インプラント周囲炎を予防しよう

インプラント周囲炎とは

インプラント治療後のトラブルとして最も多いのが インプラントの歯周病である「インプラント周囲炎」で、インプラントを支える骨が溶けてしまうという症状です。口腔内は常に細菌の侵攻にさらされており、インプラント周囲の歯茎や顎の骨などは、抵抗力が低いため、歯周病菌に侵されてしまい炎症を起こすと、急速に骨の破壊が進んでしまいます。

症状は、健康な歯の歯周病と同様なのですが、感染した際の炎症が弱く、さらに歯の動揺が少ないため、自覚症状がほとんどないのが特徴です。インプラント周囲炎は、悪化の進行の速度が天然の歯と比べて非常に速く、歯周病が悪化するスピードの10~20倍の速さで進行してしまいます。インプラント周囲炎を治療せずに放置してしまうことによって、骨が溶かされてしまうと、次第に歯がグラグラと揺れ始め、最後にはインプラントを支えることができなくなってしまい、インプラントが脱落してしまう危険性があるのです。

インプラント周囲炎の原因

口腔内で歯周病の原因菌が増殖すると、歯茎が炎症を起こしやすくなります。特に、インプラント周辺のケアを怠ってしまうと、歯垢(プラーク)や歯石が歯や歯と歯茎の隙間に付着してしまい、その中に含まれる歯周病菌の影響で、歯茎が炎症を起こしてしまうのです。また、歯周病が生活習慣や全身疾患に影響されて進行するように、インプラント周囲炎も様々な要因に左右されます。喫煙の習慣があると、タバコに含まれるニコチンによって、毛細血管が収縮してしまい血流が阻害されるので、歯茎に栄養や酸素が行く届きにくくなるため、歯茎の健康を保つことが難しくなります。歯周病もインプラント周囲炎も感染症なので、身体の免疫力が弱まると発症しやすくなり、進行してしまうのです。さらに、糖尿病と歯周病には密接な関連が指摘されていて、悪化するときはどちらも悪化の傾向を示し、症状が良くなると、どちらもよい傾向を示すといわれています。他にも、歯ぎしりや食いしばりにの癖がある場合、過重な力がインプラントにかかってしまいます。これが過大な負荷となるため、インプラント体にも衝撃が伝わり、負荷がかかることが、インプラント周囲炎の引き金になると考えられています。

インプラント周囲炎の予防方法

ご自身でのセルフケア

インプラント周囲炎の予防のために、最も大切なのは、やはり毎日のご自身での正しい歯磨きなどのセルフケアです。歯磨きや、歯間ブラシやデンタルフロスを適切に使用して、食べカスや歯垢を除去することは、口内環境を守るためにも重要です。歯ブラシだけで歯磨きした場合、落とせる歯垢は平均約60%だけですが、歯間ブラシやデンタルフロスを併用することで、約80%の歯垢の除去が可能なのです。毎日の適切なセルフケアをおこなうことが、口腔内を清潔に保つために重要であることを知っておきましょう。

歯科医院での定期的なメンテナンス

毎日のご自身でのセルフケアだけでは、全ての汚れを取り除くのは難しいです。そのため、大分県の歯科医院での定期的メンテナンスをおこなうことが重要になります。歯科医院での定期的なメンテナンスは、主に歯のクリーニングや健診をおこないます。

目視のチェック

インプラントだけでなく、歯の周辺組織に炎症や不具合がないかの確認をします。同時に、毎日の歯磨きが適切におこなわれているか、歯周ポケットが広がっていないかなど目視で確認できる点をみていきます。

噛み合わせの確認と調整

噛み合わせが悪くなると、身体のバランスにも悪影響を及ぼすため、顎関節症や肩凝り、頭痛などの原因となります。歯は少しずつ動いており、噛み合わせも一定ではないため、定期的な噛み合わせチェックが大切です。噛み合わせのバランスが崩れている場合は、インプラントを削るなどして調整する場合もあります。

レントゲン撮影

顎の骨やインプラント周辺の様子などの内部は、目視では確認できないため、レントゲン撮影によって内部を確認します。

歯のクリーニング

歯科医師や歯科衛生士による専門の器具を使用した歯のクリーニングであるPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)によって、ご自身の歯磨きでは落とし切れない歯茎の中の歯石や歯周ポケットの歯石、さらに細菌の集合体であるバイオフィルムもキレイに除去することが可能です。また、茶渋やタバコのヤニ、コーヒーなどの着色汚れや、溜まった歯垢も除去できます。さらに研磨には、歯の再石灰化を促すフッ化物入りペーストを使用し、仕上げにもフッ素塗布をおこないますので、歯のエナメル質が強化されて、歯が丈夫になります。

大分県の歯科医院での定期的なメンテナンスをしっかりと受けることで、インプラント周囲炎を予防するとともに、口腔内を清潔に保つことができるため、インプラントを長く快適に使用することにも繋がるのです。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
よく噛むことは健康に繋ながる
よく噛むことは健康に繋ながる
普段、私たちは食事の際に食べ物を噛むということを当たり前のようにおこなっています。この「噛む」ということは、食べ物を細かく噛み砕いて胃に送り込むという役割だけはありません。しっかりと噛むことができることは、口腔内や体の健康にも大きく関係しているのです。では、噛むことが健康とどのように関係しているのでしょうか。ご説明いた...
クラウンレングスニングとエクストルージョン
クラウンレングスニングとエクストルージョン
「抜歯しない」治療法として 虫歯や歯周病が重度にまで進行すると、歯科医院によっては「この歯は持たないので、抜歯するしかない」と診断されることは良くあります。食事をより美味しく、楽しく食べることができるように、なるべくなら自分の歯は残しておきたいものです。 どうしてもやむを得ない場合を除き、できるかぎり大切な歯を1本でも...
顎骨骨髄炎とは 
顎骨骨髄炎とは 
顎骨骨髄炎とは、口腔内の歯周病原細菌による「辺縁性歯周炎」や「根尖性歯周炎」が、顎骨内の骨髄にまで進行することで、顎骨骨髄部が炎症を起こす感染症のことです。特に頭頸部の悪性腫瘍(癌)に対する放射線治療後に、顎の骨の細胞活性機能が低下してしまい、感染を引き起こす骨髄炎を「放射線性骨髄炎」と呼びます。顎骨骨髄炎は、様々な症...
歯の神経を取るとどうなる?
歯の神経を取るとどうなる?
虫歯になってしまい、虫歯が進行してしまうと治療方法の一つとして歯の神経をとる「抜髄」といわれる治療がおこなわれます。 今まで虫歯治療は、虫歯になってしまった患部を削り、詰め物をすることが一般的だとされてきました。しかし、近年では安易に虫歯を削ってしまうことで、逆に症状が悪化してしまい、結果抜く必要のなかった歯を抜かなく...
良いインプラント医院の選び方は?
良いインプラント医院の選び方は?
現在多くの歯科医院がある中で、インプラントの治療を受ける際どこの歯科医院で治療を受けるべきなのか、何を基準として医院を選べばいいのかを、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 インプラント治療は、費用が高額であること、また治療には手術は必要なことや、治療期間が長くなることなど、患者さんへの身体的、経済的負担も大きくな...
歯がしみるのは虫歯?
歯がしみるのは虫歯?
冷たい食べ物を食べた際に、歯がしみることがあるという方は多くいらっしゃいます。この歯がしみるという症状は、虫歯から起こっているのでしょうか。虫歯によって歯がしみる場合は、歯科医院で治療することで症状は治りますが、場合によっては治療をしても症状が治まらないこともあるのです。その場合、虫歯でないのにしみていることがあるので...