インプラントオーバーデンチャー(義歯・入れ歯)

インプラントオーバーデンチャーとは?

歯が全く無い場合や歯を失った本数が多い場合には全ての部位にインプラントを行う場合もありますが、義歯(入れ歯)を併用する場合もあります。インプラントオーバーデンチャーとは、総入れ歯がずれる、外れる、痛い、ガタついて噛めないといった悩みがある方や殆どの歯を失ってしまった方に適した治療法です。隣り合っている複数の歯が失われた場合に欠けた本数よりも少ないインプラントを埋入して上部構造(被せ物)に連結した義歯をかぶせます。失った全ての歯の本数分だけインプラント体を埋入できない場合などに選択される事がある方法です。

オーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャーのメリット

インプラントオーバーデンチャーのメリットとしては総入れ歯がインプラントで固定されるため入れ歯が安定するという事です。そのため総入れ歯で多くの方が持つお悩みである入れ歯が外れたり、ずれたりすることが殆どなくなります。また、抜けた歯の本数以下のインプラント埋入のため費用が抑えられます。

インプラント埋入本数が少ないため外科手術の範囲が最小限となり身体への負担が少ない事もメリットと言えるでしょう。入れ歯が安定することにより噛む力が大きくなり、何でもよく噛めるようにもなります。構造がシンプルな事もありメンテナンスもしやすく、万が一入れ歯にトラブルが起こった場合でも入れ歯の修理が容易です。

インプラントオーバーデンチャーのデメリット

総入れ歯の治療と比較した場合にはインプラント埋入の外科手術が必要となるため、費用と身体への負担が増えます。メリットでもあるのですが、入れ歯が安定することにより噛む力が大きくなるため総入れ歯が割れたりすり減ったりしやすくなるのも特徴です。対応策としてメタルフレームで入れ歯を補強をしたり入れ歯の厚みをとるような工夫が必要と思われます。

通常のインプラント治療と比較した場合にはインプラントと総入れ歯のそれぞれのお手入れが必要となります。また、少ない本数のインプラントで支えるため、1本でもトラブルが起こると総入れ歯を使えずに噛み辛くなる可能性が高くなります。現存歯やインプラントが入れ歯の下にくるためきちんと清掃をしなければ虫歯のリスクは上がると言えます。

インプラントオーバーデンチャーの種類

インプラントオーバーデンチャーといってもいくつか種類があります。
患者様のご要望や症例により使い分けられます。

インプラントオーバーデンチャー【ボールタイプ】

総入れ歯と接するインプラントのヘッド部分が丸くボール状になっているものを細いインプラントに接続させます。入れ歯の裏側にはピッタリと合う特殊な金具を付けてホックで留める様に入れ歯とインプラントを連結させて固定します。これにより簡単に入れ歯を留めたり外したり出来ます。

インプラントオーバーデンチャー【バータイプ】

埋め入れた専用のインプラント体をバーで連結し、入れ歯側にはピッタリと合うバーを挟み込むクリップを埋め込みます。入れ歯側のクリップで留める事により入れ歯を固定します。これにより簡単に入れ歯を留めたり外したり出来ます。

インプラントオーバーデンチャー【マグネットタイプ】

埋め入れた専用のインプラント体に磁石を引き寄せる金属を取り付け、入れ歯側に磁性アタッチメントを埋め込みます。埋め込まれた磁石の力でぴったりと吸着する着脱が可能な入れ歯です。非常にシンプルな構造なので簡単に装着取り外しができ、通常の義歯と比べてお手入れも簡単に済みます。また、磁性アタッチメントは通常の義歯の治療にも用いられており、歯冠が失われても歯根が残せる場合には歯根に固定用の磁石を埋め込みそれを利用して義歯を着脱することができます。

インプラントオーバーデンチャーが適している症例

現時点で総入れ歯を入れているが粘膜に入れ歯が食い込んでしまいきちんと噛めない方は適していると言えます。特に下顎(あご)の総入れ歯で悩まれている場合にはインプラントオーバーデンチャーがとても喜ばれる治療法です。

下顎(あご)に2本のインプラントを埋入する事で入れ歯の支えができ、飛躍的に噛む能力が向上します。無歯顎症例の場合には下顎(あご)に2本インプラントを埋入する設計がインプラントオーバーデンチャーのスタンダードとなっており、下顎(あご)においてはそれ以上のインプラントを入れてもあまり違いはないと考えられます。

また、若くして(30代、40代、50代)にて総入れ歯になった方にも適していると思われます。粘膜で支える入れ歯はどうしても骨の吸収(溶け)を起こします。骨の吸収(溶け)が起こった場合は入れ歯は不安定になりやすく難しい症例になります。長期に渡って入れ歯をしていく事を考えると骨の吸収(溶け)を防止する必要がありますので、その対応策としてインプラントオーバーデンチャーが適しています。

その他にも現在の入れ歯ががたつく、外れやすい、痛みがでるといった場合もインプラントオーバーデンチャーをお薦めします。インプラント治療を受けたいが費用を抑えたい、インプラント外科手術を最小限の範囲で行いたいという場合にもインプラントオーバーデンチャーを検討していただければと思います。

インプラント義歯(入れ歯)とは
インプラント義歯(入れ歯)とは
健康な歯を失ってしまった方の治療方法として、今も多くの方が入れ歯を選択しています。入れ歯治療は、保険が適用になるため費用を抑えることができ、また治療のリスクや失敗がほとんどありません。しかし、物を噛む力(咀嚼力)が天然の歯の1割〜3割程度と弱いため、かたいものが噛めなかったり、物がうまく食べれないなどの不快感もあります...
おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
高齢者のインプラント治療を安全におこなうための注意点
高齢者のインプラント治療を安全におこなうための注意点
インプラント治療には年齢制限がないことから、近年では高齢者のインプラント治療も多くなっています。ただし、インプラント体を顎の骨に埋入する外科手術が必要なインプラント治療は、高齢者の場合リスクを伴う可能性も考えられることから、安全におこなうためには注意が必要です。 高齢者のインプラント治療を安全におこなうための注意点 全...
歯の根の治療「根管治療」とは
歯の根の治療「根管治療」とは
虫歯は進行すると、歯の神経にまで達してしまいます。虫歯が神経まで進行してしまうと、強い痛みを伴うようになり、進行状況によっては歯の根の治療「根管治療」をおこない、歯の神経である「歯髄」の除去が必要になる場合があります。歯髄には神経以外にも、動脈や静脈といった血管も走行しており、血管を通じて酸素や栄養を受け取ったり、老廃...
異常はないのに感覚がおかしい口腔心身症とは
異常はないのに感覚がおかしい口腔心身症とは
歯科(口腔)心身症とは 歯や歯茎、舌や口唇など口に関連する器官の感覚に異常が現れていると思っているのに、治療してもなかなか改善せずに原因が分からないということがあります。こうした患者さんの中には、歯科(口腔)心身症の疑いがある場合があります。 歯科の治療対象の場所である口、顔、顎には、知覚神経が多く存在します。口唇や口...
インプラント術後の過ごし方
インプラント術後の過ごし方
インプラント手術後・治療後 インプラント治療はインプラント手術が無事に終わってもそれで終わりではありません。 治療法にもよりますが、基本インプラント体が骨としっかりと結合するまでは約3ヶ月〜6ヶ月の治癒期間を必要とします。そして骨と結合が確認出来てから人工歯(被せ物)を装着します。治療が終わってもご自身でのセルフメンテ...
サイナスリフト
サイナスリフト
サイナスリフトとは 歯を失ってしまった時のためにインプラントという治療法がありますが、インプラント治療の際、患者さんの骨の状態によっては十分な骨の幅や高さがなくて、インプラント治療ができない場合があります。特に上顎の骨の上(眼下の顎骨あたり)には上顎洞(じょうがくどう)と呼ばれる大きな空洞があり、上の奥歯を失ってしまっ...
骨粗鬆症の薬、ビスフォスフォネート系薬剤に注意
骨粗鬆症の薬、ビスフォスフォネート系薬剤に注意
骨粗鬆症とは 私たちの体の骨は、常に古い骨を破壊し(骨吸収)、破壊した部分を修復する(骨形成)ことで、丈夫で健康な状態を保っています。この骨吸収と骨形成のバランス(骨代謝)が崩れることで骨が痩せてしまい、脆くスカスカな状態になり、骨折しやすくなってしまう病気のことを骨粗鬆症といいます。 特に高齢者にとって骨粗鬆症は、大...
インプラントの治療費用を医療費控除で軽減する
インプラントの治療費用を医療費控除で軽減する
インプラント治療費用の医療費控除とは インプラント治療にかかる費用は決して安いとは言えません。ですが、医療費が10万円を超える場合は一部の医療費用が戻ってくる「医療費控除」をご存知ですか?しっかりと申告をし治療費を安くして、お得にインプラント治療を受けましょう。 インプラントは医療費控除の対象になるの? 医療費控除は1...