バイオフィルムとは

バイオフィルムとは

歯を失う主な原因として急な事故やケガなどを除くと、そのほとんどが虫歯や歯周病が原因です。虫歯や歯周病は、食べかすなどが歯磨きでは取り除くことができずに残ってしまい、それが原因で口腔内で細菌が発生してしまい、歯の表面にプラーク(歯垢)が付いてしまいます。このプラークが時間が経つと歯石となってしまい、健康な歯が虫歯や歯周病になってしまうのです。 しかし、プラークよりも厄介なものがバイオフィルムというものです。 バイオフィルムは私たちの日常生活においても、様々なところで存在しています。例えば台所や風呂場の排水口などを綺麗にしておかないと表面にヌルヌルするものがついてしまいます。これもバイオフィルムの一種なのです。 歯の表面にへばりついたヌルヌルした白っぽいものがプラークであり、プラークもバイオフィルムの一種であるとされています。虫歯や歯周病の原因となる細菌の塊のプラークに対し、バイオフィルムは様々なタイプの微生物がお互いに寄り集まり共存している、微生物の集合体なのです。内部で作られた病原因子や毒素がお口の局所に滞留し、歯周病などを引き起こします。さらに、プラークは正しい歯磨きなどのブラッシングで除去できるのですが、バイオフィルムはブラッシングだけでは除去することができず、抗生物質や洗口剤でも殺菌することができません。

バイオフィルムを取り除くには

バイオフィルムを取り除くするためにまず大切なのは、ご自身での毎日の正しい歯磨きなのですが、しかしそれだけでは取り除くことができないために、定期的な歯科医院でのクリーニングが必要です。歯科医や歯科衛生士など、プロの手で行われる歯のクリーニングをPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)といい、歯磨きでは落とすことが出来ないバイオフィルムを、専用の器具を使って落とすことができます。またラバーカップやポリッピングブラシという専門の道具を使って、歯についたプラークや着色汚れを磨き落とします。PMTCによってバイオフィルムは取り除くことができるのです。 しかしバイオフィルムは、一度除去しても時間が経つと、また形成されてしまいます。 さらに時間が経てば経つほど微生物が成長してしまうため、歯周病の危険性も大きくなります。 そのためにも、大分県のかかりつけの歯科医院での3ヶ月もしくは半年に1度の頻度でのPMTCをしていただくことが理想だといえます。 歯科医院での定期的なPMTCと、ご自身での正しい歯磨きをバランスよく両立させることで、効果的にバイオフィルムを発生を抑えることができ、虫歯や歯周病の予防にもつながるのです。
おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
インプラントの上部構造(被せ物、セラミックなど)
インプラントの上部構造(被せ物、セラミックなど)
インプラントの上部構造の素材の種類 インプラントは顎骨の中に埋め込まれる部分・人口歯根(インプラント体)とインプラント体の上に取り付けられる支台部分のアバットメントと歯の部分に相当する人工歯(上部構造)の3つから構成されています。インプラント体の素材は、チタンまたはチタン合金で、大きさは直径が3~5mm、長さは6~18...
差し歯が取れてしまったら
差し歯が取れてしまったら
自分で処置せず歯科医院で処置する もしも、すぐにかかりつけの歯科医院に行くことができない状況で差し歯が取れてしまったら、とても不安になってしまいますし、取れてしまった歯の部位によっては人前に出ることも恥ずかしくなってしまうこともあります。そのため、どうにかしようとご自身で応急処置をしてしまう方がいらっしゃいますが、決し...
インプラント治療前に必ず治しておくべき「歯周病」 
インプラント治療前に必ず治しておくべき「歯周病」 
歯周病とは 歯を失ってしまう原因は様々ですが、歯を失うもっとも多い原因として「歯周病」が挙げられます。歯周病とは、ブラッシングなどの口腔ケアが不十分なため、口腔内が不衛生になり、歯と歯茎の隙間に歯垢(プラーク)が溜まることによって、歯茎が歯垢の中の歯周病菌に感染し炎症を起こす疾患です。初期段階の歯周病は、痛みなどの自覚...
歯の表面に白い斑点?「ホワイトスポット」とは
歯の表面に白い斑点?「ホワイトスポット」とは
前歯の表面の一部が、斑点上に白く濁っていることがあります。これは「ホワイトスポット」と呼ばれ、「白斑症」ともいいます。ホワイトスポットは初期の虫歯によってできたり、歯の表面のエナメル質の成長過程において何らかの異常が起こることにより、一部が阻害されることでできる場合があります。 ホワイトスポットの原因 初期段階の虫歯 ...
乳幼児の歯磨き
乳幼児の歯磨き
まだ歯が生えていない場合や、歯が生え始めたばかりの赤ちゃんは歯みがきをした方が良いのか分からない保護者の方も多くいらっしゃると思います。また、1日に何回磨くのが良いのかという回数も分からないかもしれません。実はこの頃からの歯のケアによって、歯みがきを好きになるか嫌いになるかが決まってしまう可能性があるのです。 乳幼児の...
ワンピースインプラントの危険性
ワンピースインプラントの危険性
インプラントとは、基本的には三つのパーツからできています。 顎の骨にインプラント体を埋入し、インプラント体と被せ物(人工歯)との間の連結部分であるアバットメントから構成されます。埋入するインプラントには種類があり、インプラントとアバットメントをネジで連結するツーピースタイプと、インプラントとアバットメントが一体化したワ...
骨量が少ない場合でもインプラントを可能とする「骨造成」とは
骨量が少ない場合でもインプラントを可能とする「骨造成」とは
インプラントは、顎の骨にインプラント体を埋入して、顎の骨とインプラント体が強固に結合する「骨結合」によって、天然の歯とほとんど変わらない噛み心地を得ることができます。しかし、インプラント体を上顎に埋入する場合、歯を失った箇所の歯槽骨の厚みが10mm程度必要になります。しかし、場合によっては歯槽骨が吸収して薄くなってしま...