インプラントかブリッジかで悩んだとき

現在の歯科治療では、歯を失ったときの治療方法として、インプラント治療の他にブリッジ治療があり、どちらの治療法がいいのか悩んでいる方は多いかと思います。そのためにはまず、インプラントとブリッジのそれぞれのメリットとデメリットをよく知っておくことが大切です。

インプラントのメリットとデメリット

インプラントは見た目が美しく、治療していることが周囲に分からないほど自然な歯とほとんど変わリません。また噛む力は、天然の歯とほぼ同じように噛むことができます。さらにインプラントは違和感がほぼ無く、そのため食べ物を食べた時の味覚などへの影響もほとんどありません。

またそれぞれの歯が独立しているため、周辺の天然歯を削ることなく治療ができ、他の歯への影響もありません。もし万が一、治療をしたところにトラブルが起きた場合も、構造物を外して土台の歯を削り直すといった手間がかからず、その部分だけを治療すれば大丈夫です。

しかしインプラント治療を行うには、患者さん自身の状況や治療内容をしっかりと理解してもらうため、インプラント治療を始める前に、いくつかの検査やカウンセリングを受けることが必要となります。その際ごく稀ではありますが、アレルギーが起こってしまったり、症状や疾患によってはインプラント治療ができない場合もあります。

 

詳しく知ろう金属アレルギーでもインプラント治療はできる?

 

検査やカウンセリングをした後、人工歯根を顎の骨に埋め込まなければいけないため、インプラント治療では外科手術が必要になります。そして人工歯根が骨と結合した後にアバットメントや上部構造(人工歯)を取り付けるため、治療期間が長くなってしまいます。またインプラントの上部構造には、自然の歯と同じように歯石(歯の表面にできたプラークが唾液中のミネラル分とくっついて石のようになったもの)がつきます。しかし、インプラントは歯よりも防御する力が弱いため、定期的に歯科医院に通ってメンテナンスを受けることが必要となります。定期的なメンテナンスを怠ってしまうと歯周病になってしまったり、最悪の場合インプラント自体が抜けてしまうこともあります。

またインプラント治療は基本、自由診療(自費診療)ですので、保険適用外の治療となるため、治療費が高額になってしまいます。(※医院によって異なる)

ブリッジのメリットとデメリット

ブリッジは手術等の外科的治療が必要ありません。また保険を適用することができるため、治療費を抑えることができます。(セラミックは保険適用外)

さらに治療期間も長い期間を要するインプラントとは違い短期間で治療することが可能です。

しかしブリッジ治療は、1本以上の連続した複数本の歯が抜けてしまった場合での治療になると、ブリッジの強度も下がってしまい、土台となる歯にも無理な力がかかってしまいます。さらに、抜けてしまった歯の両側に健康な歯がなければ、入れることはできないため、ブリッジ治療をすることが難しくなる場合があります。

また歯の上にそのままブリッジを取り付けてしまうと噛み合わせが変わってしまうため、土台となる歯を削る必要があります。そのため、大きな負担をかけてしまい、その歯の寿命を短くしてしまうこともあります。もともと歯の表面にはエナメル質という硬い組織で覆われていますが、ブリッジをするために歯を削った場合、エナメル質は削られてしまいます。ブリッジ治療は両隣の歯を平行に削らないと、被せ物が入らないので、通常よりも削る量が多くなってしまいます。個人差がありますが、歯が真っ直ぐでなく斜めになって生えていると、更に削る量が増えてしまい、エナメル質はほとんどなくなってしまいます。エナメル質がなくなってしまうと、歯の強度が落ちてしまい歯の強度も落ちてしまいます。さらに歯を削った後、歯に痛みが出た場合、神経を取らないといけない場合もあります。

取り外しができないブリッジは、ブリッジと歯茎の間に隙間ができてしまうことがあり、隙間に食べかすなどがたまりやすく、普段気をつけてブラッシングなどを行っていない場合、土台の歯が虫歯や歯周病になってしまうことがあります。

また、噛み合わせの調整が正しくないと土台の歯に過度な負担がかかってしまい、使っているうちに歯が割れてしまうこともあります。

インプラントかブリッジかで悩んだとき

インプラントとブリッジの【メリット】の面において、どういったところが『より優れているか』をそれぞれ比較したものを含めると、上記のようになります。

インプラントやブリッジについてのご質問・ご相談は大分県の歯科医院でも無料で初診カウンセリングを行なっているところもありますので、まずこれらのメリット、デメリットを知っていただき、その上で患者さんの最も理想とする治療方法を選択していただくことをおすすめします。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
8020(ハチマルニイマル)運動とは?
8020(ハチマルニイマル)運動とは?
8020運動とは 989年に、当時の厚生省と日本歯科医師会が推奨する「80歳になっても自分の歯を20本以上を保とう」という運動のことをいいます。ご自身の歯が20本以上のあれば、食生活にほぼ影響がなく満足して食べることができるといわれているため、生涯を通してご自身の歯で食べ物を食べる楽しみを味わいながら生活できるようにと...
昔と現代的な歯科治療の違い
昔と現代的な歯科治療の違い
これまで虫歯の治療法というと、歯を削ることが主流でした。命に関わることでもないからと、虫歯や歯周病といった口の中のトラブルは、ついつい放置しがちになってしまい、痛みが出て初めて歯医者さんに行き、痛みさえとってもらえばいいと思い応急の治療を受けた結果、歯を削ったり、神経を抜かれたりして、口の中が詰め物だらけになってしまっ...
銀歯を白くするには
銀歯を白くするには
虫歯を治療する際に、保険適用治療において奥歯などに使用されることが最も多いのは一般的に「銀歯」と呼ばれる金銀パラジウム合金です。しかし、近年では白い材料を用いて治療する方法も増えてきており、過去の補綴治療で使用した銀歯を外して白い材料の歯に変える方も多くなっています。銀歯を白くする方法をご説明いたします。 銀歯を白くし...
インプラント手術後のメンテナンス
インプラント手術後のメンテナンス
インプラントを入れた後の定期検診やメンテナンス インプラントだけではなく、あらゆる手術はそのあとのメンテナンスが重要となってきます。術後のメンテナンスを怠るとその後の経過に大きな影響と与えててしまいます。インプラントは人口の歯を埋め込むという大きめの歯科手術となり、その後のメンテナンスをしっかりとする事で長く使える歯を...
妊娠と歯科治療の問題
妊娠と歯科治療の問題
妊娠をすることで、医療において様々な問題や制限が起こります。歯科治療においても例外ではありません。歯科ではレントゲンを撮ることもありますし、痛み止めや炎症止めなどの薬も処方されます。また場合によって麻酔も必要となります。妊娠をしている方で、歯科治療をおこなうことに不安を感じている方も多くいらっしゃるかと思います。妊娠と...
口腔洗浄機は本当に良いのか?
口腔洗浄機は本当に良いのか?
歯や歯茎などの口腔内の汚れや歯垢を、強力な水流と水圧によって洗い流す口腔洗浄機というデンタルケア家電が、近年多くの家電メーカーから発売されています。 この口腔洗浄機ですが、歯間ブラシやデンタルフロスが苦手な人でも、あまり抵抗がなく使用でき、さらに歯の汚れだけでなく歯周ポケットの洗浄にも効果があることから、近年注目されて...
インプラント手術の危険性について
インプラント手術の危険性について
インプラント治療は失ってしまった歯を取り戻すための治療法としての人つです。多くの方がインプラント治療によって歯を失う前の生活に戻ることが出来、快適な生活を過ごされています。さらに、近年では歯を白くみせたい、綺麗な歯並びにしたい、などといった審美的治療を目的としてインプラント治療を受ける方も多くなっています。 しかし、イ...