安心してインプラント治療を受けるには

安心してインプラント治療を受けるには

インプラント治療は顎の骨にインプラント体を埋入するといった外科的手術を必要とするため、どうしても治療自体に不安を抱いている方は多いのではないのかと思います。しかし近年のインプラントは不安のイメージを取り除くよう、医療設備の充実や歯科医師の技術や研究など、歯科医療の向上に力を入れている歯科医院も多くなっており、患者さんが安心して安全なインプラント手術を受けることができるようになっています。このような安心して受けることができるようになったインプラント治療ですが、より安心して治療を受けるためには、やはり歯科医院選びが重要になるといえます。大分県にも数多くの歯科医院がありますが、何を選ぶ基準にするのが良いのかをご説明いたします。

正しい歯科医院を選ぶための基準

事前のカウンセリングや検査、診断をおこなう医院

インプラント治療を安全に終えるためには、事前のカウンセリングや検査、診断がとても重要です。治療ではチタンなどの金属を使用するため、金属アレルギーやその他にアレルギーがないのかを事前に検査したり、病気をしていないかなどの現在の身体の状態や、服用している薬があるかを医師がカウンセリングで聞いてくれるのかが大切です。検査や診断、カウンセリングが不十分だったり不適切だと、インプラント治療後のトラブルのリスクが高くなるだけではなく、最悪の場合インプラントが脱落してしまう危険性もあります。特に糖尿病や骨粗しょう症などの疾患のある方や、顎の骨が少ない方には特にしっかりとした検査が必要になり、事前に適切な処置をおこなわないと治療をすることができません。

治療が失敗しないためにも事前のカウンセリングや検査、診断をおこなう医院を選ぶようにしましょう。また血液検査をおこなっている医院も安全性を考慮しているためおすすめです。患者さん自身が現在感じていない体の不調や病気を事前に把握することが可能になります。

さらに患者さんにとって歯や口腔内の悩み、精神的不安や金銭的不安などを事前に聞いてもらえることが、どれだけ心強いかをちゃんと理解してくれる歯科医院をおすすめいたします。

衛生管理の徹底、医療設備の充実

インプラントの手術は無菌状態でおこなわれます。そのため手術室や医療器具などの衛生管理が徹底されていることがとても重要です。インプラント手術中に細菌感染してしまうと、インプラント周囲炎などの危険性が高くなってしまいます。手術室が完全個室だったり、手術に使う器具の洗浄・滅菌の徹底やエプロンやグローブなどの使い捨てできるものは、なるべく使い捨てのものにするなどの衛生管理が徹底することで、院内感染のリスクは大きく変わってきます。衛生管理の徹底がなされていたり、空気清浄機の設置や清掃ができているかなども正しい医院の選び方の一つです。

さらに歯科用CTスキャンやマイクロスコープなどの最新の医療設備を取り入れていたり、サージカルガイドやショートインプラントなどの新しい技術を取り入れている医院は、安全で安心な治療が受けられる環境が整っているということになるためおすすめです。さらに歯科医院によっては、インプラント手術中に専門の麻酔科医や体調管理専門医師を常駐しています。そのため手術中に患者の心拍数や血圧、酸素飽和度などの体調管理が安心してでき、麻酔科医がいることで緊急事態にも対応でき、また静脈内鎮静法をおこなうこともできるので、患者さんの不安や恐怖心を和らげて安心して手術をおこなうことができます。

医師の技術や実績

インプラント治療には歯科医師の技術が大きく関係しています。医師の技量を判断することは難しいですが、今までに治療してきた症例や医師が取得している資格、実績などは歯科医院のHPなどで知ることができます。もしもご自身と似た症例を治療した経験がある場合は医師からの詳しい治療の説明を受けることも大切です。

さらに長年の実績と信頼を持ったインプラントメーカーを使用しているかどうかも、歯科選びでとても重要です。また、患者さんの治療に対して治療方法の選択肢を説明してくれたり、それぞれの治療方法のメリットやデメリットなども教えてくれる医師は、インプラント治療について豊富な知識や経験、技術を持っているといえるでしょう。そのため治療や決断を急がせるような歯科医院はおすすめできません。

アフターケアの充実

インプラント治療によって取り戻した歯を、少しでも長く使用していただくためにも治療が終わってからのメンテナンスが大切です。メンテナンスを放置すると、インプラント周囲炎などになってしまう危険性もあり、インプラントの寿命を短くしてしまうのです。ですので治療後のメンテナンスの重要性の説明や、医院での定期的メンテナンスをおこなってくれるような、アフターケアが充実した医院を選ぶようにしましょう。また、もしもインプラント治療後に何らかの不具合が起きた場合の保証制度があるかどうかも事前に確認しておくことをおすすめいたします。

インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
歯周病のリスクと対処方法
歯周病のリスクと対処方法
歯周病とはどんな病気? 歯周病とは細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいるとそこに多くの細菌が停滞して(プラークの蓄積)歯肉の辺縁が炎症を帯びて赤く腫れたりします。そして進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなって歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯...
インプラント治療前に必ず治しておくべき「歯周病」 
インプラント治療前に必ず治しておくべき「歯周病」 
歯周病とは 歯を失ってしまう原因は様々ですが、歯を失うもっとも多い原因として「歯周病」が挙げられます。歯周病とは、ブラッシングなどの口腔ケアが不十分なため、口腔内が不衛生になり、歯と歯茎の隙間に歯垢(プラーク)が溜まることによって、歯茎が歯垢の中の歯周病菌に感染し炎症を起こす疾患です。初期段階の歯周病は、痛みなどの自覚...
動物と人間の歯の違い
動物と人間の歯の違い
人間の歯は、乳歯から永久歯へと1度だけ生えかわります。歯の数は、乳歯は20本で永久歯は28本(親知らずを含むと32本)です。動物にも歯がありますが、人間の歯と違い動物の歯は動物によっては一生歯が伸び続けたり、抜けても何度も生える歯をもつ動物もいます。動物と人間の歯はどのように違うのでしょうか。ご説明致します。 動物の歯...
インプラント治療は自己管理も大切
インプラント治療は自己管理も大切
インプラント治療は、歯を失った顎の骨にチタン製のインプラント体(人工歯根)を埋入します。インプラント体と骨がしっかりと結合する「オッセオインテグレーション」によって、インプラント体が安定するため、治療後はしっかりと咀嚼することができ、まるでご自身の歯のように快適に食生活をおこなうことができる治療法です。また、しっかりと...
食べるとき左右均等に噛んだほうがいい?
食べるとき左右均等に噛んだほうがいい?
食べ物を食べるときに、気付かないうちに片側の歯だけで噛んでいる方は多くいらっしゃいます。私たちは食べるときに、下顎から頭蓋骨の側面にかけての筋肉である咀嚼筋を使います。この咀嚼筋は、左右どちらかに偏ってしまった噛み方を続けてしまうことで、頻繁に噛む側の咀嚼筋だけが発達してしまいます。咀嚼筋も筋肉ですので、利き腕が反対側...
口腔外科と歯科の違い
口腔外科と歯科の違い
歯科医療分野について 歯科の分野は大きく分けると一般歯科、小児歯科、矯正歯科、口腔外科があります。一般的に歯科医師は口腔領域のみについてのみ学ぶわけではなく、医科分野も含めた基礎学と共に口腔領域を中心とした臨床学の知識を持っています。臨床学には「保存歯科」(削ってつめる治療や歯周病治療、神経の治療など)、「補綴(ほてつ...