歯石除去

歯医者さんに治療や定期メンテナンスの検診の際、歯石の除去をしてもらったことのある方は多いと思います。 そもそもこの歯石とは、一体どんなものなのでしょうか? また、なぜ歯石を除去したほうが良いのでしょうか?歯石ができる原因と歯石がもたらす影響、さらに歯石除去方法について説明致します。

そもそも歯石とは?

食事後の食べかすを歯に付着したままにしていると、細菌が繁殖して細菌の塊である歯垢(プラーク)となります。歯垢は、不十分な歯磨きなどにより歯に付着したまま放置されると、唾液に含まれているリン酸やカルシウムが沈着して石のようになります。この歯垢が硬く変化(石灰化)したものが歯石です。歯垢は2週間ほどで歯石へと変化してしまい、ご自身の歯みがきだけでは落とせなくなってしまいます。

歯石は歯茎の上につく「歯肉縁上歯石」と歯と歯茎の間の溝(歯周ポケット)の中につく「歯肉縁下歯石」の2種類に分類されます。歯肉縁上歯石は歯茎より上にあり、唾液に含まれるリン酸カルシウムが歯垢と反応することで形成されるため、白色あるいは黄色の歯石です。歯肉縁下歯石は、歯茎からの出血と混ざって固まることが多いので、黒っぽい色をしており、固く歯根面についており、歯周ポケットからの浸出液中のミネラルの沈着により歯肉縁下プラークが石灰化して形成されます。特に歯肉縁下歯石は歯周病を進行させる大きな原因になっています。

歯石による歯やへ歯ぐきへの影響

歯石自体はその名のとおり、歯に付着いた石のようなものなので、歯垢のように悪影響をもたらすものではありません。 しかし、歯石の表面はザラザラとしているため、細菌が住み着いて繁殖するには絶好の環境です。そのため歯垢が付着しやすいという特徴があります。

歯石に住み着く細菌は、口臭の原因となります。また、歯垢が原因で歯茎に出血や腫れ、膿などが起これば、それらも口臭を引き起こす原因となってしまいます。 また歯石の表面はザラザラしているため、歯垢が付着しやすく、歯みがきで落としにくくなってしまいます。口内に歯垢が増えれば、歯周病になったり歯周病が悪化したりするリスクが高くなります。そのため、歯石は歯科医院で定期的に除去してもらう必要があります。

ご自身で出来る歯垢除去方法

そもそも歯石ができるのは、歯垢の除去が不十分であることが原因です。硬い歯石に変化するとご自身での除去が困難になってしまいますので、軟らかい歯垢の時点で歯ブラシやデンタルフロス・歯間ブラシを使って歯垢を除去するお手入れすることをお勧め致します。そうすることで歯石の沈着予防へとつながりるのです。唾液が分泌される下あごの前歯の内側部分や、上あごの奥歯の外側部分の歯には特に歯石ができやすいので、歯みがきの際にはこれらの箇所を意識してみがくことが大切です。

また、歯周ポケットが4mm以上の場合、歯ブラシの毛先が奥まで入っていかないといわれており、深い歯周ポケットの中に入り込んだ歯垢は、歯科医院での歯垢除去をすることをお勧め致します。放っておくと、ますます歯周病が進行してしまう危険性もあるので注意してください。

歯科医院で行う歯石除去方法

歯石の除去は歯科で保険適用の費用で受けることができます。歯科での歯石除去には一般的に「スケーリング」「ルートプレーニング」という方法が用いられます。また場合によっては「フラップ手術」(歯肉剥離掻爬手術)という方法もあります。
※フラップ手術には保険診療と自費診療があります。

スケーリング

歯科医師や歯科衛生士が、歯に付着した歯垢や歯石を取り除くことを「スケーリング」といいます。スケーリングでは、スケーラーと呼ばれる手用の細い器具で歯垢を削り落としたり、あるいは超音波スケーラーという専用の器具を用いて歯石を除去していきます。

これらは用途や部位によって使い分けられます。

ルートプレーニング

スケーリングで歯根表面に付着した歯石を除去した後、歯周ポケットの奥の部分にできた歯石を取り除き、歯の根元の部分を平らに滑らかに仕上げることで歯垢や歯石が付きにくくする方法ことを「ルートプレーニング」といいます。ルートプレーニングは、歯周ポケットに挿入できる専用の器具を用いて行います。 器具が歯肉に触れて痛みを感じたり、歯がしみたりする場合には、局所麻酔をして行います。

フラップ手術

スケーリングやルートプレーニング、などの治療を行った後、歯肉の状態や歯周ポケットの深さを測定して、治療後も歯周ポケットが深く、歯茎の状態の改善が見られない場合は、歯肉縁下歯石の取り残しの可能性があるため、「フラップ手術」(歯肉剥離掻爬手術)という外科手術を行うこともあります。フラップ手術は、歯肉を剥離し歯根を露出させることで歯肉縁下歯石を直接見ることができるので、徹底的に歯石除去を行うことができます。

定期的なメンテナンスによる歯石除去

歯垢・歯石は一度除去しても、またくり返し付着してきます。

日頃のご自身でのお手入れをしっかりとしている方も、歯の健康を調べるのもかねて定期的なメンテナンスとして大分県の歯科医院を受診し、半年に一度は歯石除去してもらうことをお勧め致します。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
インプラント周囲炎
インプラント周囲炎
インプラント周囲炎とは? インプラント周囲炎とはインプラントにおける歯周病です。インプラントに最も多いインプラント治療のトラブルです。インプラントは虫歯にはなることはありませんが歯周病にはなることがあります。インプラント周囲炎は、歯肉の腫れ・出血などの症状が現れて進行すると歯周組織が破壊されてしまいます。インプラントを...
オールオン4治療が向いている人は?
オールオン4治療が向いている人は?
オールオン4と従来のインプラントの違い オールオン4( ALL ON 4)とは、従来のインプラント治療方法とは違い、4本のインプラント体をバランスよく骨に埋入(奥のインプラントを骨のある部分へ斜めに埋め込み力を広く均等に配分)する事ですべての人工の歯を支えることができるため、手術の際の身体的な負担や、費用の負担を必要最...
よく噛むことは健康に繋ながる
よく噛むことは健康に繋ながる
普段、私たちは食事の際に食べ物を噛むということを当たり前のようにおこなっています。この「噛む」ということは、食べ物を細かく噛み砕いて胃に送り込むという役割だけはありません。しっかりと噛むことができることは、口腔内や体の健康にも大きく関係しているのです。では、噛むことが健康とどのように関係しているのでしょうか。ご説明いた...
口内炎の知識
口内炎の知識
口内炎の症状 口内炎の症状はその原因によって大きく異なります。多くは口腔内や口唇、舌に数ミリ程度の円形~類円形の口内炎が散在します。口内炎による粘膜病変は水疱や潰瘍、びらん、白苔など多岐にわたりますが、口内炎は周辺の粘膜よりやや盛り上がり中心部はびらんや潰瘍、水疱などが生じます。周辺部は赤く充血していることが多く稀に出...
インプラントは誰でも受けられる?
インプラントは誰でも受けられる?
インプラントが出来ない場合もある? 近年ではインプラント治療も注目され入れ歯やブリッジなどに比べ違和感が少なく天然の歯と同様な見た目と咀嚼力(噛む力)を持つようになりました。そんなインプラント治療ですが、人によっては治療が受けれない場合があります。 インプラント手術は歯茎を切り開き、顎の骨にインプラントを埋め込む外科手...
警察歯科医とは
警察歯科医とは
警察歯科医とは 警察歯科医とは、遺体の損傷が激しく見た目で確認できない場合に、警察署より依頼を受け、身元不明遺体の歯や口腔内の状態(歯科所見)を確認して、生前に歯科治療を受けている痕跡や患者さんのカルテやレントゲン写真などを照らし合わせることで身元を特定したり、本人特定の際の検視の補助をおこないます。 警察歯科医が世間...
血友病患者の歯科治療
血友病患者の歯科治療
血友病とは 血液は血管を通って、体中を巡っています。血管には、静脈、動脈と毛細血管があり、これらの血管が破損してしまうと出血が起こります。出血は皮膚の切ったり擦り傷の場合の表面、または打ち身などの内出血の場合は体の中で起こり、多くの場合は体は血液が固まる過程である、凝固により傷ついた血管を修復することができます。血友病...