インプラントオーバーデンチャー(義歯・入れ歯)

インプラントオーバーデンチャーとは?

歯が全く無い場合や歯を失った本数が多い場合には全ての部位にインプラントを行う場合もありますが、義歯(入れ歯)を併用する場合もあります。インプラントオーバーデンチャーとは、総入れ歯がずれる、外れる、痛い、ガタついて噛めないといった悩みがある方や殆どの歯を失ってしまった方に適した治療法です。隣り合っている複数の歯が失われた場合に欠けた本数よりも少ないインプラントを埋入して上部構造(被せ物)に連結した義歯をかぶせます。失った全ての歯の本数分だけインプラント体を埋入できない場合などに選択される事がある方法です。

オーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャーのメリット

インプラントオーバーデンチャーのメリットとしては総入れ歯がインプラントで固定されるため入れ歯が安定するという事です。そのため総入れ歯で多くの方が持つお悩みである入れ歯が外れたり、ずれたりすることが殆どなくなります。また、抜けた歯の本数以下のインプラント埋入のため費用が抑えられます。

インプラント埋入本数が少ないため外科手術の範囲が最小限となり身体への負担が少ない事もメリットと言えるでしょう。入れ歯が安定することにより噛む力が大きくなり、何でもよく噛めるようにもなります。構造がシンプルな事もありメンテナンスもしやすく、万が一入れ歯にトラブルが起こった場合でも入れ歯の修理が容易です。

インプラントオーバーデンチャーのデメリット

総入れ歯の治療と比較した場合にはインプラント埋入の外科手術が必要となるため、費用と身体への負担が増えます。メリットでもあるのですが、入れ歯が安定することにより噛む力が大きくなるため総入れ歯が割れたりすり減ったりしやすくなるのも特徴です。対応策としてメタルフレームで入れ歯を補強をしたり入れ歯の厚みをとるような工夫が必要と思われます。

通常のインプラント治療と比較した場合にはインプラントと総入れ歯のそれぞれのお手入れが必要となります。また、少ない本数のインプラントで支えるため、1本でもトラブルが起こると総入れ歯を使えずに噛み辛くなる可能性が高くなります。現存歯やインプラントが入れ歯の下にくるためきちんと清掃をしなければ虫歯のリスクは上がると言えます。

インプラントオーバーデンチャーの種類

インプラントオーバーデンチャーといってもいくつか種類があります。
患者様のご要望や症例により使い分けられます。

インプラントオーバーデンチャー【ボールタイプ】

総入れ歯と接するインプラントのヘッド部分が丸くボール状になっているものを細いインプラントに接続させます。入れ歯の裏側にはピッタリと合う特殊な金具を付けてホックで留める様に入れ歯とインプラントを連結させて固定します。これにより簡単に入れ歯を留めたり外したり出来ます。

インプラントオーバーデンチャー【バータイプ】

埋め入れた専用のインプラント体をバーで連結し、入れ歯側にはピッタリと合うバーを挟み込むクリップを埋め込みます。入れ歯側のクリップで留める事により入れ歯を固定します。これにより簡単に入れ歯を留めたり外したり出来ます。

インプラントオーバーデンチャー【マグネットタイプ】

埋め入れた専用のインプラント体に磁石を引き寄せる金属を取り付け、入れ歯側に磁性アタッチメントを埋め込みます。埋め込まれた磁石の力でぴったりと吸着する着脱が可能な入れ歯です。非常にシンプルな構造なので簡単に装着取り外しができ、通常の義歯と比べてお手入れも簡単に済みます。また、磁性アタッチメントは通常の義歯の治療にも用いられており、歯冠が失われても歯根が残せる場合には歯根に固定用の磁石を埋め込みそれを利用して義歯を着脱することができます。

インプラントオーバーデンチャーが適している症例

現時点で総入れ歯を入れているが粘膜に入れ歯が食い込んでしまいきちんと噛めない方は適していると言えます。特に下顎(あご)の総入れ歯で悩まれている場合にはインプラントオーバーデンチャーがとても喜ばれる治療法です。

下顎(あご)に2本のインプラントを埋入する事で入れ歯の支えができ、飛躍的に噛む能力が向上します。無歯顎症例の場合には下顎(あご)に2本インプラントを埋入する設計がインプラントオーバーデンチャーのスタンダードとなっており、下顎(あご)においてはそれ以上のインプラントを入れてもあまり違いはないと考えられます。

また、若くして(30代、40代、50代)にて総入れ歯になった方にも適していると思われます。粘膜で支える入れ歯はどうしても骨の吸収(溶け)を起こします。骨の吸収(溶け)が起こった場合は入れ歯は不安定になりやすく難しい症例になります。長期に渡って入れ歯をしていく事を考えると骨の吸収(溶け)を防止する必要がありますので、その対応策としてインプラントオーバーデンチャーが適しています。

その他にも現在の入れ歯ががたつく、外れやすい、痛みがでるといった場合もインプラントオーバーデンチャーをお薦めします。インプラント治療を受けたいが費用を抑えたい、インプラント外科手術を最小限の範囲で行いたいという場合にもインプラントオーバーデンチャーを検討していただければと思います。

インプラント義歯(入れ歯)とは
インプラント義歯(入れ歯)とは
健康な歯を失ってしまった方の治療方法として、今も多くの方が入れ歯を選択しています。入れ歯治療は、保険が適用になるため費用を抑えることができ、また治療のリスクや失敗がほとんどありません。しかし、物を噛む力(咀嚼力)が天然の歯の1割〜3割程度と弱いため、かたいものが噛めなかったり、物がうまく食べれないなどの不快感もあります...
おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
親知らずの知識とケア方法
親知らずの知識とケア方法
親知らずとは 親知らずとは、前から数えて8番目の永久歯の一番奥に生える歯で、第三大臼歯といいます。親の手を離れた頃に生えてくることから、親知らずや智歯と呼ばれます。生えてくる時期は、一般的に17~21歳頃に生えてくるのですが、個人差があり、中には生えてこない人もいます。生え方にも特徴があるために、場合によっては口腔内の...
インプラントと骨結合
インプラントと骨結合
骨結合型インプラントについて 骨の中に金属などを埋め込むことを総称してインプラントと呼びます。しかし、私たち人間の体は自分以外の細胞や人工物が体内に入った場合には激しい拒絶反応を起こし異物を排除しようとします。こういった拒絶反応は私たちの体の免疫系統によってもたらされる自己防衛の能力なのです。そのため過去のインプラント...
動物と人間の歯の違い
動物と人間の歯の違い
人間の歯は、乳歯から永久歯へと1度だけ生えかわります。歯の数は、乳歯は20本で永久歯は28本(親知らずを含むと32本)です。動物にも歯がありますが、人間の歯と違い動物の歯は動物によっては一生歯が伸び続けたり、抜けても何度も生える歯をもつ動物もいます。動物と人間の歯はどのように違うのでしょうか。ご説明致します。 動物の歯...
ショートインプラント
ショートインプラント
ショートインプラントとは インプラント治療を行う際、インプラント体を顎の骨に埋め込む必要があるのですが、患者さんによっては顎の骨が不足していて、インプラントを埋め込む高さや幅が足りないことがあります。その場合、足りない骨の骨量を増やす骨造成という、外科的手術が必要となります。また骨造成は術後の経過を見てからインプラント...
スポーツと歯の関係
スポーツと歯の関係
近年、スポーツの際にマウスガードなどをつけて試合に臨んでいる選手をよく見かけます。実はスポーツと歯は、大きく関係をしているのです。中でも噛み合わせは大きな役割を担っています。スポーツで様々な力を入れる瞬間に、噛み合わせがパフォーマンスに影響しているのです。 正しい噛み合わせ 不正咬合などの悪い歯並びによって、噛み合わせ...
インプラントかブリッジかで悩んだとき
インプラントかブリッジかで悩んだとき
現在の歯科治療では、歯を失ったときの治療方法として、インプラント治療の他にブリッジ治療があり、どちらの治療法がいいのか悩んでいる方は多いかと思います。そのためにはまず、インプラントとブリッジのそれぞれのメリットとデメリットをよく知っておくことが大切です。 インプラントのメリットとデメリット インプラントは見た目が美しく...