インプラントの手術方法は

1回法と2回法

失った歯を補う方法のひとつにインプラント治療が挙げられますが、顎の骨に土台を埋入して人口の歯を固定する方法は天然歯に近い使用感を得られますが手術を必要とします。そのインプラント手術を大きく分けると「1回法」と「2回法」という方法に分かれます。
どちらの治療方法が良いというわけではありません。インプラントは1950年にスウェーデンの科学者「ブローネマルク博士」によって発見されたもので、最も歴史のあるインプラントであり、研究や臨床報告も非常に多数があり現在で最も信頼性のあるインプラントの一つとなっています。

2回法

歯肉を切開する外科手術を2回行う治療法です。2回法では1時手術で歯肉を切開し、顎の骨から歯肉を剥離してインプラント(人工歯根)を顎の骨に埋入する手術をおこなった後、一度歯茎を閉じます。そしてインプラントと骨が結合するまで安静に治癒期間をおきます。治癒期間は顎の骨の状態によって変化しますが、おおよそ2~6か月です。骨が足りずに骨造成手術をインプラント埋入と同時におこなった場合は、約6か月ほどしっかりと治癒期間を設けます。

治癒期間でインプラントが安定したら2次施術で再び歯肉を切開または丸くパンチング(丸い穴を開ける)して、インプラントの頭を出しカバースクリューを取り外して治癒用のアバットメント(人工歯の支台となる部分)を取り付けます。(この時に正式なアバットメントを取り付ける場合もあります。歯肉が治癒したら正式なアパッチメントをインプラントに取り付けます。その後アパッチメントに人口の歯(上部構造)を装着します。このように2回に分けて外科手術をするために2回法と呼ばれています。

1回法

手術を1回行う治療法。
2回法と違い1回の手術で外科手術を1回しか行わないのが「1回法」になります。2回法と同様に歯肉を切開し、インプラントを埋入します。この時にインプラントはアパッチメントと一体化したものを使用します(1度の手術で装着する)。アパッチメントはその一部を歯肉の上に露出した状態にしておきます。この状態で顎の骨とインプラントがしっかり結合する治癒期間を経て人工歯(上部構造)をアパッチメントに取り付けてインプラント治療は完了です。

即時負荷インプラント

1回法手術のうちの一つが即時負荷インプラントになります。
インプラントを埋入したその日のうちに仮歯を装着し負荷をかけられる治療法が「即時負荷」になります。インプラント治療を考えているが治療回数や治療期間が掛かるために治療に踏み切れないという患者様向けのインプラント治療法です。通常はインプラントを骨に埋め込んでからインプラントが骨に癒着(固定)するまで上顎(あご)で約3ヶ月、下顎(あご)で約2ヶ月ほどかかります。その後に型を取って被せ物の装着を行いますのでどうしても時間がかかります。即時負荷インプラントとはインプラントを埋入した当日に固定式の仮歯を作製して装着する治療法です。

オールオン4

多くの歯をなくした方、総入れ歯をお使いの方、歯周病などが原因で歯がグラグラしている方に適した最先端のインプラント治療法。4本のインプラント体をバランスよく骨に埋入しする事ですべての人工の歯を支えることが出来ます。従来のインプラント治療はなくなった歯の数分のインプラントを埋入したり、骨の移植をする必要がありました。

それにより手術の長時間化、術後の腫れ、高額な治療費の問題など様々なデメリットがありました。オールオン4は必要最低限の本数(片顎4本~6本)のインプラントを埋入し12本の人工歯を支えるというインプラント治療法です。1つにつながった固定式の人工歯を固定することでカラダの負担を軽減。比較的短期間で治療を終えることができます。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
異常はないのに感覚がおかしい口腔心身症とは
異常はないのに感覚がおかしい口腔心身症とは
歯科(口腔)心身症とは 歯や歯茎、舌や口唇など口に関連する器官の感覚に異常が現れていると思っているのに、治療してもなかなか改善せずに原因が分からないということがあります。こうした患者さんの中には、歯科(口腔)心身症の疑いがある場合があります。 歯科の治療対象の場所である口、顔、顎には、知覚神経が多く存在します。口唇や口...
口内炎の知識
口内炎の知識
口内炎の症状 口内炎の症状はその原因によって大きく異なります。多くは口腔内や口唇、舌に数ミリ程度の円形~類円形の口内炎が散在します。口内炎による粘膜病変は水疱や潰瘍、びらん、白苔など多岐にわたりますが、口内炎は周辺の粘膜よりやや盛り上がり中心部はびらんや潰瘍、水疱などが生じます。周辺部は赤く充血していることが多く稀に出...
昔と現代的な歯科治療の違い
昔と現代的な歯科治療の違い
これまで虫歯の治療法というと、歯を削ることが主流でした。命に関わることでもないからと、虫歯や歯周病といった口の中のトラブルは、ついつい放置しがちになってしまい、痛みが出て初めて歯医者さんに行き、痛みさえとってもらえばいいと思い応急の治療を受けた結果、歯を削ったり、神経を抜かれたりして、口の中が詰め物だらけになってしまっ...
歯医者さんが嫌いでもちゃんと診てもらいましょう
歯医者さんが嫌いでもちゃんと診てもらいましょう
子供の頃に歯医者さんは怖いところと思っていて、大人になっても怖いところというイメージが残ってしまっている方は多くいることと思います。子供の頃のイメージはとても強く一種のトラウマのように脳裏に残ってしまいます。 歯医者=痛い・怖いということが先行してしまい、そのためにたとえ虫歯になってしまっても歯医者さんに行くことが出来...
動物と人間の歯の違い
動物と人間の歯の違い
人間の歯は、乳歯から永久歯へと1度だけ生えかわります。歯の数は、乳歯は20本で永久歯は28本(親知らずを含むと32本)です。動物にも歯がありますが、人間の歯と違い動物の歯は動物によっては一生歯が伸び続けたり、抜けても何度も生える歯をもつ動物もいます。動物と人間の歯はどのように違うのでしょうか。ご説明致します。 動物の歯...
インプラント治療は痛くないのでしょうか?
インプラント治療は痛くないのでしょうか?
インプラント治療を考えているけれど、痛みが心配でなかなか治療に踏み出せない方も多いのではないでしょうか。メリットの大きい治療法ではありますが、手術が必要になるために手術や術後の「痛み」がどの程度あるのかということは、一番気になることではないかと思います。 インプラント手術は痛みを伴うのか、痛みはどの程度継続するのかにつ...
抜歯即時インプラントとは?
抜歯即時インプラントとは?
抜歯即時インプラントとは? 抜歯即時インプラントとは、その名前のとおり、抜歯をすると同時にインプラントを埋め込む術式です。抜歯をするための麻酔が効いている間にインプラントを埋め込むので、患者さんの負担も軽減されます。また手術も1回で済むため、治療期間が大幅に短縮されます。 従来のインプラント治療の場合、抜歯が必要と判断...
歯の神経を取るとどうなる?
歯の神経を取るとどうなる?
虫歯になってしまい、虫歯が進行してしまうと治療方法の一つとして歯の神経をとる「抜髄」といわれる治療がおこなわれます。 今まで虫歯治療は、虫歯になってしまった患部を削り、詰め物をすることが一般的だとされてきました。しかし、近年では安易に虫歯を削ってしまうことで、逆に症状が悪化してしまい、結果抜く必要のなかった歯を抜かなく...