インプラント義歯(入れ歯)とは

健康な歯を失ってしまった方の治療方法として、今も多くの方が入れ歯を選択しています。入れ歯治療は、保険が適用になるため費用を抑えることができ、また治療のリスクや失敗がほとんどありません。しかし、物を噛む力(咀嚼力)が天然の歯の1割〜3割程度と弱いため、かたいものが噛めなかったり、物がうまく食べれないなどの不快感もあります。また入れ歯はある程度の厚みが必要となるために、口の中の違和感を感じたり、さらに入れ歯が歯ぐきを圧迫することで顎の骨が徐々にやせていってしまうため、使用しているうちに入れ歯が合わなくなってしまい、食事中や会話など何かの拍子に外れやすくなってしまう、といったような悩みを抱えている患者さんも多いようです。

そんな悩みを軽減することのできる、入れ歯をインプラントで固定する治療方法が、取り外し可能なインプラント義歯(入れ歯)『インプラントオーバーデンチャー』と呼ばれる治療方法です。

インプラントオーバーデンチャーとは?

インプラントオーバーデンチャーとは、歯がほぼ無くなった方のための入れ歯の治療方法の一つです。(英語で入れ歯を「Denture デンチャー」と呼びます。それをインプラントで覆う「Overオーバー」ことからインプラントオーバーデンチャーといわれています。

仕組みとしては、まず歯茎に2本から4本のインプラントを埋め込みます。そのインプラントの柱を軸として、上から入れ歯を覆い被せて固定するというものです。

入れ歯の裏側とインプラントを連結し、入れ歯を動かないようにしっかりインプラントが支えてくれるため、通常の入れ歯より違和感がなく、噛みやすいのが大きな特徴です。また入れ歯の金具による歯への負担も軽くなるため、顎の骨への負担も軽減することができ、入れ歯の圧力による骨吸収を抑えることができます。※(入れ歯を入れることで、顎の骨が圧迫され血液の循環が悪くなり、1年間で約0.5mmずつ顎の骨が吸収され、下がってしまうということが統計により分かっています。)

さらに、すべての歯をインプラントにすると高額になりますが、この方法だと費用も比較的抑えることができます。入れ歯や総入れ歯でお悩みを抱えている多くの方が、顎の骨が痩せてしまったことにより、入れ歯の調整ができず入れ歯を安定させることが困難になってしまい、その結果しっかり噛めない状態を我慢しながら入れ歯を使用しています。しかしインプラントオーバーデンチャーは、入れ歯を動かさないよう安定させることができるので、快適にものを噛むことができるようになります。さらに骨吸収により顎の骨が痩せてしまった患者さんにも適応できる場合が多いのです。

インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...

インプラントオーバーデンチャーのメリット

インプラントオーバーデンチャーのメリットとしては、まず噛みやすいということです。

インプラントが入れ歯をしっかりと固定してくれるため、外れにくく、噛む力も伝わりやすいので、天然の歯と同じような噛み心地を実感できます。

残存歯がある場合は、入れ歯を支えるために針金をかけますが、インプラントを支えにすることで、針金を最小限に抑えることができるため、美しい見た目を維持できます。また骨を増やすような骨造成手術の必要がないため、身体的な負担が少なくて済みます。さらに、装着や脱着が簡単にできる仕組みのため、修理やメンテナンスがしやすく、入れ歯を支えている歯やインプラントにトラブルが生じても対応が可能となります。また前述でも書きましたが、インプラントの本数が少ないため、治療費用を比較的抑えることができます。

インプラントオーバーデンチャーのデメリット

インプラントオーバーデンチャーにはメリットばかりではなく、デメリットもあることを知っていただく事も大切です。インプラントで入れ歯を支えているため、固定しているインプラント側に負担が掛かりやすくなってしまうため、インプラントそれぞれに定期的なメンテナンスが必要になることがあります。

噛む力も強く、噛み心地が実感できる事は生活をする中で、とても快適な事なのですが、同時に入れ歯に負担が掛かりやすくなるため、劣化が早まることがあり、入れ歯の定期的なメンテナンスが必要となります。また数本のインプラントを埋め込むため、手術が必要となり、保険診療適用外の強度のある入れ歯になるため、通常の入れ歯より費用が高くなります。

インプラントオーバーデンチャーがオススメな人

インプラントオーバーデンチャーは、歯がほぼ無くなった方のための入れ歯の治療方法の一つです。従来の入れ歯を使用している方の中でも特に、噛みごたえや噛みやすさを重視したい方、自然な噛みごたえを重視したい方、また天然の歯は残っているけど安定していない方、このままだと抜け落ちてしまいそうな歯が多いという方に、治療の選択肢の一つとしてインプラントオーバーデンチャー治療をおすすめいたします。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
インプラントは誰でも受けられる?
インプラントは誰でも受けられる?
インプラントが出来ない場合もある? 近年ではインプラント治療も注目され入れ歯やブリッジなどに比べ違和感が少なく天然の歯と同様な見た目と咀嚼力(噛む力)を持つようになりました。そんなインプラント治療ですが、人によっては治療が受けれない場合があります。 インプラント手術は歯茎を切り開き、顎の骨にインプラントを埋め込む外科手...
スマホ依存が口に及ぼす影響
スマホ依存が口に及ぼす影響
近年、多くの方がスマートフォン(スマホ)を使用しています。スマホによって様々なことが手軽におこなえることから、さらに普及は進んでいます。しかし、長時間使用する「スマホ依存」によって口腔内に悪影響を及ぼしてしまう可能性も指摘されています。スマホ依存が口腔内にどのような悪影響を及ぼすのでしょうか。 スマホ依存が口腔内に及ぼ...
歯と口元からはじめるアンチエイジング
歯と口元からはじめるアンチエイジング
アンチエイジングとは 私たちは年齢を重ねていくことで、老化や加齢など、体の様々な変化に影響を及ぼしてしまいます。これは仕方のないことですが、老化や加齢を止めるのではなく、老化を原因から抑制していくことで老化のスピードを遅めたり、老化を予防したりすることをアンチエイジングといいます。アンチエイジングは健康な人をさらに健康...
血友病患者の歯科治療
血友病患者の歯科治療
血友病とは 血液は血管を通って、体中を巡っています。血管には、静脈、動脈と毛細血管があり、これらの血管が破損してしまうと出血が起こります。出血は皮膚の切ったり擦り傷の場合の表面、または打ち身などの内出血の場合は体の中で起こり、多くの場合は体は血液が固まる過程である、凝固により傷ついた血管を修復することができます。血友病...
補助的清掃用具の種類と使用方法
補助的清掃用具の種類と使用方法
毎食後にしっかりと歯磨きをしていても、食後の口腔ケアが歯ブラシを使用したブラッシングだけでは、口腔内の食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れを6割程度しか除去できていないといわれています。その際に、補助的清掃用具を併用したケアをおこなうことで、8~9割程度の清掃効果を得ることができるといわれていることから、口腔内を清潔に...
インプラントの治療費用を医療費控除で軽減する
インプラントの治療費用を医療費控除で軽減する
インプラント治療費用の医療費控除とは インプラント治療にかかる費用は決して安いとは言えません。ですが、医療費が10万円を超える場合は一部の医療費用が戻ってくる「医療費控除」をご存知ですか?しっかりと申告をし治療費を安くして、お得にインプラント治療を受けましょう。 インプラントは医療費控除の対象になるの? 医療費控除は1...
虫歯ではないのに歯が痛む原因とは?
虫歯ではないのに歯が痛む原因とは?
歯原性歯痛と非歯原性歯痛 口腔内やその周辺に起こる痛みは、症状が軽度なものから、激しい痛みを伴うものもありますが、たとえ軽い痛みであっても不安がつきまとってくるものです。これらの痛みの多くは、「歯原性歯痛」といわれる歯が原因となる歯痛です。歯原性歯痛は、歯の中の神経である「歯髄」や、歯の周りの歯を支える組織である「歯周...