歯科放射線について(X線)

歯科医院では、レントゲンや撮影でのX線検査により、隠れた虫歯や細くて複雑に分岐した根管、歯槽骨の減り具合や骨密度、歯茎の奥に溜まった歯石だけでなく歯や歯の周り、顎の骨格まで総合的に把握することができます。しかしその場合、X線検査による被爆が気になる方も多いのではないでしょうか。医院によっては、問診票にレントゲン撮影を希望するかどうかのチェック欄がある場合もあり、患者さんが希望する場合はレントゲン撮影をおこないますし、希望されない場合は口腔内の視診から判断できる内容で初診相談をおこなうことができる医院もあります。現在、放射線量の数値によって人体への影響があることが、様々なデータとして開示されています。

自然放射線と人工放射線

私たちが被爆する放射線には、自然放射線と人工放射線の2種類に分けられます。

自然放射線

元々自然界の中に存在している放射線のことをいい、宇宙線や大気中、さらには食物中にも含まれる放射線のことをいい、これは日常生活の中にあるため、避けることのできない放射線です。

人工放射線

医療用の放射線(レントゲン撮影や MRIなどの放射線治療)のことをいいます。それ以外にも、原子力発電所の近くに住んでいる場合に受ける被爆や飛行機に乗った場合の宇宙線の増加による被爆などがあります。

放射線量について

日本の自然放射線量は年間1.5mSv(マイクロシーベルト)です。自然放射線量は地域によって違い、世界平均では2.4mSvで最も自然放射線量の多い地域(イラン・ラームサル、インドなど)では年間20mSvを超えます。

医療用のCTスキャンでは部位によって異なりますが5~30mSvで、歯科用CTスキャンは0.1mSv、パノラマ撮影0.03mSvと、他の医療分野の物と比べても低いことが分かります。しかし、絶対に安全な放射線量という基準はありません。どんな少ない放射線量でも発癌性のリスクは上昇してしまうからです。

国際放射線防護委員会では、原子力発電所の職員や放射線技師などで働く方に対する年間線量限度を20mSv、一般の方においては年間1mSv以下に留めるべきであると勧告しています。線量限度とは自然放射線と医療行為などから受ける人工放射線量を除いた被爆線量です。2011年の福島原発事故では、原発作業員の年間線量限度100mSv、子供の年間線量限度が20mSvでした。数値を見ても、どれだけ危険であったのかがお分かりになるかと思います。

防護エプロンは必要なのか

歯科のレントゲン撮影の放射線量はそれほど多くはないため、過度な心配はいりませんが、撮影を必要最小限にして不必要な被爆は防護することが重要です。そのために、歯科では患者様には防護エプロンを着用していただくのが一般的ですが、被爆からの防護の意味がないという意見もあるようです。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
保険外治療(自費治療)をおススメする理由
保険外治療(自費治療)をおススメする理由
歯科の治療は、大きく分けて健康保険が使える「保険治療」と健康保険が使えない「保険外(自費)治療」の2種類があります。しかし「そもそもなぜ保険が使える治療と、使えない治療があるのか?」、「この2つの治療は一体なにが違うのか?」などということに対して、よく分からないという方も多いのではないでしょうか。 しかしどちらの方がお...
噛むと痛い「歯根膜炎」とは 
噛むと痛い「歯根膜炎」とは 
歯根膜炎とは、歯周組織を構成している歯根膜が炎症を起こしている状態をいいます。歯根膜は、噛んだ時に加わる歯への圧力を分散する、クッションのような役割を果たしており、コラーゲン線維の豊富な結合組織で「歯周靭帯」とも呼ばれています。この歯根膜が様々な要因によって炎症を起こした状態を「歯根膜炎」といい、噛むだけでも痛みを伴...
インプラントのオーバーホール
インプラントのオーバーホール
インプラントのオーバーホールとは インプラントは、失った歯の機能や見た目を回復することができる治療法ですが、長く快適に使用するためには、定期的に歯科医院でのメンテナンスが重要となります。その際に、インプラント体と上部構造(アバットメントと人工歯)を取り外し、連結部分をキレイに清掃してから再度取り付ける「オーバーホール」...
舌に関する疾患
舌に関する疾患
舌の役割と仕組み 私たちが食べ物を食べたり、飲み物を飲んだりする際に味を感じます。 その味を感じる「味覚」は主に舌で感じているのです。さらに舌は味覚を感じる役割のほかにも、食べ物を飲み込むのを助ける役割をしたり、唾液を分泌させることにより、唾液に含まれる消化酵素が食物と混ざることで消化器官の負担を軽くするという役割も持...
蓄膿症と歯科疾患の関連について
蓄膿症と歯科疾患の関連について
副鼻腔炎とは、鼻の奥やその周囲にある空洞が炎症を起すことで膿が溜まってしまう疾患で、蓄膿症とも呼ばれます。風邪やアレルギーによる鼻炎から発症することが多く、一般的には耳鼻科疾患の一つといえるため、歯科の領域とは関係ないと思いがちですが、実は虫歯や歯周病などの歯科疾患が原因となって発症する場合があるのです。 歯科疾患と副...
金属アレルギーでもインプラント治療はできる?
金属アレルギーでもインプラント治療はできる?
インプラントに使われる金属 現在インプラントは、ほとんどの歯科医院が金属であるチタン製の人工歯根だけを取り扱かっています。インプラント治療に用いられているのは、医療用の純チタンで、空気に触れると酸化チタンの膜ができて金属イオンが溶け出さないという特徴を持っています。このことから、アレルギーを起こしにくい金属として知られ...