高齢者の歯科治療

高齢になると、歯を失ってしまうことが多くなるのですが、高齢になるから歯を失うのは仕方ない、と思っている方も多くいらっしゃいます。しかし、高齢の方でもご自身の歯が20本以上残っている方もいます。それでは、この歯の残存数の違いは一体何なのでしょうか。大きな違いとして、歯を失っている方の多くが歯周病にかかっているなどの、口腔内にトラブルが起こっていることが原因で歯を失っているのです。口腔内のトラブルになる要因として、正しい歯磨きができていなかったり、虫歯や歯周病になっているのに歯科医院で治療せず、そのまま放置していたり、定期的に歯のクリーニングをおこなっていないということが挙げられます。歯を失ってしまった場合にも治療せずにそのまま放置している方も多く、それが原因で様々な体のトラブルも起きている場合があります。

それでは高齢者の歯の問題が引き起こす、口腔内や体のトラブルにはどのようなものがあるのでしょうか。また失った歯を補う治療法はどのようなものがあるのでしょうか。ご説明いたします。

歯の問題が引き起こす口腔内のトラブル

歯周病などで歯を失ってしまった場合、そのまま放置してしまうと口腔内に様々なトラブルが起こります。

胃腸などに負担がかかる

失ってしまった歯を治療せずにそのまま放置してしまうと、隣の歯が徐々に空いたスペースに傾いてしまいます。それによって噛み合わせが悪くなってしまい、食べ物をしっかりと噛むことができなくなるため、咀嚼の効率が悪くなり胃腸などの消化器官に負担がかかってしまいます。

虫歯や歯周病になるリスクが高くなる

失った歯の部分に隣の歯が傾いていまうことで歯並びも悪くなってしまいます。歯並びが悪くなると、歯磨きなどで歯ブラシが磨きにくい場所が出てきてしまうため、磨き残しが起きてしまい虫歯や歯周病になるリスクが高くなってしまいます。特に高齢者の歯周病は全身疾患を引き起こす危険性もあるため注意が必要です。

歯周病のリスクと対処方法
歯周病のリスクと対処方法
歯周病とはどんな病気? 歯周病とは細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいるとそこに多くの細菌が停滞して(プラークの蓄積)歯肉の辺縁が炎症を帯びて赤く腫れたりします。そして進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなって歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯...

ドライマウスを引き起こす

噛み合わせが悪くなると咀嚼がしにくくなるため、唾液の分泌量が減ってしまいます。唾液の分泌量が減ってしまうことによって口腔内が乾燥してしまい、ドライマウスになってしまいます。ドライマウスは口臭を引き起こしたり、味覚異常や、舌や口の粘膜に痛みを感じるといった症状が見られます。

高齢者の歯のトラブルなどが招くさまざまな病気

高齢者が引き起こす最も多い歯の問題は、歯周病です。歯周病は、進行してしまうと全身が歯周病菌に侵されてしまうという恐ろしい病気なのです。歯周病が進行してしまうと、歯と歯茎の隙間から歯周病歯が侵入してしまい、歯根に通っている血管の中にまで入り込んでしまうと、体全身に菌が回ってしまい体に様々な悪影響を及ぼしてしまいます。

歯周病が原因で引き起こす疾患として、糖尿病があります。糖尿病は歯周病の合併症だといわれており、糖尿病の方はそうでない方と比べると、歯肉炎や歯周炎にかかっていることが多いという結果報告もされています。さらに、歯周病になると糖尿病の症状が悪化したり、逆に歯周病を治療すれば、糖尿病も改善されるということが分かっています。その他にも、狭心症や心筋梗塞などの心臓疾患や、脳の血管が詰まってしまう脳梗塞なども歯周病を関係しています。また歯周病によって歯を失ってしまうことが、アルツハイマー型認知症にも関係していることが分かってきています。アルツハイマー型認知症は脳が萎縮するのが特徴ですが、歯の数が少ない方ほど脳の委縮が進んでいるということもわかっています。

高齢者のインプラント治療

歯を失ってしまった場合、入れ歯やインプラントによって補うことができるのですが、高齢者のインプラント治療は場合によっては治療が受けられない場合があります。基本的に年齢制限はないのですが、インプラント治療は手術を伴うため、手術に耐えられるだけの体力や健康状態が重要になります。また、歯を失ってもそのまま放置していると、その部分の顎の骨が徐々に痩せてしまいます。高齢になるにつれて骨は痩せていくのですが、インプラント治療の際にインプラント体を埋入するだけの十分な骨の量や高さが足りなくなってしまうこともあるため、治療をおこなうためには骨を増やす手術が必要になってしまいます。

入れ歯よりもしっかりと食べ物を噛むことができ、脳にも直接刺激を伝えることができるインプラントですが、高齢者の場合、入れ歯からインプラントに変える方も多くいらっしゃいます。入れ歯の場合、顎の骨に直接結合していないため脳に刺激が伝わらないため、脳が萎縮し認知症を発症することもあります。そのため、外した入れ歯が何処にあるか分からなくなったなどのトラブルも起きています。

本来はご自身の健康な歯を残すことが最も理想的であり、心と体の健康にも大きな影響を与えます。しかし、どうしても失ってしまった歯は元には戻りません。その時にインプラント治療をおこなうことで快適な生活を取り戻すことも可能なのです。今後インプラント治療をお考えの方は、一度、大分県のかかりつけの歯科医院でのカウンセリングを受けていただくことをお勧めいたします。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
虫歯が死の原因になる?
虫歯が死の原因になる?
虫歯は歯科医院で治療をすることで治ります。初期で軽度な虫歯であれば歯の再石灰化で自然に歯を修復したり、歯科医院での簡単な治療で済みます。しかし進行してしまい、重度の虫歯になってしまうと、歯の大部分を削り金属やセラミックなどで詰め物や被せ物をする処置が必要となり、最悪の場合は歯を抜かなければいけなくなってしまいます。それ...
インプラントは誰でも受けられる?
インプラントは誰でも受けられる?
インプラントが出来ない場合もある? 近年ではインプラント治療も注目され入れ歯やブリッジなどに比べ違和感が少なく天然の歯と同様な見た目と咀嚼力(噛む力)を持つようになりました。そんなインプラント治療ですが、人によっては治療が受けれない場合があります。 インプラント手術は歯茎を切り開き、顎の骨にインプラントを埋め込む外科手...
歯科放射線について(X線)
歯科放射線について(X線)
歯科医院では、レントゲンや撮影でのX線検査により、隠れた虫歯や細くて複雑に分岐した根管、歯槽骨の減り具合や骨密度、歯茎の奥に溜まった歯石だけでなく歯や歯の周り、顎の骨格まで総合的に把握することができます。しかしその場合、X線検査による被爆が気になる方も多いのではないでしょうか。医院によっては、問診票にレントゲン撮影を希...
差し歯が取れてしまったら
差し歯が取れてしまったら
自分で処置せず歯科医院で処置する もしも、すぐにかかりつけの歯科医院に行くことができない状況で差し歯が取れてしまったら、とても不安になってしまいますし、取れてしまった歯の部位によっては人前に出ることも恥ずかしくなってしまうこともあります。そのため、どうにかしようとご自身で応急処置をしてしまう方がいらっしゃいますが、決し...
スマホ依存が口に及ぼす影響
スマホ依存が口に及ぼす影響
近年、多くの方がスマートフォン(スマホ)を使用しています。スマホによって様々なことが手軽におこなえることから、さらに普及は進んでいます。しかし、長時間使用する「スマホ依存」によって口腔内に悪影響を及ぼしてしまう可能性も指摘されています。スマホ依存が口腔内にどのような悪影響を及ぼすのでしょうか。 スマホ依存が口腔内に及ぼ...
動物と人間の歯の違い
動物と人間の歯の違い
人間の歯は、乳歯から永久歯へと1度だけ生えかわります。歯の数は、乳歯は20本で永久歯は28本(親知らずを含むと32本)です。動物にも歯がありますが、人間の歯と違い動物の歯は動物によっては一生歯が伸び続けたり、抜けても何度も生える歯をもつ動物もいます。動物と人間の歯はどのように違うのでしょうか。ご説明致します。 動物の歯...