インプラントとは

インプラントとは?

大分県でインプラント治療をお考えの方へ

インプラントとは、体内に埋め込まれる器具の総称で、医療目的で広く行われている治療法です。
整形外科での治療で使用するボルトや、心臓ペースメーカー・人工内耳もインプラントの種類で、歯科においては歯科インプラント・デンタルインプラントと呼ばれ、今では歯科インプラントの認知度は高く、インプラントと言えば一般的に歯科インプラントの事と認識されています。

歯科インプラントとは虫歯や事故で歯を失った時に、失われたれた歯根に代えて顎骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を装着する治療法です。インプラント治療は、ブリッジや有床義歯と比較して、天然の歯の状態により近い、強くて美しい歯を取り戻せる場合があり「第二の永久歯」と呼ばれます。また治療の為の手術の際、周囲の歯を削ったり、周囲の歯に負担をかけたりしないのが特徴です。大分県でインプラント治療をお考えの方はまずインプラントとはどういった治療なのかをよく知り、信頼のおける大分の歯科医院で治療をうけましょう。

インプラントは基本的には3つのパーツからできています。

顎骨の中に埋め込まれる部分・歯根部(インプラント体)、インプラント体の上に取り付けられる支台部(アバットメント)、歯の部分に相当する人工歯(上部構造)、この3つから構成されています。

インプラント体の材質は、チタンまたはチタン合金で、大きさは直径が3~5mm、長さは6~18mmです。アバットメントの材質は、チタン、チタン合金、ジルコニアなどで、
上部構造の材質はレジン(プラスチック)、セラミック(陶器)、セラミックとレジンを混ぜたハイブリッドセラミック、金合金などが使用されています。

埋め入れるインプラント体には種類があり、
インプラント体とアバットメントが一体化している「1ピースタイプ」、
インプラント体とアバットメントをネジで連結する「2ピースタイプ」とがあります。

インプラントの基本的な手術方法

インプラントの術式は大きく二つに分けられます。
手術を1回だけ行う「1回法」と、手術を2回に分けて行う「2回法」があります。

1回法
インプラント体を埋める部位の粘膜を切開し、骨を露出させ、ドリルで穴を開けてワンピースインプラントを埋め込みます。
ツーピースインプラントの場合は、インプラント体を埋め込み、同時にアバットメントを連結する方法となります。

2回法
1回法と同じように、インプラント体を埋める部位の粘膜を切開し、露出させた骨にインプラント体を埋め込んだ後、上部の穴にカバースクリュー(インプラント体上部に装着するネジ)を付け、切開した粘膜を糸で縫い合わせて1回目の手術は終了です。インプラント体と骨が結合するまで、上顎(上あご)では約5カ月前後、下顎(下あご)では約3カ月前後の治癒期間を設けます。
2回目の手術は、カバースクリューの上の粘膜を切開して、カバースクリューを除去した後、
アバットメント上部に、仮のヒーリングキャップ(ヒーリングアバットメントとも呼びます)を連結します。ヒーリングキャップとは、一時的な蓋の事で、アバットメントに汚れが入り込んだり、
傷ついたりすることを防ぐ働きがあります。粘膜の治癒を約2~3週間ほど待った後、本物のアバットメントを連結します。

1回法は、手術が1回で済むため、患者様への負担が比較的少なくなるのですが、骨が量的にも質的にもいい場合にしか適用されません。
骨の量が少なく骨移植が必要だったり、骨がやわらかい場合、骨の状態が良くない患者さんには2回法が適用されます。

インプラントのメリット

入れ歯やブリッジでは、噛み心地が良くない・残っている健康な歯を削らなければいけない・味覚に影響する、などとといったデメリットがありますが、インプラントはこれらの欠点を補う事が期待できます。
他にもこのようなメリットがあります。

  1. むし歯にならない
  2. 入れ歯やブリッジのように取り外す面倒がかからない
  3. 独立した歯をつくるため、隣の歯を削る必要がなく、他の歯に影響しない
  4. 天然歯とほぼ同じ咀嚼能力・かたいものもしっかり噛めるので、食べ物の食感が楽しめ、食べ物をおいしく味わえる
  5. 歯槽骨の吸収を抑制できるので、顎(あご)の骨がやせない
  6. 天然歯と見分けがつかないほど審美性が高く見栄えが良いので、人前でも気にせず笑える
  7. アレルギーが起こりにくい、劣化しにくい素材で安全性が高い
  8. 天然歯と同じ感覚でお手入れしやすい

インプラントのデメリット

インプラントにはメリットばかりではありません。デメリットも把握しておく必要があります。

  1. インプラントを顎(あご)の骨に埋め込む為、外科的手術を受けなければならない
  2. 他の外科的処置同様、処置に伴う痛み・腫れ・出血・合併症の可能性がある
  3. 治療時間が長くなる事が多い
  4. 体質により、まれにインプラントが体に合わない場合がある
  5. 治療後のメンテナンスを怠るとインプラントの維持が難しくなる為、定期的なメンテナンスが必要
  6. 治療費が比較的高額である

 

心配な事、不安な事があれば、歯科医師に十分に確認するようにしましょう。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
噛むと痛い「歯根膜炎」とは 
噛むと痛い「歯根膜炎」とは 
歯根膜炎とは、歯周組織を構成している歯根膜が炎症を起こしている状態をいいます。歯根膜は、噛んだ時に加わる歯への圧力を分散する、クッションのような役割を果たしており、コラーゲン線維の豊富な結合組織で「歯周靭帯」とも呼ばれています。この歯根膜が様々な要因によって炎症を起こした状態を「歯根膜炎」といい、噛むだけでも痛みを伴...
血友病患者の歯科治療
血友病患者の歯科治療
血友病とは 血液は血管を通って、体中を巡っています。血管には、静脈、動脈と毛細血管があり、これらの血管が破損してしまうと出血が起こります。出血は皮膚の切ったり擦り傷の場合の表面、または打ち身などの内出血の場合は体の中で起こり、多くの場合は体は血液が固まる過程である、凝固により傷ついた血管を修復することができます。血友病...
健康寿命と歯の関係
健康寿命と歯の関係
健康寿命と歯の関係 近年、高齢化が進む日本ですが、健康に長生きするためには咀嚼する、いわゆる「よく噛むこと」が重要視されています。年齢や治療中の病気や生活習慣などの影響などを除き、歯が多く残っている人や、歯の本数は少なくても義歯などを入れている人の方が、歯が少ない人や、義歯を入れていない人とを比較すると、その後に認知症...
よく耳にするキシリトールとは?
よく耳にするキシリトールとは?
キシリトールとは 最近ではよく聞くようになったキシリトール。 キシリトールとは、糖アルコールという甘味炭水化物の仲間であり、いちごやラズベリー、ほうれん草にも微量に含まれている天然の甘い成分です。市販されているキシリトールの含まれている商品は、白樺や樫などの樹木から抽出したキシランヘミセルロースという物を原料にして工業...
肩こりと歯痛の関係
肩こりと歯痛の関係
今まで虫歯がないのにもかかわらず、歯が痛いと感じたことがある方は多くいらっしゃると思います。その場合、歯科医院で診てもらっても痛みの原因をはっきりと特定できないこともあります。しかし歯科医院によっては、原因の特定ができないため歯を削ったり神経を抜いてしまう場合もあります。ですが原因は歯にないため、痛みはなくなることはな...
インプラントの寿命
インプラントの寿命
第2の永久歯と言われる理由 抜けた歯を補う治療法として永久歯を失った場所に人工歯根を埋入することで、本来の歯の機能を取り戻すインプラント治療は、機能性・審美性ともに優れた治療法です。しかし、治療の質やインプラント埋入後の過ごし方によってはその寿命を縮めてしまう恐れがあります。第2の永久歯といわれるインプラントの寿命や、...
昔と現代的な歯科治療の違い
昔と現代的な歯科治療の違い
これまで虫歯の治療法というと、歯を削ることが主流でした。命に関わることでもないからと、虫歯や歯周病といった口の中のトラブルは、ついつい放置しがちになってしまい、痛みが出て初めて歯医者さんに行き、痛みさえとってもらえばいいと思い応急の治療を受けた結果、歯を削ったり、神経を抜かれたりして、口の中が詰め物だらけになってしまっ...