インプラント周囲炎を予防しよう

インプラント周囲炎とは

インプラント治療後のトラブルとして最も多いのが インプラントの歯周病である「インプラント周囲炎」で、インプラントを支える骨が溶けてしまうという症状です。口腔内は常に細菌の侵攻にさらされており、インプラント周囲の歯茎や顎の骨などは、抵抗力が低いため、歯周病菌に侵されてしまい炎症を起こすと、急速に骨の破壊が進んでしまいます。

症状は、健康な歯の歯周病と同様なのですが、感染した際の炎症が弱く、さらに歯の動揺が少ないため、自覚症状がほとんどないのが特徴です。インプラント周囲炎は、悪化の進行の速度が天然の歯と比べて非常に速く、歯周病が悪化するスピードの10~20倍の速さで進行してしまいます。インプラント周囲炎を治療せずに放置してしまうことによって、骨が溶かされてしまうと、次第に歯がグラグラと揺れ始め、最後にはインプラントを支えることができなくなってしまい、インプラントが脱落してしまう危険性があるのです。

インプラント周囲炎の原因

口腔内で歯周病の原因菌が増殖すると、歯茎が炎症を起こしやすくなります。特に、インプラント周辺のケアを怠ってしまうと、歯垢(プラーク)や歯石が歯や歯と歯茎の隙間に付着してしまい、その中に含まれる歯周病菌の影響で、歯茎が炎症を起こしてしまうのです。また、歯周病が生活習慣や全身疾患に影響されて進行するように、インプラント周囲炎も様々な要因に左右されます。喫煙の習慣があると、タバコに含まれるニコチンによって、毛細血管が収縮してしまい血流が阻害されるので、歯茎に栄養や酸素が行く届きにくくなるため、歯茎の健康を保つことが難しくなります。歯周病もインプラント周囲炎も感染症なので、身体の免疫力が弱まると発症しやすくなり、進行してしまうのです。さらに、糖尿病と歯周病には密接な関連が指摘されていて、悪化するときはどちらも悪化の傾向を示し、症状が良くなると、どちらもよい傾向を示すといわれています。他にも、歯ぎしりや食いしばりにの癖がある場合、過重な力がインプラントにかかってしまいます。これが過大な負荷となるため、インプラント体にも衝撃が伝わり、負荷がかかることが、インプラント周囲炎の引き金になると考えられています。

インプラント周囲炎の予防方法

ご自身でのセルフケア

インプラント周囲炎の予防のために、最も大切なのは、やはり毎日のご自身での正しい歯磨きなどのセルフケアです。歯磨きや、歯間ブラシやデンタルフロスを適切に使用して、食べカスや歯垢を除去することは、口内環境を守るためにも重要です。歯ブラシだけで歯磨きした場合、落とせる歯垢は平均約60%だけですが、歯間ブラシやデンタルフロスを併用することで、約80%の歯垢の除去が可能なのです。毎日の適切なセルフケアをおこなうことが、口腔内を清潔に保つために重要であることを知っておきましょう。

歯科医院での定期的なメンテナンス

毎日のご自身でのセルフケアだけでは、全ての汚れを取り除くのは難しいです。そのため、大分県の歯科医院での定期的メンテナンスをおこなうことが重要になります。歯科医院での定期的なメンテナンスは、主に歯のクリーニングや健診をおこないます。

目視のチェック

インプラントだけでなく、歯の周辺組織に炎症や不具合がないかの確認をします。同時に、毎日の歯磨きが適切におこなわれているか、歯周ポケットが広がっていないかなど目視で確認できる点をみていきます。

噛み合わせの確認と調整

噛み合わせが悪くなると、身体のバランスにも悪影響を及ぼすため、顎関節症や肩凝り、頭痛などの原因となります。歯は少しずつ動いており、噛み合わせも一定ではないため、定期的な噛み合わせチェックが大切です。噛み合わせのバランスが崩れている場合は、インプラントを削るなどして調整する場合もあります。

レントゲン撮影

顎の骨やインプラント周辺の様子などの内部は、目視では確認できないため、レントゲン撮影によって内部を確認します。

歯のクリーニング

歯科医師や歯科衛生士による専門の器具を使用した歯のクリーニングであるPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)によって、ご自身の歯磨きでは落とし切れない歯茎の中の歯石や歯周ポケットの歯石、さらに細菌の集合体であるバイオフィルムもキレイに除去することが可能です。また、茶渋やタバコのヤニ、コーヒーなどの着色汚れや、溜まった歯垢も除去できます。さらに研磨には、歯の再石灰化を促すフッ化物入りペーストを使用し、仕上げにもフッ素塗布をおこないますので、歯のエナメル質が強化されて、歯が丈夫になります。

大分県の歯科医院での定期的なメンテナンスをしっかりと受けることで、インプラント周囲炎を予防するとともに、口腔内を清潔に保つことができるため、インプラントを長く快適に使用することにも繋がるのです。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
銀歯が使われるのは日本だけ?
銀歯が使われるのは日本だけ?
虫歯になってしまった際に、歯を削った後に詰め物に使用される銀歯。治療費も安く丈夫であることから、現在でも銀歯を詰める治療はおこなわれています。しかし、歯科先進国の中で銀歯が主流なのは実は日本以外にほぼ無いのです。海外では虫歯の詰めものや被せものには金属を使うことはなく、基本的にレジン(プラスチック素材)などを使用して治...
サージェリーファーストとは
サージェリーファーストとは
近年進歩してきた矯正法として「サージェリーファースト」という治療法があります。 サージェリー「手術」ファースト「最初」という名前の通り、外科手術を伴う治療であり、さらに非常に高度な技術を必要とする治療法です。サージェリーファーストとは、どんな治療なのでしょうか。メリットやデメリットと共にご説明いたします。 サージェリー...
インプラントの手術方法は
インプラントの手術方法は
1回法と2回法 失った歯を補う方法のひとつにインプラント治療が挙げられますが、顎の骨に土台を埋入して人口の歯を固定する方法は天然歯に近い使用感を得られますが手術を必要とします。そのインプラント手術を大きく分けると「1回法」と「2回法」という方法に分かれます。 どちらの治療方法が良いというわけではありません。インプラント...
蓄膿症と歯科疾患の関連について
蓄膿症と歯科疾患の関連について
副鼻腔炎とは、鼻の奥やその周囲にある空洞が炎症を起すことで膿が溜まってしまう疾患で、蓄膿症とも呼ばれます。風邪やアレルギーによる鼻炎から発症することが多く、一般的には耳鼻科疾患の一つといえるため、歯科の領域とは関係ないと思いがちですが、実は虫歯や歯周病などの歯科疾患が原因となって発症する場合があるのです。 歯科疾患と副...
インプラント義歯(入れ歯)とは
インプラント義歯(入れ歯)とは
健康な歯を失ってしまった方の治療方法として、今も多くの方が入れ歯を選択しています。入れ歯治療は、保険が適用になるため費用を抑えることができ、また治療のリスクや失敗がほとんどありません。しかし、物を噛む力(咀嚼力)が天然の歯の1割〜3割程度と弱いため、かたいものが噛めなかったり、物がうまく食べれないなどの不快感もあります...
インプラント治療は自己管理も大切
インプラント治療は自己管理も大切
インプラント治療は、歯を失った顎の骨にチタン製のインプラント体(人工歯根)を埋入します。インプラント体と骨がしっかりと結合する「オッセオインテグレーション」によって、インプラント体が安定するため、治療後はしっかりと咀嚼することができ、まるでご自身の歯のように快適に食生活をおこなうことができる治療法です。また、しっかりと...
よく耳にするキシリトールとは?
よく耳にするキシリトールとは?
キシリトールとは 最近ではよく聞くようになったキシリトール。 キシリトールとは、糖アルコールという甘味炭水化物の仲間であり、いちごやラズベリー、ほうれん草にも微量に含まれている天然の甘い成分です。市販されているキシリトールの含まれている商品は、白樺や樫などの樹木から抽出したキシランヘミセルロースという物を原料にして工業...
噛み合わせの重要性
噛み合わせの重要性
噛み合わせが悪いと 噛み合わせが悪い方の場合、口内環境では「顎関節症」「虫歯」「歯周病」などが発症しやすくなります。また、全身症状といたしまして、頭痛や肩こりなど全く別の部位の不調を引き起こす場合があります。これは周囲の筋肉のバランスが崩れ、筋肉に余計な負荷がかかります。そのため筋肉が常に緊張した状態が続き、首や肩の凝...