インプラント術後の過ごし方

インプラント手術後・治療後

インプラント治療はインプラント手術が無事に終わってもそれで終わりではありません。

治療法にもよりますが、基本インプラント体が骨としっかりと結合するまでは約3ヶ月〜6ヶ月の治癒期間を必要とします。そして骨と結合が確認出来てから人工歯(被せ物)を装着します。治療が終わってもご自身でのセルフメンテナンス(プラークコントロール)や歯科医院での定期的なメンテナンスが必要となるため、手術後や治療後の過ごし方が大切になります。その中でもインプラント手術後の過ごし方をご説明いたします。

インプラント術後の過ごし方

手術後の痛みや腫れが起きた場合

手術後は麻酔がきれてしまいますので、切開した歯茎が腫れたり出血を起こす場合があります。その際、痛み止めや炎症止めなどが処方さるので薬によって大体の痛みや腫れは治ります。腫れや痛みは数日から1週間程度で自然におさまるのが一般的ですが、インプラントの本数が多かったり骨造成などをおこなった場合、腫れ痛みが強く長引く場合があります。その時は我慢せず、歯科医師に相談するようにしましょう。また、腫れが出ている間は運動を控えて安静に過ごすようにしましょう。

食事や飲み物に気をつける

麻酔が完全にきれるまでは間違って唇や口の中を噛む危険性がありますので食事は控えてください。麻酔が切れても、熱い食べ物などの刺激物を避けて、軟らかいものを手術した反対側で噛むようにしましょう。また飲酒は血流が良くするため、腫れや出血がしやすい状況になってしまったり痛み止めなど薬の効果が薄れてしまったりする可能性があるため、インプラント手術日から3日程度は控えましょう。

歯磨きやうがいに気をつける

インプラント手術後すぐにうがいをすると血が止まりにくくなり、場合によっては痛みが増す原因になってしまうため、すぐにうがいはしないようにしましょう。また手術後4〜5日は歯磨きの際、手術した部位はインプラント手術後専用の柔らかい歯ブラシを使いましょう。その他の歯は、手術当日から通常の歯磨きをおこなうことが可能です。

手術当日の入浴は控える

入浴は、運動と同様に血行をよくする働きがあるので出血のリスクが高まるため、インプラント手術当日の入浴は控え、なるべくシャワーですませるようにしましょう。

手術した部位を触らない

インプラント手術をした部位は、傷口の腫れや痛みが落ち着くまでは気になるとは思いますが、治癒が遅れてしまったり、感染のリスクが高くなってしまうのでなるべく舌や指で触れないように気をつけましょう。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
歯の神経について
歯の神経について
歯の神経の役割 内臓や皮膚などと同じように、体の一部である歯に神経があるということは、歯が生きているということです。歯の中の歯髄(しずい)と呼ばれる部分には神経の他に血管も入ってきています。それによって歯に栄養を与えたり、酸素を運んだり、免疫などの防御反応を伝達するなど重要な役割があります。それによって歯を丈夫な状態に...
高齢者のインプラント治療を安全におこなうための注意点
高齢者のインプラント治療を安全におこなうための注意点
インプラント治療には年齢制限がないことから、近年では高齢者のインプラント治療も多くなっています。ただし、インプラント体を顎の骨に埋入する外科手術が必要なインプラント治療は、高齢者の場合リスクを伴う可能性も考えられることから、安全におこなうためには注意が必要です。 高齢者のインプラント治療を安全におこなうための注意点 全...
食べるとき左右均等に噛んだほうがいい?
食べるとき左右均等に噛んだほうがいい?
食べ物を食べるときに、気付かないうちに片側の歯だけで噛んでいる方は多くいらっしゃいます。私たちは食べるときに、下顎から頭蓋骨の側面にかけての筋肉である咀嚼筋を使います。この咀嚼筋は、左右どちらかに偏ってしまった噛み方を続けてしまうことで、頻繁に噛む側の咀嚼筋だけが発達してしまいます。咀嚼筋も筋肉ですので、利き腕が反対側...
インプラント治療に不適応な疾患
インプラント治療に不適応な疾患
インプラント治療に不適応な疾患(絶対的禁忌症) 絶対的禁忌症とは、改善をすることが難しい疾患にかかっておいるため、インプラント治療ができないとされるケースです。 また、疾患ではありませんが、子供や妊娠中の方もインプラント治療は避けるべきです。 1型糖尿病 糖尿病には、膵β細胞が壊されてしまうことでインスリンがほとんど分...
噛み合わせの重要性
噛み合わせの重要性
噛み合わせが悪いと 噛み合わせが悪い方の場合、口内環境では「顎関節症」「虫歯」「歯周病」などが発症しやすくなります。また、全身症状といたしまして、頭痛や肩こりなど全く別の部位の不調を引き起こす場合があります。これは周囲の筋肉のバランスが崩れ、筋肉に余計な負荷がかかります。そのため筋肉が常に緊張した状態が続き、首や肩の凝...