フッ素とは

フッ素とは、歯の表面のエナメル質が食べ物の酸や虫歯によって、カルシウムイオンやリン酸イオンが溶け出した(脱灰)を修復する、歯の再石灰化を促進します。また、歯を修復するだけではなく、酸に強い丈夫な歯にします。さらに、虫歯菌の活動を弱め酸を作りにくくすることで脱灰を抑制します。虫歯予防のために、普段からフッ素入りの歯磨きを使用するなど、日々の口腔ケアにフッ素を取り入れることは効果的なのです。

フッ素を使用した口腔ケア

フッ素を配合した歯磨き粉を使用する

歯磨きの際に、フッ素を配合した歯磨き粉を使用することで、歯磨きの効果に加えて、歯磨きをした後も口の中の歯や粘膜にフッ素が残ることで、少しずつ唾液に混ざるので効果的です。虫歯予防の効果を高めるためには、長時間口腔内にフッ素を留めておくことが重要です。そのためにも歯磨き粉の使用量や、磨き終わった後のうがいの方法にも気をつけるようにしましょう。歯磨き粉の使用量の目安は、年齢によって異なるため注意しましょう。うがいの方法は10~15mlの水を口に含み、1回程度口をすすぐことにより口の中により多くのフッ素が残るのでの、虫歯予防に効果的です。

フッ素洗口液でのうがい

4歳以上からおこなうことが出来る、フッ素洗口液でうがいをする方法です。フッ素洗口液は、大分県のかかりつけの歯科医院もしくは、要指導医薬品取扱店で購入することができます。使用方法は、1日1回または1週間に1回おこないます。ご自宅や幼稚園、保育園では1日に1回、小・中学校では1週間に1回おこなうことが推奨されています。うがいは継続しておこなうことで、予防効果は高まります。

フッ素塗布

歯科医院などで、フッ素を歯に直接塗布する方法です。歯科医院での定期的なメンテナンスの際などで塗布をおこないます。特に、子供の生えたての永久歯は、歯が未完成で柔らかく、酸にも弱いことから虫歯になりやすいため、永久歯のフッ素塗布は効果的です。フッ素塗布は、1歳半頃からおこなうことができます。

身近にあるフッ素

フッ素は、魚介類や野菜、肉、牛乳、塩、お茶の葉など、食品のほとんどに含まれているミネラル成分の一つであり、ビタミン類の様に、毎日摂らなければならない必須の栄養素として位置付けられています。ただ気をつけて頂きたいのは、フッ素単体ではなくナトリウムと結びついたフッ化ナトリウムや、カルシウムと結びついたフッ化カルシウムなど、必ず他の物質と結びついています。日々の食事の際に、フッ素が含まれる食品を意識して摂ることも、虫歯予防や歯を強くすることに繋がるのです。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
歯科放射線について(X線)
歯科放射線について(X線)
歯科医院では、レントゲンや撮影でのX線検査により、隠れた虫歯や細くて複雑に分岐した根管、歯槽骨の減り具合や骨密度、歯茎の奥に溜まった歯石だけでなく歯や歯の周り、顎の骨格まで総合的に把握することができます。しかしその場合、X線検査による被爆が気になる方も多いのではないでしょうか。医院によっては、問診票にレントゲン撮影を希...
口腔外科と歯科の違い
口腔外科と歯科の違い
歯科医療分野について 歯科の分野は大きく分けると一般歯科、小児歯科、矯正歯科、口腔外科があります。一般的に歯科医師は口腔領域のみについてのみ学ぶわけではなく、医科分野も含めた基礎学と共に口腔領域を中心とした臨床学の知識を持っています。臨床学には「保存歯科」(削ってつめる治療や歯周病治療、神経の治療など)、「補綴(ほてつ...
妊娠と歯科治療の問題
妊娠と歯科治療の問題
妊娠をすることで、医療において様々な問題や制限が起こります。歯科治療においても例外ではありません。歯科ではレントゲンを撮ることもありますし、痛み止めや炎症止めなどの薬も処方されます。また場合によって麻酔も必要となります。妊娠をしている方で、歯科治療をおこなうことに不安を感じている方も多くいらっしゃるかと思います。妊娠と...
インプラント治療の前に気をつけると良いこと
インプラント治療の前に気をつけると良いこと
インプラント治療を始める前の検査やカウンセリング 患者さんが治療を受ける前に大切なのは、患者さん自身の状況や治療内容をしっかりと理解している事です。そのためインプラント治療を始める前に、いくつかの検査やカウンセリングが必要となります。 ※医院によって異なります。 【検査】 まずはインプラントを埋め込む際の顎の骨の量や質...
インプラント治療に不適応な疾患
インプラント治療に不適応な疾患
インプラント治療に不適応な疾患(絶対的禁忌症) 絶対的禁忌症とは、改善をすることが難しい疾患にかかっておいるため、インプラント治療ができないとされるケースです。 また、疾患ではありませんが、子供や妊娠中の方もインプラント治療は避けるべきです。 1型糖尿病 糖尿病には、膵β細胞が壊されてしまうことでインスリンがほとんど分...
良いインプラント医院の選び方は?
良いインプラント医院の選び方は?
現在多くの歯科医院がある中で、インプラントの治療を受ける際どこの歯科医院で治療を受けるべきなのか、何を基準として医院を選べばいいのかを、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 インプラント治療は、費用が高額であること、また治療には手術は必要なことや、治療期間が長くなることなど、患者さんへの身体的、経済的負担も大きくな...
親知らずの知識とケア方法
親知らずの知識とケア方法
親知らずとは 親知らずとは、前から数えて8番目の永久歯の一番奥に生える歯で、第三大臼歯といいます。親の手を離れた頃に生えてくることから、親知らずや智歯と呼ばれます。生えてくる時期は、一般的に17~21歳頃に生えてくるのですが、個人差があり、中には生えてこない人もいます。生え方にも特徴があるために、場合によっては口腔内の...
味覚障害とは
味覚障害とは
味覚障害 私たちの生活に欠かせない食事。それを美味しく食べることは、毎日の楽しみの一つでもあります。そのために大切な役割を果たしている味覚。この味覚になんらかの異常があると、味が分からなくなったり、常に口の中に苦味を感じたりしてしまうなど、食べることや飲み込むこと自体が不快に感じるだけではなく、味が分からないため腐った...