多くの歯をなくした方のためのインプラントオールオン4

オールオン4とは

オールオン4とは、連結した人工歯を最小限のインプラント体で固定する治療法で、多くの歯、もしくは歯を全て失ってしまった方、総入れ歯が合わなくなってしまった方に適したインプラント治療の術式です。歯を全て失ってしまった方が従来のインプラント治療をおこなう場合、歯の噛む機能を回復させるために埋入しなければならないインプラント体の本数は10本程度となってしまうため、身体的・経済的負担がとても大きくなってしまいます。しかし、オールオン4であれば4本のインプラント体で、最大12本の人工歯を支えることが可能です。また、インプラント体を傾斜埋入することによって、顎の骨との接触面が大きくなり安定的に連結歯を支えられるため、骨量が不足している方でも骨移植の必要なく治療をおこなうことができます。これまでは、歯を全て失ってしまった方のインプラント治療は負担が非常に大きかったのですが、オールオン4によって負担を大きく軽減することが可能になったのです。

オールオン4のメリット

しっかりと噛める

オールオン4は、顎の骨に埋入したインプラント体が人工歯をしっかりと固定するため、噛んだ刺激が直接顎の骨に伝わります。そのため、天然歯に近いしっかりとした噛み心地を得ることができます。

口内の違和感が少なく、発音しやすい

オールオン4は入れ歯のように歯茎を覆うことがないため、口内の違和感もほとんどなく、発音にも影響がありません。

痛みや腫れが少ない

オールオン4は、インプラント体の埋入本数が従来のインプラント治療に比べて少ないため、手術範囲が抑えられるので身体的負担を軽減できます。また、手術時間も短縮できるため、術後の腫れや痛みも軽減することができます。

手術当日に歯が入る

オールオン4の場合は、インプラント体を埋入する手術当日に人工歯を入れることが可能です。そのため、固い食べ物でなければ食事も摂ることができます。

骨の吸収を防いでくれる

オールオン4は、インプラント体を顎の骨に埋入して連結した歯を装着するため、噛む刺激が直接顎の骨に伝わることで、骨の吸収を防いでくれます。そのため、見た目の若々しさをキープすることができます。

身体的負担が軽減できる

歯を全て失ってしまった場合の従来のインプラント治療は、歯の機能を回復させるため片顎10本程度のインプラント体を埋入する必要があります。その際、総入れ歯を長く使用していた場合は、骨吸収してしまい骨量が少なくなっているため、骨を増やす手術が必要になり、身体的負担がさらに大きくなってしまいます。しかしオールオン4は、4本のインプラント体で最大12本の連結した人工歯を支えることができるため、身体的負担を大きく軽減することができます。また、骨量のある場所を選んでインプラント体を埋入することができるため、骨移植などの手術も必要ありません。

経済的負担が軽減できる

オールオン4は埋入するインプラント体の本数が少なくて済むため、治療にかかる費用を大幅に抑えることができます。

審美的な治療ができる

全ての人工歯を一度に作製するオールオン4は、歯並びの整ったキレイな見た目を実現できます。さらに、失った歯茎も人工的に回復することができるため、審美的な治療ができます。

オールオン4のデメリット

手術が必要になる

オールオン4は、インプラントを埋入する手術が必要になります。そのため手術による身体的負担がかかってしまいます。

適用できないケースもある

オールオン4は、骨粗鬆症や重度の糖尿病などの全身疾患の方は、場合によっては手術がおこなえないことがあります。

歯を全て抜かなくてはならない

オールオン4は全て歯がない状態でおこなうため、歯が残っている場合、抜歯をしなければなりません。しかし、状態の悪い歯を放置しても噛めないだけでなく、顎の骨にもよくないため無理に残すことはお勧めできません。

治療が受けられる医院が限られる

オールオン4は医師の高度な技術や、専門的な設備を必要とするため、治療を受けられる医院が限られてしまいます。

インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
定期的に歯のクリーニングをおこないましょう
定期的に歯のクリーニングをおこないましょう
定期的に歯のクリーニングの重要性 インプラント治療は一度治療が終わってしまうと、その後のご自身での日々のお手入れや、定期的な歯科医院でのメンテナンスをついつい怠ってしまう方も多いのが現状です。毎日の飲食や喫煙者によるタバコなどよる食べ残しや着色などは、日々のご自身でのブラッシングだけではなかなか取り除くことはできません...
手術後の薬の処方について
手術後の薬の処方について
インプラント治療は顎の骨にインプラントを埋め込む外科治療になります。そのため手術後は麻酔が切れたあとに多少の痛みが出る事が予想され、必ず痛み止めなどののミクスが処方されます。外科手術の際は、埋め入れるインプラントの本数にかかわらず、鎮痛剤(痛み止め)や、抗生物質(化膿止め)、消炎酵素剤(炎症止め)などの服用薬を術後(場...
骨量が少ない場合でもインプラントを可能とする「骨造成」とは
骨量が少ない場合でもインプラントを可能とする「骨造成」とは
インプラントは、顎の骨にインプラント体を埋入して、顎の骨とインプラント体が強固に結合する「骨結合」によって、天然の歯とほとんど変わらない噛み心地を得ることができます。しかし、インプラント体を上顎に埋入する場合、歯を失った箇所の歯槽骨の厚みが10mm程度必要になります。しかし、場合によっては歯槽骨が吸収して薄くなってしま...
咀嚼(噛む事)の重要性
咀嚼(噛む事)の重要性
近年、私たちの食事は昔とは違い、柔らかい食べ物などが多くなったことから咀嚼の回数が激減してしまっていることが問題になっています。 咀嚼の回数が減ることによって、体に様々なトラブルなどが起きてしまうことがあります。逆に咀嚼の回数が増えることが体調の改善につながるということが分かっています。では咀嚼によってどのようなことが...
インプラントと骨粗しょう症
インプラントと骨粗しょう症
骨粗しょう症でもインプラント治療は可能? 骨粗しょう症に罹患していると骨密度が低下します。きちんと骨の状態を検査した上で適切な治療を行うことが必要となります。それでもインプラント治療への影響は少ないとされており骨粗しょう症でもインプラント治療は十分可能です。また、骨の量が少ない場合でも骨を移植したり再生させる治療法もあ...