インプラントかブリッジかで悩んだとき

現在の歯科治療では、歯を失ったときの治療方法として、インプラント治療の他にブリッジ治療があり、どちらの治療法がいいのか悩んでいる方は多いかと思います。そのためにはまず、インプラントとブリッジのそれぞれのメリットとデメリットをよく知っておくことが大切です。

インプラントのメリットとデメリット

インプラントは見た目が美しく、治療していることが周囲に分からないほど自然な歯とほとんど変わリません。また噛む力は、天然の歯とほぼ同じように噛むことができます。さらにインプラントは違和感がほぼ無く、そのため食べ物を食べた時の味覚などへの影響もほとんどありません。

またそれぞれの歯が独立しているため、周辺の天然歯を削ることなく治療ができ、他の歯への影響もありません。もし万が一、治療をしたところにトラブルが起きた場合も、構造物を外して土台の歯を削り直すといった手間がかからず、その部分だけを治療すれば大丈夫です。

しかしインプラント治療を行うには、患者さん自身の状況や治療内容をしっかりと理解してもらうため、インプラント治療を始める前に、いくつかの検査やカウンセリングを受けることが必要となります。その際ごく稀ではありますが、アレルギーが起こってしまったり、症状や疾患によってはインプラント治療ができない場合もあります。

 

詳しく知ろう金属アレルギーでもインプラント治療はできる?

 

検査やカウンセリングをした後、人工歯根を顎の骨に埋め込まなければいけないため、インプラント治療では外科手術が必要になります。そして人工歯根が骨と結合した後にアバットメントや上部構造(人工歯)を取り付けるため、治療期間が長くなってしまいます。またインプラントの上部構造には、自然の歯と同じように歯石(歯の表面にできたプラークが唾液中のミネラル分とくっついて石のようになったもの)がつきます。しかし、インプラントは歯よりも防御する力が弱いため、定期的に歯科医院に通ってメンテナンスを受けることが必要となります。定期的なメンテナンスを怠ってしまうと歯周病になってしまったり、最悪の場合インプラント自体が抜けてしまうこともあります。

またインプラント治療は基本、自由診療(自費診療)ですので、保険適用外の治療となるため、治療費が高額になってしまいます。(※医院によって異なる)

ブリッジのメリットとデメリット

ブリッジは手術等の外科的治療が必要ありません。また保険を適用することができるため、治療費を抑えることができます。(セラミックは保険適用外)

さらに治療期間も長い期間を要するインプラントとは違い短期間で治療することが可能です。

しかしブリッジ治療は、1本以上の連続した複数本の歯が抜けてしまった場合での治療になると、ブリッジの強度も下がってしまい、土台となる歯にも無理な力がかかってしまいます。さらに、抜けてしまった歯の両側に健康な歯がなければ、入れることはできないため、ブリッジ治療をすることが難しくなる場合があります。

また歯の上にそのままブリッジを取り付けてしまうと噛み合わせが変わってしまうため、土台となる歯を削る必要があります。そのため、大きな負担をかけてしまい、その歯の寿命を短くしてしまうこともあります。もともと歯の表面にはエナメル質という硬い組織で覆われていますが、ブリッジをするために歯を削った場合、エナメル質は削られてしまいます。ブリッジ治療は両隣の歯を平行に削らないと、被せ物が入らないので、通常よりも削る量が多くなってしまいます。個人差がありますが、歯が真っ直ぐでなく斜めになって生えていると、更に削る量が増えてしまい、エナメル質はほとんどなくなってしまいます。エナメル質がなくなってしまうと、歯の強度が落ちてしまい歯の強度も落ちてしまいます。さらに歯を削った後、歯に痛みが出た場合、神経を取らないといけない場合もあります。

取り外しができないブリッジは、ブリッジと歯茎の間に隙間ができてしまうことがあり、隙間に食べかすなどがたまりやすく、普段気をつけてブラッシングなどを行っていない場合、土台の歯が虫歯や歯周病になってしまうことがあります。

また、噛み合わせの調整が正しくないと土台の歯に過度な負担がかかってしまい、使っているうちに歯が割れてしまうこともあります。

インプラントかブリッジかで悩んだとき

インプラントとブリッジの【メリット】の面において、どういったところが『より優れているか』をそれぞれ比較したものを含めると、上記のようになります。

インプラントやブリッジについてのご質問・ご相談は大分県の歯科医院でも無料で初診カウンセリングを行なっているところもありますので、まずこれらのメリット、デメリットを知っていただき、その上で患者さんの最も理想とする治療方法を選択していただくことをおすすめします。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
定期的に歯のクリーニングをおこないましょう
定期的に歯のクリーニングをおこないましょう
定期的に歯のクリーニングの重要性 インプラント治療は一度治療が終わってしまうと、その後のご自身での日々のお手入れや、定期的な歯科医院でのメンテナンスをついつい怠ってしまう方も多いのが現状です。毎日の飲食や喫煙者によるタバコなどよる食べ残しや着色などは、日々のご自身でのブラッシングだけではなかなか取り除くことはできません...
インプラントのオーバーホール
インプラントのオーバーホール
インプラントのオーバーホールとは インプラントは、失った歯の機能や見た目を回復することができる治療法ですが、長く快適に使用するためには、定期的に歯科医院でのメンテナンスが重要となります。その際に、インプラント体と上部構造(アバットメントと人工歯)を取り外し、連結部分をキレイに清掃してから再度取り付ける「オーバーホール」...
健康寿命と歯の関係
健康寿命と歯の関係
健康寿命と歯の関係 近年、高齢化が進む日本ですが、健康に長生きするためには咀嚼する、いわゆる「よく噛むこと」が重要視されています。年齢や治療中の病気や生活習慣などの影響などを除き、歯が多く残っている人や、歯の本数は少なくても義歯などを入れている人の方が、歯が少ない人や、義歯を入れていない人とを比較すると、その後に認知症...
噛み合わせの重要性
噛み合わせの重要性
噛み合わせが悪いと 噛み合わせが悪い方の場合、口内環境では「顎関節症」「虫歯」「歯周病」などが発症しやすくなります。また、全身症状といたしまして、頭痛や肩こりなど全く別の部位の不調を引き起こす場合があります。これは周囲の筋肉のバランスが崩れ、筋肉に余計な負荷がかかります。そのため筋肉が常に緊張した状態が続き、首や肩の凝...
インプラントで使用されるパーツ
インプラントで使用されるパーツ
インプラントとは人工の材料や部品を体に入れることの総称です。インプラント治療は失った歯の機能や見た目を取り戻す治療法で、複数のパーツを使って治療を行いますので高度な技術が必要になります。 大分県でインプラント治療をお考えの方は症例数、設備など信頼のおける歯科医院を探すことが大事になります。インプラント体は人工歯の歯根の...
インプラント治療と喫煙の関係は
インプラント治療と喫煙の関係は
喫煙による歯への影響 喫煙による身体の健康への被害はさまざまですが、歯への影響も、もちろん例外ではありません。 喫煙をする際、タバコのニコチンにより毛細血管が収縮し血行が悪くなるので、歯茎の毛細血管も同様に収縮してしまい、創傷治癒が遅れたり、インプラントと骨の結合を阻害したりします。インプラント治療を行った場合、 歯周...
インプラント手術前の精密検査
インプラント手術前の精密検査
トラブルを避けるために インプラント治療はインプラントを顎の骨に埋入する「外科手術」が必要です。それにより手術をする歯科医師の口腔外科(インプラント)に関する豊富な知識と、熟練した技術および経験が非常に重要となってきます。大分県でインプラント治療をお考えの方は経験豊富な歯科医院を選ぶ事が大事です。 治療を始める前に歯や...
保険外治療(自費治療)をおススメする理由
保険外治療(自費治療)をおススメする理由
歯科の治療は、大きく分けて健康保険が使える「保険治療」と健康保険が使えない「保険外(自費)治療」の2種類があります。しかし「そもそもなぜ保険が使える治療と、使えない治療があるのか?」、「この2つの治療は一体なにが違うのか?」などということに対して、よく分からないという方も多いのではないでしょうか。 しかしどちらの方がお...