サイナスリフト

サイナスリフトとは

歯を失ってしまった時のためにインプラントという治療法がありますが、インプラント治療の際、患者さんの骨の状態によっては十分な骨の幅や高さがなくて、インプラント治療ができない場合があります。特に上顎の骨の上(眼下の顎骨あたり)には上顎洞(じょうがくどう)と呼ばれる大きな空洞があり、上の奥歯を失ってしまった場合、時間が経つにつれて骨吸収が起きてしまうため、この空洞が拡大し、インプラントを埋め入むための十分な量の骨が無くなってしまいます。

インプラント体を不十分な骨に埋入すると、噛み合わせや咀嚼の力に耐えるだけの十分な安定性を保つことができなくなるため、インプラントが動いてしまったり最悪な場合はインプラントが脱落してしまうことがあります。そこで、上顎洞に骨造成を行うことによって、骨移植や骨補填材(自分の骨以外で骨造成に用いられる材料)を充填し、上顎洞の底部分を押し上げて骨が再生するのを待ってからインプラントを埋入する治療方法を、サイナスリフトといいます。その際、長いインプラント体を埋入することができるため、インプラント治療の成功率は高くなります。また、上顎洞の周辺の処置をする治療は、必ずCT撮影を行います。上顎洞にトラブルがある場合、サイナスリフトなどの手術をすることは出来ません。

サイナスリフトの治療法

サイナスリフトの治療法は、まず骨が足りない歯の歯茎の側面を切開し、スペースに骨造成により移植骨を埋めていき、骨の高さを増大します。その際、側面を切開する方法をサイナスリフトと呼び、下から切開する方法をソケットリフトと呼びます。その後、骨がしっかり再生・治癒するまでに約3~6ヶ月の時間をかかります(症状によっては同時にインプラントを埋入する方法もあります。)が、徐々に強固に結合していき、インプラント体を埋入のための安定した基盤を作ります。インプラントを埋入することができる十分な高さが確保できたら、インプラント体を埋め込みます。

サイナスリフトのメリット

上顎洞までの骨の高さが1~3㎜の場合と、骨のうすい部分にも十分な厚みの骨をつくることができ、骨の少ない方でもインプラントの埋入を可能にします。

逆に言えば、上顎の骨の高さが 4mm以下の場合の方には、サイナスリフト以外にインプラント治療は不可能といえます。治療期間はかかりますが確実な治療法です。

サイナスリフトのデメリット

サイナスリフトは上顎洞までの骨の高さが1~3㎜の場合の治療方です。

ソケットリフトは骨の高さが3〜7mmの場合の治療法ですが、ソケットリフト法よりも手術の切開の幅が大きく、傷口が大きくなってしまうため、治療期間が長くなってしまうのがデメリットです。

また、術中に上顎洞粘膜に穴を開けてしまうことがあり、それに気づかず吸収の遅い骨補填材を上顎洞に押し込んでしまうことにより、上顎洞炎を起こしてしまう場合があります。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
プラーク(歯垢)とは
プラーク(歯垢)とは
プラーク(歯垢)とは、歯に付着する細菌の塊です。黄白色や白色をしているため、肉眼では分かりづらいこともありますが、舌で触れるとザラザラしています。また、プラークはそのネバネバとしていて粘着性が強く、うがいをした程度では取り除くことができません。さらに、プラーク中には細菌が約600種類も存在しており、1mgにつき約1億個...
インプラントかブリッジかで悩んだとき
インプラントかブリッジかで悩んだとき
現在の歯科治療では、歯を失ったときの治療方法として、インプラント治療の他にブリッジ治療があり、どちらの治療法がいいのか悩んでいる方は多いかと思います。そのためにはまず、インプラントとブリッジのそれぞれのメリットとデメリットをよく知っておくことが大切です。 インプラントのメリットとデメリット インプラントは見た目が美しく...
歯を磨くベストタイミング
歯を磨くベストタイミング
私たちが毎日おこなっている歯磨きですが、虫歯や歯周病予防のためにとても大切な事です。では、歯を磨くのに一番良いタイミングはあるのでしょうか?歯を磨くタイミングによっては、虫歯や歯周病により効果的な場合があります。理想の歯磨きのタイミングや、その際の正しい歯磨きをご説明いたします。 理想の歯磨きのタイミング 基本的に、健...
日本で行われているインプラントの現状
日本で行われているインプラントの現状
日本にインプラントの治療技術が導入されたのは、1960年頃といわれています。当時は、インプラントに対して否定的な意見も多かったようですが、現在は様々な治療技術の向上により、審美性や安全性なども向上していることから普及が進んでいます。それでも、日本のインプラント治療はアメリカやスウェーデンなどの歯科先進国に比べると10倍...
歯の表面に白い斑点?「ホワイトスポット」とは
歯の表面に白い斑点?「ホワイトスポット」とは
前歯の表面の一部が、斑点上に白く濁っていることがあります。これは「ホワイトスポット」と呼ばれ、「白斑症」ともいいます。ホワイトスポットは初期の虫歯によってできたり、歯の表面のエナメル質の成長過程において何らかの異常が起こることにより、一部が阻害されることでできる場合があります。 ホワイトスポットの原因 初期段階の虫歯 ...
舌に関する疾患
舌に関する疾患
舌の役割と仕組み 私たちが食べ物を食べたり、飲み物を飲んだりする際に味を感じます。 その味を感じる「味覚」は主に舌で感じているのです。さらに舌は味覚を感じる役割のほかにも、食べ物を飲み込むのを助ける役割をしたり、唾液を分泌させることにより、唾液に含まれる消化酵素が食物と混ざることで消化器官の負担を軽くするという役割も持...
インプラント治療と喫煙の関係は
インプラント治療と喫煙の関係は
喫煙による歯への影響 喫煙による身体の健康への被害はさまざまですが、歯への影響も、もちろん例外ではありません。 喫煙をする際、タバコのニコチンにより毛細血管が収縮し血行が悪くなるので、歯茎の毛細血管も同様に収縮してしまい、創傷治癒が遅れたり、インプラントと骨の結合を阻害したりします。インプラント治療を行った場合、 歯周...
良いインプラント医院の選び方は?
良いインプラント医院の選び方は?
現在多くの歯科医院がある中で、インプラントの治療を受ける際どこの歯科医院で治療を受けるべきなのか、何を基準として医院を選べばいいのかを、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 インプラント治療は、費用が高額であること、また治療には手術は必要なことや、治療期間が長くなることなど、患者さんへの身体的、経済的負担も大きくな...