大きい、通常のインプラントとは異なり、今まで諦めていた人でもインプラント治療ができるようになりました。しかし、オールオン4は誰でもが治療可能というわけではありません

オールオン4治療が向いている人は?

総入れ歯を使用している人

オールオン4は、4本の人工歯根で12本までの歯を支えることができます。歯が1本も無い人でも通常のインプラント治療はできますが、総入れ歯を使用しているという方で、入れ歯が合わず苦労している方にはオールオン4の方が向いています。

歯を失った時点で骨吸収が進んでいくので、従来のインプラントのように人口歯根1本に対し、1本の人工歯にすると、骨が十分に足りないことがあるからです。しかしオールオン4だと、4本の人工歯根を埋め込めば良いので、骨の状態が良いところを選んで埋め込むことができるのです。また入れ歯と違いオールオン4は、取り外してお手入れする必要もなく、噛みづらさや発音しづらいということもありません。

総入れ歯が合わない人

オールオン4は、総入れ歯が合わないという人には非常に合った治療法です。総入れ歯は、長く使用していくうちに顎の粘膜や骨吸収により骨が痩せてきて合わなくなっていきます。合わない入れ歯のまま食事などをすると、食事のたびに痛みと苦痛を伴います。また、総入れ歯の噛む力は、天然の歯の1割〜3割しかありませんが、オールオン4にした場合、噛む力が9割ほどになり、天然の歯とあまり変わらなくなるため、楽しく食事をすることができます。また、入れ歯は食事をしたり、何らかの拍子で外れてしまうことがありますが、そのような心配もオールオン4だとなくなります。さらに入れ歯と違い、口中の違和感もほとんどなくなります。

顎の骨が少ない人

通常のインプラント治療は、顎の骨にある程度、厚みがないと治療そのものができないことがあり、その場合は骨造成が必要となります。そかしオールオン4ならば傾斜をつけて埋入することができるので、骨が薄い方でも治療が可能です。

インプラントと骨粗しょう症
インプラントと骨粗しょう症
骨粗しょう症でもインプラント治療は可能? 骨粗しょう症に罹患していると骨密度が低下します。きちんと骨の状態を検査した上で適切な治療を行うことが必要となります。それでもインプラント治療への影響は少ないとされており骨粗しょう症でもインプラント治療は十分可能です。また、骨の量が少ない場合でも骨を移植したり再生させる治療法もあ...
インプラントと骨結合
インプラントと骨結合
骨結合型インプラントについて 骨の中に金属などを埋め込むことを総称してインプラントと呼びます。しかし、私たち人間の体は自分以外の細胞や人工物が体内に入った場合には激しい拒絶反応を起こし異物を排除しようとします。こういった拒絶反応は私たちの体の免疫系統によってもたらされる自己防衛の能力なのです。そのため過去のインプラント...

今後、天然の歯を残すことが難しい人

今残っている天然の歯が歯周病や虫歯になってしまっていて、今後治療したとしても、そのまま生かしておくことが難しい状態になっている方にもおすすめです。

人前に出ることが多い人

通常のインプラントでは、診断、カウンセリングの後に人工歯根を埋め込む手術をして、顎の骨とつながるまでに数カ月と長い期間が必要となります。その期間は歯が無い状態ですので、人前に出ることが多いお仕事の方にはとても不便です。しかしオールオン4であれば、手術したその日に仮歯をつけることができます。すぐに歯ができるので、人に会ってもインプラントの手術をしたことを気づかれずに済みますし、見た目を気にする必要もありません。

費用を抑えたい人

通常のインプラント治療は、1本のインプラントに何十万という費用がかかってしまいます。10本から14本のインプラントを埋め込もうとした場合は、費用はかなりかかってしまいます。しかしオールオン4であれば埋め込むインプラントも4本で済むのでかなり費用を抑えることができます。

インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...

オールオン4に向いていない人は?

オールオン4は、基本、歯が1本も残っていない人に対する治療方法です。健康な歯が残っている人がオールオン4にするには、その歯を抜歯する必要があります。見た目は天然の歯と変わらないように見えますが、天然の歯に勝るものはありません。健康な歯があるのであればなるべく残しておいたほうがいいので、健康な歯が残っている方にはオールオン4は向いていないといえます。

またインプラントの歯は、天然の歯以上に歯や歯茎のお手入れが必要になってきます。歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシ、他にも水圧を利用して汚れを落とすジェット水流などを併用してのお手入れが必要です。さらに定期的に歯科医院でのメンテナンスも欠かせません。それを怠っているとインプラント周囲炎などのトラブルを引き起こしてしまうこともあり、最悪の場合インプラントが抜け落ちてしまいます。

ご自身でのしっかりとしたお手入れや、定期的な歯科医院でのメンテナンスが難しいという人には、オールオン4は向いていないといえるのです。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
電動歯ブラシと手磨きの違い
電動歯ブラシと手磨きの違い
私たちの毎日の食後などにおこなう歯磨き その歯磨きで使用する歯ブラシにも現在、多くの種類があります。 その中でも大きく分けて、歯ブラシには手磨き歯ブラシと電動歯ブラシがあります。手磨き歯ブラシの方が一般的で馴染みのある方は多いと思いますが、近年では多くの種類の電動歯ブラシが比較的手軽な金額で販売されており、私たちのみじ...
骨が足りない方のインプラント治療
骨が足りない方のインプラント治療
インプラント治療は、顎の骨にインプラント体を埋入する外科手術が必要となるため、十分な顎の骨の量が必要となります。しかし、骨の吸収などによって骨の量が少なくなってしまっている場合は、骨量を増やすために、骨移植や骨再生といった外科処置が必要となります。骨の量が少ない部分に骨を増やす場合に、使用する材料として一番良いものは、...
バイオフィルムとは
バイオフィルムとは
バイオフィルムとは 歯を失う主な原因として急な事故やケガなどを除くと、そのほとんどが虫歯や歯周病が原因です。虫歯や歯周病は、食べかすなどが歯磨きでは取り除くことができずに残ってしまい、それが原因で口腔内で細菌が発生してしまい、歯の表面にプラーク(歯垢)が付いてしまいます。このプラークが時間が経つと歯石となってしまい、健...
インプラント治療は痛くないのでしょうか?
インプラント治療は痛くないのでしょうか?
インプラント治療を考えているけれど、痛みが心配でなかなか治療に踏み出せない方も多いのではないでしょうか。メリットの大きい治療法ではありますが、手術が必要になるために手術や術後の「痛み」がどの程度あるのかということは、一番気になることではないかと思います。 インプラント手術は痛みを伴うのか、痛みはどの程度継続するのかにつ...
顎骨骨髄炎とは 
顎骨骨髄炎とは 
顎骨骨髄炎とは、口腔内の歯周病原細菌による「辺縁性歯周炎」や「根尖性歯周炎」が、顎骨内の骨髄にまで進行することで、顎骨骨髄部が炎症を起こす感染症のことです。特に頭頸部の悪性腫瘍(癌)に対する放射線治療後に、顎の骨の細胞活性機能が低下してしまい、感染を引き起こす骨髄炎を「放射線性骨髄炎」と呼びます。顎骨骨髄炎は、様々な症...
インプラント術後の過ごし方
インプラント術後の過ごし方
インプラント手術後・治療後 インプラント治療はインプラント手術が無事に終わってもそれで終わりではありません。 治療法にもよりますが、基本インプラント体が骨としっかりと結合するまでは約3ヶ月〜6ヶ月の治癒期間を必要とします。そして骨と結合が確認出来てから人工歯(被せ物)を装着します。治療が終わってもご自身でのセルフメンテ...
インプラント手術前の精密検査
インプラント手術前の精密検査
トラブルを避けるために インプラント治療はインプラントを顎の骨に埋入する「外科手術」が必要です。それにより手術をする歯科医師の口腔外科(インプラント)に関する豊富な知識と、熟練した技術および経験が非常に重要となってきます。大分県でインプラント治療をお考えの方は経験豊富な歯科医院を選ぶ事が大事です。 治療を始める前に歯や...
サイナスリフト
サイナスリフト
サイナスリフトとは 歯を失ってしまった時のためにインプラントという治療法がありますが、インプラント治療の際、患者さんの骨の状態によっては十分な骨の幅や高さがなくて、インプラント治療ができない場合があります。特に上顎の骨の上(眼下の顎骨あたり)には上顎洞(じょうがくどう)と呼ばれる大きな空洞があり、上の奥歯を失ってしまっ...