歯の根の治療「根管治療」とは

虫歯は進行すると、歯の神経にまで達してしまいます。虫歯が神経まで進行してしまうと、強い痛みを伴うようになり、進行状況によっては歯の根の治療「根管治療」をおこない、歯の神経である「歯髄」の除去が必要になる場合があります。歯髄には神経以外にも、動脈や静脈といった血管も走行しており、血管を通じて酸素や栄養を受け取ったり、老廃物を排出する役割を担っています。しかし、歯髄を取り除くことによって血管も無くなるため、酸素や栄養が供給されなくなった歯は、脆くなり死んだ状態「失活歯」となってしまいます。歯髄を失うことにより歯の寿命も短くなってしまうので、神経に達する前に虫歯を治療することが一番なのですが、もしも神経に達してしまった場合に、根管治療をおこなわずに放置すると、さらなる悪影響を及ぼしてしまう危険性もあるのです。

根管治療が必要なケース

虫歯を治療せずに放置することで重症化すると、歯の神経である歯髄にまで虫歯菌が達してしまいます。虫歯が神経に達して炎症を起こすと、「歯髄炎」を起こしてしまい、激しい痛みを伴います。さらに放置すると神経が壊死して、口臭がひどくなったり、歯の色が黄色や灰色に変化するだけでなく、歯根の尖端に炎症が起きて膿が溜まる「根尖性歯周炎」などの重度の炎症を引き起こしてしまう可能性もあるため、根管治療をおこない歯髄を除去することが必要です。また、外傷などにより歯に亀裂が入ってしまい、亀裂が歯の神経まで到達している場合も、細菌が侵入して神経を侵食することで、炎症を引き起こしてしまう可能性があることから、根管治療をおこない歯の神経を除去する場合があります。

根管治療の処置

まず虫歯部分の歯茎に局所麻酔をおこないます。麻酔が効いてきたら虫歯の部分を削り、歯髄を露出させます。それから、「リーマー」や「ファイル」、「クレンザー」と呼ばれる器具を用いて歯髄を取り除きます。歯の内部には歯髄が入っている「歯髄腔」があり、歯髄腔は「髄室」と「根管」に分かれています。髄室部分の歯髄を取り除くのは難しくないのですが、髄室から根元の方向に伸びている根管は、神経や血管などが走行しており、木の枝分かれのように複雑な形態になっているため、除去することは容易ではありません。この根管内の歯髄を取り除きつつ、器具で根管の外側の壁を削り、太くまっすぐな一本の根管になるように整えていきます。これを「根管拡大」といいます。なお、この時に歯根の先までキレイに歯髄を取り除かないと、「残髄炎」と呼ばれる痛みや不快感が残ったりすることがあります。根管拡大の後は、再感染を防ぐために内部をキレイに洗浄し、最後に「ガッタパーチャポイント」という薬剤を詰めて、歯の内部を無菌化します。この薬剤を詰めこむ処置を「根管充填」と呼びます。

歯髄を取り除くことによる悪影響

歯が変色する

歯の神経である歯髄を失ってしまった歯を「失活歯」といい、時間が経過すると黒っぽく変色する場合があります。歯髄には血管が走行しているので、除去することで血液が循環しなくなり、歯の象牙質に含まれるコラーゲンなどが変色してしまうのです。また、歯の内部の血液が象牙質の細かな穴に入りこむことで、象牙質を変色させるケースもあります。この場合、白っぽい被せ物をしたり、歯の内部から漂白する「インターナルブリーチ」によって見た目を改善させることが可能です。

歯の寿命が短くなる

神経を失った歯は、痛みなどの感覚がなくなります。そのため、虫歯が再発してしまってもご自身で気付くことが困難になります。その結果、歯を残すことができないほど虫歯が進行してしまう場合もあり、抜歯のリスクが高くなります。また、血管も失うので酸素や栄養が届かなくなった歯は脆くなり、割れやすいことから、歯ぎしりや食いしばりや外傷などによって過剰な力が歯に加わることで、歯根にヒビが入ったり、割れたりする「歯根破折」を起こしてしまう危険性もあります。歯根破折を起こした歯は、ほとんどの場合が抜歯の処置が必要になってしまいます。これらのことから、歯髄を除去した歯は、将来的に寿命が短くなってしまうのです。

痛みが残る場合がある

根管治療をおこなった場合に、歯髄をキレイに取り除いていないと痛みが残ってしまう場合があります。また、根管治療中に歯が割れていたり、ヒビが入ったりした場合や、歯に穴をあけてしまった場合、時間が経ってから痛みだすこともあります。もしも、根管治療をおこない、歯髄を取り除いたのにもかかわらず痛みが伴う場合は、なるべく早急に大分県のかかりつけの歯科医院を受診しましょう。

まとめ

虫歯の進行によって歯髄を除去した歯は、根管治療をおこない補綴物を装着して歯を保護し、食べ物をバランス良く噛めるように、噛み合わせを整える必要があります。そのため、治療期間も長くなるだけでなく、費用もかかってしまいます。しかし、初期段階で虫歯を治療することができれば、簡単な処置で歯を治療することができます。将来的に歯を失わないためにも、定期的に大分県の歯科医院で健診と歯のクリーニングをおこなうことをお勧めいたします。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
インプラントが外れる場合がある?
インプラントが外れる場合がある?
インプラント治療後のトラブルとして、インプラントが脱落してしまう場合があります。インプラントは顎の骨に埋入する「インプラント体」、「人工歯」、インプラント体と人工歯を連結する「アバットメント」の3つのパーツから構成されています。このどの部分が外れるかによって、対処方法が変わってきます。インプラントが外れる場合の、原因や...
インプラントのオーバーホール
インプラントのオーバーホール
インプラントのオーバーホールとは インプラントは、失った歯の機能や見た目を回復することができる治療法ですが、長く快適に使用するためには、定期的に歯科医院でのメンテナンスが重要となります。その際に、インプラント体と上部構造(アバットメントと人工歯)を取り外し、連結部分をキレイに清掃してから再度取り付ける「オーバーホール」...
インプラントの治療費用を医療費控除で軽減する
インプラントの治療費用を医療費控除で軽減する
インプラント治療費用の医療費控除とは インプラント治療にかかる費用は決して安いとは言えません。ですが、医療費が10万円を超える場合は一部の医療費用が戻ってくる「医療費控除」をご存知ですか?しっかりと申告をし治療費を安くして、お得にインプラント治療を受けましょう。 インプラントは医療費控除の対象になるの? 医療費控除は1...
インプラント治療は痛くないのでしょうか?
インプラント治療は痛くないのでしょうか?
インプラント治療を考えているけれど、痛みが心配でなかなか治療に踏み出せない方も多いのではないでしょうか。メリットの大きい治療法ではありますが、手術が必要になるために手術や術後の「痛み」がどの程度あるのかということは、一番気になることではないかと思います。 インプラント手術は痛みを伴うのか、痛みはどの程度継続するのかにつ...
インプラント治療でトラブルを防ぐ
インプラント治療でトラブルを防ぐ
インプラント治療で考えられるトラブルの症例と原因 インプラント治療箇所周辺の歯茎が腫れる。 インプラントが骨に癒着(固定)して被せ物の治療まで終わった後、ある程度の期間は問題なく噛めている場合でもしばらくするとインプラント治療箇所の周りの歯茎が腫れたり出血する事があります。これはインプラントが癒着(固定)した骨が何らか...
ショートインプラント
ショートインプラント
ショートインプラントとは インプラント治療を行う際、インプラント体を顎の骨に埋め込む必要があるのですが、患者さんによっては顎の骨が不足していて、インプラントを埋め込む高さや幅が足りないことがあります。その場合、足りない骨の骨量を増やす骨造成という、外科的手術が必要となります。また骨造成は術後の経過を見てからインプラント...