バイオフィルムとは

バイオフィルムとは

歯を失う主な原因として急な事故やケガなどを除くと、そのほとんどが虫歯や歯周病が原因です。虫歯や歯周病は、食べかすなどが歯磨きでは取り除くことができずに残ってしまい、それが原因で口腔内で細菌が発生してしまい、歯の表面にプラーク(歯垢)が付いてしまいます。このプラークが時間が経つと歯石となってしまい、健康な歯が虫歯や歯周病になってしまうのです。 しかし、プラークよりも厄介なものがバイオフィルムというものです。 バイオフィルムは私たちの日常生活においても、様々なところで存在しています。例えば台所や風呂場の排水口などを綺麗にしておかないと表面にヌルヌルするものがついてしまいます。これもバイオフィルムの一種なのです。 歯の表面にへばりついたヌルヌルした白っぽいものがプラークであり、プラークもバイオフィルムの一種であるとされています。虫歯や歯周病の原因となる細菌の塊のプラークに対し、バイオフィルムは様々なタイプの微生物がお互いに寄り集まり共存している、微生物の集合体なのです。内部で作られた病原因子や毒素がお口の局所に滞留し、歯周病などを引き起こします。さらに、プラークは正しい歯磨きなどのブラッシングで除去できるのですが、バイオフィルムはブラッシングだけでは除去することができず、抗生物質や洗口剤でも殺菌することができません。

バイオフィルムを取り除くには

バイオフィルムを取り除くするためにまず大切なのは、ご自身での毎日の正しい歯磨きなのですが、しかしそれだけでは取り除くことができないために、定期的な歯科医院でのクリーニングが必要です。歯科医や歯科衛生士など、プロの手で行われる歯のクリーニングをPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)といい、歯磨きでは落とすことが出来ないバイオフィルムを、専用の器具を使って落とすことができます。またラバーカップやポリッピングブラシという専門の道具を使って、歯についたプラークや着色汚れを磨き落とします。PMTCによってバイオフィルムは取り除くことができるのです。 しかしバイオフィルムは、一度除去しても時間が経つと、また形成されてしまいます。 さらに時間が経てば経つほど微生物が成長してしまうため、歯周病の危険性も大きくなります。 そのためにも、大分県のかかりつけの歯科医院での3ヶ月もしくは半年に1度の頻度でのPMTCをしていただくことが理想だといえます。 歯科医院での定期的なPMTCと、ご自身での正しい歯磨きをバランスよく両立させることで、効果的にバイオフィルムを発生を抑えることができ、虫歯や歯周病の予防にもつながるのです。
おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
歯周病のリスクと対処方法
歯周病のリスクと対処方法
歯周病とはどんな病気? 歯周病とは細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいるとそこに多くの細菌が停滞して(プラークの蓄積)歯肉の辺縁が炎症を帯びて赤く腫れたりします。そして進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなって歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯...
多くの歯をなくした方のためのインプラントオールオン4
多くの歯をなくした方のためのインプラントオールオン4
オールオン4とは オールオン4とは、連結した人工歯を最小限のインプラント体で固定する治療法で、多くの歯、もしくは歯を全て失ってしまった方、総入れ歯が合わなくなってしまった方に適したインプラント治療の術式です。歯を全て失ってしまった方が従来のインプラント治療をおこなう場合、歯の噛む機能を回復させるために埋入しなければなら...
食べるとき左右均等に噛んだほうがいい?
食べるとき左右均等に噛んだほうがいい?
食べ物を食べるときに、気付かないうちに片側の歯だけで噛んでいる方は多くいらっしゃいます。私たちは食べるときに、下顎から頭蓋骨の側面にかけての筋肉である咀嚼筋を使います。この咀嚼筋は、左右どちらかに偏ってしまった噛み方を続けてしまうことで、頻繁に噛む側の咀嚼筋だけが発達してしまいます。咀嚼筋も筋肉ですので、利き腕が反対側...
インプラント術前の過ごし方
インプラント術前の過ごし方
インプラント手術前に注意すること インプラントは手術を必要とする治療です。失ってしまった歯を取り戻すことができ、天然の歯と同じくらい見た目も美しく、また自分の歯のように食べ物を噛むことができるインプラント。近年多くの方がインプラント治療をしています。しかし治療期間も長く、費用も自由診療なので高額になってしまいます。苦労...
GBR(骨誘導再生法)
GBR(骨誘導再生法)
GBRとは インプラント治療の際、必要となる顎の骨。もし歯を失ってしまったまま放置してしまったり、歯周病や骨吸収などで骨が少なくなってしまい、インプラントを埋入するための十分な骨の高さや厚さが足りない場合があります。その場合、インプラントを治療するために、人工的に骨を作る骨増生手術が必要となります。骨増生手術にはサイナ...
インプラント治療後の注意点
インプラント治療後の注意点
急な事故や怪我、虫歯や歯周病などによって歯を失ってしまった際に、失った歯を補うための治療法としてインプラント治療があります。インプラント治療は、歯茎に歯の根の代わりにチタン製のインプラント体を埋入する手術をおこなう治療です。インプラント体と歯茎がしっかりと結合するまでの治癒期間を経て、インプラント体に上部構造(人工歯と...
手術後の薬の処方について
手術後の薬の処方について
インプラント治療は顎の骨にインプラントを埋め込む外科治療になります。そのため手術後は麻酔が切れたあとに多少の痛みが出る事が予想され、必ず痛み止めなどののミクスが処方されます。外科手術の際は、埋め入れるインプラントの本数にかかわらず、鎮痛剤(痛み止め)や、抗生物質(化膿止め)、消炎酵素剤(炎症止め)などの服用薬を術後(場...