ソケットリフト

上顎洞挙上術(サイナスフロアエレベーション)

インプラント治療は上顎洞部分にある顎の骨にインプラントを埋め込みます。しかし、歯が抜けたまま放置してしまったり、歯周病や骨吸収などで骨が少なくなってしまい、失った歯の部分の骨の高さが足りない場合、骨造成手術が必要となります。

手法としていくつかの方法がありますが、その中で、人工的に上顎洞に骨を造る手法が、上顎洞挙上術(サイナスフロアエレベーション)といい、上顎洞までの骨の高さが5mm以上ある場合はソケットリフトという方法、5mm以下の場合はサイナスリフトという方法になります。

ソケットリフトとサイナスリフトは移植骨や骨補填材を充填して、上顎洞底部を押し上げて骨が再生してから、インプラントを埋込する方法です。

サイナスリフト
サイナスリフト
サイナスリフトとは 歯を失ってしまった時のためにインプラントという治療法がありますが、インプラント治療の際、患者さんの骨の状態によっては十分な骨の幅や高さがなくて、インプラント治療ができない場合があります。特に上顎の骨の上(眼下の顎骨あたり)には上顎洞(じょうがくどう)と呼ばれる大きな空洞があり、上の奥歯を失ってしまっ...

ソケットリフトとは

インプラント治療において、患者さんによっては十分な骨の高さが無くて骨造成手術が必要な場合があります。その際、上顎洞までの骨の高さが5mm以上ある場合は、オステオトームという専用の器具を用いて上顎洞底を若木骨折させて、そこから骨補填材を填入しながら上顎洞底部を押し上げて、骨の高さを確保してからインプラントを埋込する方法をソケットリフトといいます。骨がしっかり再生・治癒するまでに約3~6ヶ月の時間をかけて徐々に強固に結合し、インプラントを埋入することができる十分な高さが確保できたらインプラント体を埋め込みます。

ソケットリフトのメリット

上顎洞までの骨の高さが5㎜しかなくても、十分な厚みの骨をつくることができるため、骨の少ない方でもインプラントの埋入が可能です。

骨の高さが5mm以下で、歯茎の側面から骨補填材を充填するサイナスリフトに対して、ソケットリフトは骨の高さが5mm以上で、さらにインプラントを埋入する歯槽頂(上顎洞の真下)から上顎洞底部を押し上げるので、傷口が小さくて済むというメリットもあります。

また、サイナスリフトに比べて術後の腫れや細菌の感染の可能性が低く、また治療回数も少ないため、患者さんの身体的な負担が少なくてすみます。

ソケットリフトのデメリット

ソケットリフトは医師による高度な技術が求められるため、治療費が高額となってしまいます。

また上顎洞底部を押し上げる際に上顎洞粘膜が破れてしまった場合、骨補填材が上顎洞を通じて鼻の内部で飛散してしまい、感染を起こしてしまうことにより上顎洞炎を引き起こしてしまう危険性があります。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
インプラントの種類
インプラントの種類
インプラントとは 通常インプラントは、歯には根と呼ばれる歯の土台を支える部分があります。歯を失うと根がなくなるためまずはその根を作る作業が必要になってきます。インプラントには多くの種類があり、大分の歯科医院によって取り扱うメーカー・種類を取り扱う製品は異なってきます。インプラントは頬の骨に埋め込む「インプラント(人工歯...
マイクロスコープ(顕微鏡)とは
マイクロスコープ(顕微鏡)とは
マイクロスコープとは 近年、歯科治療は技術とともに、より精密さを求められるようになってきました。 そして高度な歯科治療においては、ミクロン単位の正確さが要求されます。正確で成功率の高い歯科治療を行うため、必要に応じて肉眼の2倍〜30倍もの倍率で治療を行える実体顕微鏡のことをマイクロスコープといいます。 マイクロスコープ...
インプラントのオーバーホール
インプラントのオーバーホール
インプラントのオーバーホールとは インプラントは、失った歯の機能や見た目を回復することができる治療法ですが、長く快適に使用するためには、定期的に歯科医院でのメンテナンスが重要となります。その際に、インプラント体と上部構造(アバットメントと人工歯)を取り外し、連結部分をキレイに清掃してから再度取り付ける「オーバーホール」...
インプラントのデメリット
インプラントのデメリット
急な事故や怪我、虫歯や歯周病などで歯を失ってしまった際に、歯の機能や見た目を回復するインプラント治療ですが、様々なメリットがある反面、デメリットもあります。メリットだけでなくデメリットもしっかりと理解して頂くことが、安心したインプラント治療をおこなうことに繋がるのです。 インプラントのデメリット 外科手術が必要 インプ...
ノーベルガイドとは
ノーベルガイドとは
ノーベルガイドとは インプラントの手術は、ほとんどの場合がインプラントを埋め込む前に歯茎を切って、顎の骨を見える状態にしてから、埋め込む位置を決めます。 しかし患者さんの中には、手術で歯茎を切ることが怖いと思っている方もいます。そういった場合に、事前にCTスキャンでの撮影を行い、骨の状態を確実に把握し、埋め込む位置を決...
インプラント手術前の精密検査
インプラント手術前の精密検査
トラブルを避けるために インプラント治療はインプラントを顎の骨に埋入する「外科手術」が必要です。それにより手術をする歯科医師の口腔外科(インプラント)に関する豊富な知識と、熟練した技術および経験が非常に重要となってきます。大分県でインプラント治療をお考えの方は経験豊富な歯科医院を選ぶ事が大事です。 治療を始める前に歯や...