糖尿病と歯の健康の関係

糖尿病とはどんな病気なのか?

糖尿病とは、インスリン(血液中のブドウ糖を筋肉や肝臓などへの取り込み、血糖を下げる働きを持つ唯一のホルモン)の作用が十分でないために、ブドウ糖が有効に使われず、血糖値が高くなったままの状態のことです。適切な治療などをせずに放置しておくと、全身にさまざまな影響が出てきます。

糖尿病が引き起こす歯周病

糖尿病は様々な病気との合併症を引き起こす恐れがあり、歯周病はそのひとつです。

糖尿病が進行していくと体の抵抗力や免疫力が低下してしまいます。また口の中には歯周病菌がすみついているので、免疫力低下により歯周病菌が繁殖しやすい環境になるため、歯周病を発症しやすくなります。また、発症した歯周病も治りづらく、進行してしまうということがあります。

また、インプラントが骨と結合する過程で起こる骨吸収の吸収量が多くなりすぎて、結果インプラントの脱落に繋がることもあります。

糖尿病だとインプラントはできないの?

糖尿病だからインプラント治療できないということはありません。判断基準の一つとして、血糖値が重要な鍵となってきます。

血糖値が高いと感染症のリスクが高まるため、インプラント治療ができないのです。これは血糖値のコントロールが一つの判断基準になります。血糖値のコントロールとは血糖値を適切な範囲に維持することです。

血糖値が適切な範囲に維持されていることを確認することで、治療の効果を確認します。具体的には血液検査で、血糖値やHbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)などを測って確認します。血糖値が高いと免疫力が低下し、感染症のリスクが高まるため、インプラント治療が難しくなります。

これは、インプラント治療の過程で手術を行うことが理由になります。切開した部分などから細菌が入り込み炎症を起こす危険性が高まり、また傷口の回復も遅いため、こうした出血を伴うような大きな治療はできなくなるのです。こうした手術を行う上での糖尿病のリスクは無視出来ないため、血糖値が高い場合、インプラント治療を受けることが出来なくなることもあります。

しかし、血糖値がコントロールができるのであれば、糖尿病の患者さんでもインプラント治療が可能です。

糖尿病の患者さんがインプラント治療をする際の注意点

糖尿病の患者さんがインプラント治療を希望する際には、糖尿病治療をしている主治医との連携が必要になってきます。処方している薬、インスリンの量と種類、これらを歯科医が把握する必要があるからです。

もちろん、患者さん自身がこのことを歯科医に伝えることも大切ですが、歯科医が糖尿病治療の主治医に連絡を取り、確認するのが一番安全だからです。

インプラントの治療中における低血糖発作の対処

糖尿病を持っていて、なおかつ低血糖発作の経験がある患者さんは、インプラントの治療中にも発作が起こる可能性があります。この場合の効果的な対処方法は糖分を摂取することです。万が一のお守りとしてアメなど糖分を摂取できるもの持っていることが望ましいです。また治療の時間帯は発作が起きにくい食後の時間帯を予約することをおすすめします。

生活習慣の改善

インプラント治療を行った患者さんの中には、治療後、糖尿病予備軍になってしまう方がいます。インプラント治療を受けると、なんでも食べられるようになるため、食事のバランスが悪くなってしまうというのが一つの原因です。食生活など、生活習慣の改善という患者さんの助けがなければ治療後の良好な予後、ひいては体の健康は望めないこともあるということを忘れないことも、とても大切なことなのです。

大分県はたくさんの山の幸、海の幸に恵まれた場所です。この素晴らしい環境の中で是非、『本物』の食べ物を食べることで、食の大切さを体で感じて理解して頂ければ幸いです。

咬むことと糖尿病の改善について

今日、咬むことと糖尿病の改善についての研究が行なわれています。咬むことで血糖値を下げるインシュリンが分泌され、血糖値の改善に役立っているというものです。

インプラント治療の後に、食事の改善以外の原因で糖尿病が改善したという事例も出ています。これは2型糖尿病の軽いものに限っての結果です。

インプラント治療の後の噛み合わせが自律神経のバランスを変え、交感神経の末端からは神経伝達物質のアドレナリンが放出されます。このアドレナリンは血糖値を上げる作用があるのです。

アドレナリンとは交感神経を興奮させ、動物が命の危機を感じたときに『闘争か逃走か』という選択を即時に実行する時のようなストレス状態の時に分泌される物質です。また同じようなストレス状態で分泌されるストレスホルモンも血糖値を上げます。つまりアドレナリンやストレスホルモンにより、血糖値が上がっていまい、食べ物以外でも糖尿病になってしまうということがあるのです。これは今の現代社会の日常と同じことだと、言われています

比較的硬いものをよく噛むことでストレスホルモンが減少するという研究結果も出ています。つまり『適切な』噛み合わせバランスでよく噛むことは、ストレスを軽減し、糖尿病の改善にも繋がっているのです。

このように糖尿病と歯の健康には密接な関係があるのです。

おすすめの記事