ソケットリフト

上顎洞挙上術(サイナスフロアエレベーション)

インプラント治療は上顎洞部分にある顎の骨にインプラントを埋め込みます。しかし、歯が抜けたまま放置してしまったり、歯周病や骨吸収などで骨が少なくなってしまい、失った歯の部分の骨の高さが足りない場合、骨造成手術が必要となります。

手法としていくつかの方法がありますが、その中で、人工的に上顎洞に骨を造る手法が、上顎洞挙上術(サイナスフロアエレベーション)といい、上顎洞までの骨の高さが5mm以上ある場合はソケットリフトという方法、5mm以下の場合はサイナスリフトという方法になります。

ソケットリフトとサイナスリフトは移植骨や骨補填材を充填して、上顎洞底部を押し上げて骨が再生してから、インプラントを埋込する方法です。

サイナスリフト
サイナスリフト
サイナスリフトとは 歯を失ってしまった時のためにインプラントという治療法がありますが、インプラント治療の際、患者さんの骨の状態によっては十分な骨の幅や高さがなくて、インプラント治療ができない場合があります。特に上顎の骨の上(眼下の顎骨あたり)には上顎洞(じょうがくどう)と呼ばれる大きな空洞があり、上の奥歯を失ってしまっ...

ソケットリフトとは

インプラント治療において、患者さんによっては十分な骨の高さが無くて骨造成手術が必要な場合があります。その際、上顎洞までの骨の高さが5mm以上ある場合は、オステオトームという専用の器具を用いて上顎洞底を若木骨折させて、そこから骨補填材を填入しながら上顎洞底部を押し上げて、骨の高さを確保してからインプラントを埋込する方法をソケットリフトといいます。骨がしっかり再生・治癒するまでに約3~6ヶ月の時間をかけて徐々に強固に結合し、インプラントを埋入することができる十分な高さが確保できたらインプラント体を埋め込みます。

ソケットリフトのメリット

上顎洞までの骨の高さが5㎜しかなくても、十分な厚みの骨をつくることができるため、骨の少ない方でもインプラントの埋入が可能です。

骨の高さが5mm以下で、歯茎の側面から骨補填材を充填するサイナスリフトに対して、ソケットリフトは骨の高さが5mm以上で、さらにインプラントを埋入する歯槽頂(上顎洞の真下)から上顎洞底部を押し上げるので、傷口が小さくて済むというメリットもあります。

また、サイナスリフトに比べて術後の腫れや細菌の感染の可能性が低く、また治療回数も少ないため、患者さんの身体的な負担が少なくてすみます。

ソケットリフトのデメリット

ソケットリフトは医師による高度な技術が求められるため、治療費が高額となってしまいます。

また上顎洞底部を押し上げる際に上顎洞粘膜が破れてしまった場合、骨補填材が上顎洞を通じて鼻の内部で飛散してしまい、感染を起こしてしまうことにより上顎洞炎を引き起こしてしまう危険性があります。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
ショートインプラント
ショートインプラント
ショートインプラントとは インプラント治療を行う際、インプラント体を顎の骨に埋め込む必要があるのですが、患者さんによっては顎の骨が不足していて、インプラントを埋め込む高さや幅が足りないことがあります。その場合、足りない骨の骨量を増やす骨造成という、外科的手術が必要となります。また骨造成は術後の経過を見てからインプラント...
口腔外科と歯科の違い
口腔外科と歯科の違い
歯科医療分野について 歯科の分野は大きく分けると一般歯科、小児歯科、矯正歯科、口腔外科があります。一般的に歯科医師は口腔領域のみについてのみ学ぶわけではなく、医科分野も含めた基礎学と共に口腔領域を中心とした臨床学の知識を持っています。臨床学には「保存歯科」(削ってつめる治療や歯周病治療、神経の治療など)、「補綴(ほてつ...
インプラントで使用されるパーツ
インプラントで使用されるパーツ
インプラントとは人工の材料や部品を体に入れることの総称です。インプラント治療は失った歯の機能や見た目を取り戻す治療法で、複数のパーツを使って治療を行いますので高度な技術が必要になります。 大分県でインプラント治療をお考えの方は症例数、設備など信頼のおける歯科医院を探すことが大事になります。インプラント体は人工歯の歯根の...
骨粗鬆症の薬、ビスフォスフォネート系薬剤に注意
骨粗鬆症の薬、ビスフォスフォネート系薬剤に注意
骨粗鬆症とは 私たちの体の骨は、常に古い骨を破壊し(骨吸収)、破壊した部分を修復する(骨形成)ことで、丈夫で健康な状態を保っています。この骨吸収と骨形成のバランス(骨代謝)が崩れることで骨が痩せてしまい、脆くスカスカな状態になり、骨折しやすくなってしまう病気のことを骨粗鬆症といいます。 特に高齢者にとって骨粗鬆症は、大...
食べるとき左右均等に噛んだほうがいい?
食べるとき左右均等に噛んだほうがいい?
食べ物を食べるときに、気付かないうちに片側の歯だけで噛んでいる方は多くいらっしゃいます。私たちは食べるときに、下顎から頭蓋骨の側面にかけての筋肉である咀嚼筋を使います。この咀嚼筋は、左右どちらかに偏ってしまった噛み方を続けてしまうことで、頻繁に噛む側の咀嚼筋だけが発達してしまいます。咀嚼筋も筋肉ですので、利き腕が反対側...
どこが違う?インプラントと天然歯
どこが違う?インプラントと天然歯
インプラントは、失った歯の見た目や機能を天然の歯のように回復することができるため、治療によって歯が元に戻ったと思う方もいらっしゃいます。見た目の美しさといった審美面は、場合によっては治療前よりも良くなることがあります。しかしながら、天然歯と比較すると、インプラントは様々な点でどうしても劣ってしまうのです。インプラントと...
サイナスリフト
サイナスリフト
サイナスリフトとは 歯を失ってしまった時のためにインプラントという治療法がありますが、インプラント治療の際、患者さんの骨の状態によっては十分な骨の幅や高さがなくて、インプラント治療ができない場合があります。特に上顎の骨の上(眼下の顎骨あたり)には上顎洞(じょうがくどう)と呼ばれる大きな空洞があり、上の奥歯を失ってしまっ...
補助的清掃用具の種類と使用方法
補助的清掃用具の種類と使用方法
毎食後にしっかりと歯磨きをしていても、食後の口腔ケアが歯ブラシを使用したブラッシングだけでは、口腔内の食べカスや歯垢(プラーク)などの汚れを6割程度しか除去できていないといわれています。その際に、補助的清掃用具を併用したケアをおこなうことで、8~9割程度の清掃効果を得ることができるといわれていることから、口腔内を清潔に...