インプラント治療の流れ

インプラント治療の一般的な流れ

ご自身の歯を失ってしまった場合、現在の歯科医療での治療方法には、入れ歯、ブリッジ、そしてインプラントがあります。その中でもインプラント治療は審美的にも優れ、噛み心地も本物の歯と変わらないなどのメリットもあり、近年人気の高い治療法です。 しかしインプラント治療は外科手術が必要となるため、ほかの治療法と比べても治療にかかる期間は長くなってしまいます。

インプラント治療の一般的な流れとしては、まず歯科医師が患者さんのご希望やご要望、治療に対しての質問やご自分の歯の悩みなどをカウンセリングします。それから、治療前に口内に虫歯や歯周病などがある場合は、手術中でのあらゆるリスクを回避するため治療を行います。患者さんによってはインプラントを没入するための骨が足りない場合があります。その場合が骨造成を行うなどして、インプラント手術ができる状態にする必要があります。

治療後は全身や口腔内の状態を把握するためレントゲン、CT撮影などによる検査を行い、治療方法や治療にかかる費用やお支払い方法のご説明、期間などのご相談を行い、患者さんがご理解ご納得をした上で、インプラント治療という流れになります。

インプラント治療は、歯を失った顎の骨の中に人工歯根(フィクスチャー)を埋め込んで土台をつくり、その上に人工歯を装着する治療法です。手術は骨の状態などに合わせて「1回法」もしくは「2回法」のどちらかを行います。2回法とは、字の通り2回の外科手術を行いインプラントを装着する治療法です。1回目の手術で歯茎を切開して人工歯根を顎の骨に埋入し、その上に歯茎を被せて縫合します。そしてインプラントが顎の骨としっかりと結合するまで約2ヶ月〜6ヶ月の治癒期間をおきます。※必要に応じて仮歯を入れるケースもあります。

インプラントが顎の骨と結合したことを確認できたら、再び歯茎を切開してインプラントの頭を露出させ、そこにアバットメント(人工歯の支台となる部分)を取り付けて、アバットメントに人工歯を装着します。

1回法と2回法とは?

1回法とは、インプラントの外科手術1回しか行わない治療法のことを言います。手術では歯茎を切開してインプラントを埋め込む際に、アバットメントを歯茎から露出した状態にしておきます。このままインプラントが顎の骨にしっかりと結合するまで待ち、その後、アバットメントに事前に口内全体の歯型を取り人工歯を製作した人工歯(上部構造)を装着します。

1回法は歯茎を切開する外科手術が1回で済むため、患者さんのご負担が軽減されるというメリットもありますが、顎の骨の量が少ない場合は適応できない場合があり、また骨造成を併用する場合は、2回法より細菌感染のリスクが高いというデメリットもあります。

2回法は歯茎を切開する外科手術を2回行う必要があるため、治療期間に長い時間が必要となるため、患者さんのご負担がかかるといったデメリットはありますが、顎の骨の量がやや少ない場合も含め、ほとんどの症例において適用できます。

また1回目の手術の際、歯茎を被せて治癒期間を設けるため、細菌感染のリスクが低く、インプラントと同時に造骨法を行う場合などにも適しています。1回法、2回法のどちらがご自身に合っているかは、大分県の歯科医師とご相談いただくことをお勧めいたします。

1Dayインプラント治療と流れ

従来のインプラント治療にかかる約4ヶ月という不自由な期間を、1Dayインプラント治療は名前のとおり、1日の間でインプラント埋入から上部構造を装着することができる治療法です。インプラント手術をした翌日から仕事を含め通常の生活に戻ることができます。それは「抜歯即時埋入インプラント」という治療法を採用しており、抜歯と同時にインプラントを埋入し、すぐに仮歯を入れるという治療法です。歯のない期間を必要としないため、ストレスが少なく治療期間も大幅に短縮されるので、患者さんの精神的・肉体的負担のみならず、経済的な負担も少なくなります。

1Dayインプラント治療は、ほとんどの歯を失っている方や、総入れ歯で今後インプラントをお考えの方に特におすすめの治療法です。

1Dayインプラント治療の流れとしては、当日にオペをするため、ある程度時間に余裕を持ってご来院していただきます。手術の前には、口腔内の細菌感染を防ぐために事前に口の中全体を消毒します。歯肉の状態チェックや口腔内のクリーニングなどを済ませた後、麻酔をしてインプラント体の埋入手術を開始します。 症例によっては抜歯をする場合もあります。またインプラントを埋めるための顎の骨が少ない場合では、骨移植や骨造成を必要とすることもあります。手術では、まずは歯肉の切開を行い、顎の骨のあらかじめ決められた埋入位置にドリルで穴を開けて3~6本のインプラントの埋入を行います。埋入が終わったら、切開した部分を傷跡が残らないよう丁寧に縫合します。

インプラント埋入後、インプラントに装着する上部構造(人工歯)の噛み合わせやバランスを調整するために術中に型を取ります。その際、大分県の歯科医院によって異なりますが、仮歯ではなく最終的な人工歯となる上部構造を装着することも可能です。

上部構造の噛み合わせ等をしっかりと確認するために、作製の途中で仮歯を装着しながらの調整を行います。その際、噛み合わせとバランスを確認して、しっかりとした歯の作製および調整が完了してから、作製した仮歯を装着して終了となります。しっかりと作成された仮歯ですので、あまり固いものは噛めませんがその日のうちに軽い食事をすることも可能になります。

仮歯の場合は、約2ヶ月〜6ヶ月の治癒期間をおいてからインプラントと顎骨が結合したことを確認し、改めて歯型を採取して人工歯を作製します。人工歯を作製してから仮歯を外し、最終的な人工歯となる上部構造を装着します。これでインプラント治療の完了となります。

1Dayインプラント治療の注意点

1Dayインプラント治療の注意点ですが、オペ直後は、硬い食べ物を避けたり刻んで噛みやすくしたりするなど、食事に工夫が必要となります。また骨に定着するまでの治癒期間中は、できるだけ適度な力で噛むように心がけてください。

1dayインプラントを希望された患者さんの中には、歯や顎骨の状態によって通常のインプラント治療をおすすめする場合があります。

また当日がオペのため、もしも体調がすぐれない場合は、できるだけ早めに歯科医師や歯科衛生士にお伝えください。

インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
インプラントと骨粗しょう症
インプラントと骨粗しょう症
骨粗しょう症でもインプラント治療は可能? 骨粗しょう症に罹患していると骨密度が低下します。きちんと骨の状態を検査した上で適切な治療を行うことが必要となります。それでもインプラント治療への影響は少ないとされており骨粗しょう症でもインプラント治療は十分可能です。また、骨の量が少ない場合でも骨を移植したり再生させる治療法もあ...
インプラントの特徴
インプラントの特徴
急な事故や怪我、または虫歯や歯周病で歯を失ってしまった時の補填治療法には、インプラント、入れ歯、ブリッジ治療があります。それぞれの治療法にはメリットとデメリットがあるため、しっかりと理解した上で、ご自身にあった治療法を選択することが大切です。 インプラント特徴 噛む力(咀嚼力) 噛む力を天然の歯とそれぞれ比較すると、イ...
親知らずの知識とケア方法
親知らずの知識とケア方法
親知らずとは 親知らずとは、前から数えて8番目の永久歯の一番奥に生える歯で、第三大臼歯といいます。親の手を離れた頃に生えてくることから、親知らずや智歯と呼ばれます。生えてくる時期は、一般的に17~21歳頃に生えてくるのですが、個人差があり、中には生えてこない人もいます。生え方にも特徴があるために、場合によっては口腔内の...
口内炎の知識
口内炎の知識
口内炎の症状 口内炎の症状はその原因によって大きく異なります。多くは口腔内や口唇、舌に数ミリ程度の円形~類円形の口内炎が散在します。口内炎による粘膜病変は水疱や潰瘍、びらん、白苔など多岐にわたりますが、口内炎は周辺の粘膜よりやや盛り上がり中心部はびらんや潰瘍、水疱などが生じます。周辺部は赤く充血していることが多く稀に出...
歯を磨くベストタイミング
歯を磨くベストタイミング
私たちが毎日おこなっている歯磨きですが、虫歯や歯周病予防のためにとても大切な事です。では、歯を磨くのに一番良いタイミングはあるのでしょうか?歯を磨くタイミングによっては、虫歯や歯周病により効果的な場合があります。理想の歯磨きのタイミングや、その際の正しい歯磨きをご説明いたします。 理想の歯磨きのタイミング 基本的に、健...
銀歯が使われるのは日本だけ?
銀歯が使われるのは日本だけ?
虫歯になってしまった際に、歯を削った後に詰め物に使用される銀歯。治療費も安く丈夫であることから、現在でも銀歯を詰める治療はおこなわれています。しかし、歯科先進国の中で銀歯が主流なのは実は日本以外にほぼ無いのです。海外では虫歯の詰めものや被せものには金属を使うことはなく、基本的にレジン(プラスチック素材)などを使用して治...