昔と現代的な歯科治療の違い

これまで虫歯の治療法というと、歯を削ることが主流でした。命に関わることでもないからと、虫歯や歯周病といった口の中のトラブルは、ついつい放置しがちになってしまい、痛みが出て初めて歯医者さんに行き、痛みさえとってもらえばいいと思い応急の治療を受けた結果、歯を削ったり、神経を抜かれたりして、口の中が詰め物だらけになってしまったという方も多いと思います。

しかし、「歯を削る」という考え方は昔の歯科治療の考え方であり、近年では、安易に虫歯を削ってしまうと逆に症状が悪化していまい、歯を抜かざるを得ない状況につながってしまう恐れがあることが明らかになってきています。

定着していた古い歯科治療の常識

虫歯になってしまったらその部分を削り、銀歯などの詰め物をする、または抜歯する。その上で、歯を失ってしまった場合に行われるのが、インプラント・ブリッジ・入れ歯です。歯を失ってしまった場合は、確かにこれらは最適な治療法と言えます。しかし、虫歯があっても、出来る限り「自分の歯を残す」ことが、歯科治療の新しい常識になってきています。今までの小さな虫歯であっても見つければ「削る」「神経を抜く」「歯を抜く」といった昔の日本の歯科治療の常識には、歯を失うという大きなリスクがあるのです。

虫歯の治療中に痛みを感じるのは、実は健康な部分の歯まで削っているからなのです。神経が駄目になってしまった虫歯の歯は削っても痛くありません。痛いのは周囲の感染していない部分まで大きく削ってしまうためなのです。

健康な歯を削る理由は、「予防拡大」という100年以上前に確立された虫歯治療の基本原則があるからなのです。これは二次カリエス(一度被せ物や詰め物で治療した歯がもう一度虫歯になること)を予防するため、虫歯になりそうな健康な歯の溝などを、事前に削って金属に替えてしまうという考え方です。歯ブラシが届かず、プラークが溜まりやすそうな部分を削って、金属面にすることが昔の考え方でした。しかし、金属部分は虫歯にならない代わりに、歯を大きく削ってしまうと、歯の寿命は短くなってしまいます。虫歯になった部分を歯科機器などで削ると、歯の表面を覆うエナメル質の部分に小さなヒビが無数に入ります。このヒビから、エナメル質とその内側にある象牙質の間に菌が入り込んでしまい、菌が溜まりやすくなります。それによって、歯の内側から虫歯になってしまうことがあるのです。そうなってしまうと、その虫歯をさらに削って詰め物を入れても、歯の内部に菌が残ってしまい、詰め物の下で虫歯菌が繁殖してしまうことになってしまうのです。またヒビから歯が割れたり、折れたりするリスクも高くなってしまいます。さらに虫歯を削った跡は、銀歯などを詰めて隙間をセメントで埋めます。しかし、熱いスープを飲んだり、冷たいビールを飲んだりすると熱膨張を起こし、銀の体積は変わってしまうため、セメントが流れてしまったり、崩れたりします。その隙間から虫歯菌が入り、虫歯が再発するケースが少なくないのです。

歯を削るということは、その後、虫歯再発のリスクを抱え続けるということなのです。さらに治療において神経を抜くと場合、歯の中の神経や血管、細胞が詰まった歯髄という組織を器具でかき出し、取り除いてしまいます。歯髄は、ミネラルなど歯の栄養になるものを運び、歯の健康状態を守っています。歯髄の細胞が残っていると、虫歯ができても歯の組織を変化させたり、修復したりする働きをしてくれます。自然治癒力でもある歯髄を取り除いてしまうと、そうした働きは完全に失われ、歯は死んだ状態になってしまいます。その結果、虫歯は進行する一方になるのです。さらに歯を失う原因にも繋がってしまうのです。

現在の新しい治療法

ドックベスト療法

私たちの歯は、歯髄や唾液からミネラルを供給することにより、一度虫歯になった歯でも再石灰化が進むといった自然治癒力があります。その歯の自然治癒力を生かした治療法がドックベスト療法です。

銅2%、鉄1%、そして複数のミネラルが含まれた『ドックベストセメント』という薬を患部に詰めて虫歯菌を死滅させ、歯の自然治癒力を促しつつ、その働きに任せる治療法です。

ヒールオゾン治療

塩素の7倍と言われるオゾンの殺菌力で虫歯菌を殺菌する治療法で、初期の虫歯であれば、歯を削ることなく治療することができます。

レーザー治療

虫歯の菌をレーザーで焼くことにより、歯を治療する治療法です。歯周病の治療にも用いられており、歯と歯肉の間にできた「歯周ポケット」の隙間に潜む歯周病菌を焼き殺すこともできます。

シュガーコントロール

歯周病は、体質を改善することによっても治療できることが分かっています。それは炭水化物などの糖質を控えることです。歯周病は、高血糖状態によって歯肉の血管が傷つけられて発症するという側面があるからなのです。炭水化物などの糖質を控えれば、歯につく歯垢を減らすこともできます。これをシュガーコントロール治療法といいます。

現代的な治療を行なっている医院を選ぶ

数ある歯科医院の中でも、自分の歯が今どんな状態なのかをしっかり診断し、なぜこの治療法をとるのかをきちんと話してくれる大分県の歯科医師を選ぶことが大切です。

診断の根拠や治療法をわかりやすく説明してくれる歯科医は、信頼できると言えますが、もし診断で納得がいかなかったら、セカンドオピニオンに行くことも大切なことです。すぐに歯を削ったり、神経を抜くといった治療は昔の常識ということを踏まえた上で、患者さんご自身で、現代的な治療を行なっている大分県の歯科医院を選ぶことをお勧め致します。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
差し歯が取れてしまったら
差し歯が取れてしまったら
自分で処置せず歯科医院で処置する もしも、すぐにかかりつけの歯科医院に行くことができない状況で差し歯が取れてしまったら、とても不安になってしまいますし、取れてしまった歯の部位によっては人前に出ることも恥ずかしくなってしまうこともあります。そのため、どうにかしようとご自身で応急処置をしてしまう方がいらっしゃいますが、決し...
骨再生療法 エムドゲイン
骨再生療法 エムドゲイン
口腔内が不衛生になることで、食べカスや歯垢(プラーク)が溜まってしまいます。特に、細菌の塊である歯垢が繁殖することにより、歯茎が歯垢の中の歯周病菌に感染してしまい、炎症を起こす歯周病に罹患するリスクが高くなります。歯周病に罹患してしまい、進行すると、歯根膜や歯槽骨などの歯周組織が破壊されていき、さらに進行することで最終...
歯科放射線について(X線)
歯科放射線について(X線)
歯科医院では、レントゲンや撮影でのX線検査により、隠れた虫歯や細くて複雑に分岐した根管、歯槽骨の減り具合や骨密度、歯茎の奥に溜まった歯石だけでなく歯や歯の周り、顎の骨格まで総合的に把握することができます。しかしその場合、X線検査による被爆が気になる方も多いのではないでしょうか。医院によっては、問診票にレントゲン撮影を希...
インプラント術前の過ごし方
インプラント術前の過ごし方
インプラント手術前に注意すること インプラントは手術を必要とする治療です。失ってしまった歯を取り戻すことができ、天然の歯と同じくらい見た目も美しく、また自分の歯のように食べ物を噛むことができるインプラント。近年多くの方がインプラント治療をしています。しかし治療期間も長く、費用も自由診療なので高額になってしまいます。苦労...
歯科衛生士の役割
歯科衛生士の役割
歯科助手(歯科アシスタント)と歯科衛生士の違い 普段、患者さんの立場から見れば歯科助手も歯科衛生士も同じように白衣を着ているスタッフの一人ですが、実は仕事内容や資格には大きな違いがあるのです。 まず、一番大きな違いは資格です。歯科助手になるには、とくに資格歯必要ありませんが、一方、歯科衛生士になるには、国家資格が必要と...