インプラントの歯科技工士

歯科技工士とは?

歯科技工士とは歯科医師の指示に基づいて入れ歯や矯正装置・被せ物などを作る国家資格を有する職業です。歯科技工士の作る物の良し悪しで治療に対する患者さんの満足度は大きく左右されます。患者さまの生活のお手伝いをするために必要な義歯や矯正装置などを歯科医師からの指示書を元に作製するのですが、私たち人間の口の中はとても敏感なものです。

少しでも痛みがあったり咬み合わせが変わったりするとすぐに感じ取ることができます。このように繊細に神経が通っていて敏感な口の中に入れる人工物を作製するということは、高度な技術と集中力が必要となる職業であることが分かります。

治療における役割分担

歯科医師の役割は患者さんの口腔内での処置、歯科技工士の役割は患者さんの口腔外での義歯や矯正装置などの作製になります。インプラント治療では歯科医師の役割は診査・診断から始まって外科手術、インプラントの埋め込み、そして歯型を取ります。歯科技工士はこの歯型を元に人工の歯を製作します。歯科医師は製作された人工の歯を実際に患者さんの口腔内に装着し噛み合わせなどをチェックして修正が必要だと判断すれば歯科技工士に修正の指示をします。こうやって出来上がった人工の歯が患者さんの口腔内に装着されます。

一般の治療に比べてインプラント治療の場合は複雑な過程を経るので最初の診査・診断をかなり入念に行います。従来はこの診査・診断を歯科医師のみで行ってきましたが近年はCTの普及に伴い歯科技工士も加わるケースが増えてきています。現在は多くの歯科医院がCT画像やその他のデータから患者さんの骨の状態を判断してインプラントの種類や施術方法、また材質などを決めています。CTデータを元にインプラントの埋め込みから歯の製作・装着までをコンピュータでシミュレーションすることが可能になったため、最終製作物を作る歯科技工士がアドバイスを求められるケースが急速に増加しています。

また、歯科技工士は歯科衛生士とも連携する必要があるでしょう。患者さんのことを一番良く知っているのは歯科衛生士なので、その情報を歯科技工士に伝えていくことが良質な治療のために重要です。歯科技工士は製作した歯に対して「このようにケアをしてほしい」などの情報を歯科衛生士に伝え、患者さんに理解してもらう事も大切です。

一般的な被せ物とインプラントの被せ物との違い

最大の違いは一般の被せ物は天然歯に装着するという事です。天然歯には「歯根膜」というクッションの役割を果たすものがあるため被せ物の製作に多少の融通が利きます。歯根膜は鋭敏なので過大な荷重が加われば痛みを感じ、荷重が加わり続ければ組織が破壊されます。これに対してインプラントの場合は噛み合わせや歯軋りによって過大な荷重がかかっても痛みを感じる度合いは天然歯と比較するとはるかに少なくなります。そのためインプラント周囲の組織破壊が始まると急速に進行する場合があるのでインプラントへ装着した被せ物は定期的なチェックを怠らないようにすることが重要です。

インプラントではクッションの機能である歯根膜を持たないため、その上に装着される被せ物には相当な精密さを要求されます。また、インプラントと被せ物との連結に使用されるパーツの加工にも非常に高い精度が要求されます。

インプラント専門歯科技工士

歯科技工士の中でもインプラント専門歯科技工士という資格認定があります。インプラント専門歯科技工士とは、社団法人日本口腔インプラント学会がインプラント治療における技工の知識や経験を持つものとして認めた技工士に交付する資格認定制度です。

審査・試験を経て合格した技工士に交付されるのですが、この試験を受けるためには3年以上インプラント治療に携わっている事や10例以上のインプラント上部構造製作の経験があること、また定期的に学会の講習に参加することなどが必要となります。この事からこの資格はインプラントの標準的な知識を持ち適切なインプラント技工が行える技工士であることを見極める一つの指標といえます。

歯科技工士の作製するもの

インレー(歯の詰め物)

初期の虫歯などを削り取った部分を補うための詰め物をインレーと言います。患部が再び虫歯にならないように隙間のないインレーを作製する技術が求められます。

クラウン(歯の被せ物)

虫歯などで歯を大きく削る必要がある場合は削った部分を金属やセラミックなどで修復していきます。その際に使用する修復物の総称を被せ物(クラウン)と言い、すっぽりと歯を覆うことによって歯を削る前と同等の機能と形を回復します。

ブリッジ

抜歯などで歯を失ってしまった場合にその歯の両隣の歯を削って土台とし、人工の歯で橋(ブリッジ)を架けるようにして治療する方法をブリッジと言います。歯科用セメントで固定をするため一度装着すると入れ歯のように好きなタイミングで取り外すことはできません。

局部義歯(部分入れ歯)

失われた歯の部分の機能を回復するために残っている歯や顎などを支えにして歯の形と機能を回復するものです。ブリッジでは支えきれない1~2本以上の歯を失ってしまった場合や、支えになる歯が片側にしか無い場合に適用されます。

総義歯(入れ歯)

全ての歯を失ってしまった場合に使用するのが総義歯で、総入れ歯は歯が全く無い状態の方が食べたり話したりするために必要不可欠です。総入れ歯は歯茎の素材に種類があってプラスチックで出来たものやチタンなどの金属で出来たものなどがあります。

インプラント

人工歯根(インプラント体)を埋め込みそれを土台としてセラミックなどで作った人工歯を取り付け、美しい見た目と高い機能性を回復することができる治療法です。インプラント治療において歯科技工士は抜歯をしてから後に必要となる仮歯や入れ歯、最終的に接続する人工歯の作製などを行います。

矯正装置

歯並びを改善するための歯列矯正において使用する矯正装置を作製します。取り外しが可能なマウスピースタイプや取り外しができないワイヤー矯正など患者さまの治療方針に合わせて必要な装置を作製します。

マウスガード・マウスピース

スポーツでの口の中のケガの防止や睡眠時の歯ぎしりなどを防止するための物です。患者さま一人一人の口の中にフィットする専用のマウスガードやマウスピースも作製します。

おすすめの記事