歯がなくなってて放置してても大丈夫?

インプラントをためらって歯を抜けたままにしてはいけません

歯が抜けてしまったまま特に問題がないからといって、そのままにしている方も多いのではないでしょうか?人の歯(永久歯)は上下合わせて28本、親知らず4本を含めると、全部で32本あります。正面から見て順に「前歯」「小臼歯」「大臼歯」と呼ばれ、それぞれ上下の歯がバランス良く噛み合うようになっています。歯は1本ないだけでバランスを崩し見た目やかみ合わせはもちろん、身体にも影響が出てしまう可能性があります。

歯を抜けたままにしてたらどうなるの?

見た目が悪くなる

歯は人に与える印象は大きく、歯が抜けたままですと見た目が悪く他の人からの印象が悪くなります。普段はあまり人の歯を意識して見ない人でも、相手の口の中に歯がなかったりするとすごく気になるものです。また、本人もそれを気にして、笑ったり コミュニケーションを取りにくくなってしまうこともあるようです。

歯が伸びる

歯は噛む相手の歯、隣の歯があることによって一定の位置に保たれます。例えば、下の歯が1本抜けたとします。そうすると、その歯と噛み合っていた上の歯が、噛み合わさる歯が無くなったことで伸びてきます。そのまま放置し続けると歯が浮いたようになり、最後には歯が抜け落ちてしまうことにもなりかねません。

顔の輪郭が変化する

奥歯が抜けた場合は頬・あごのラインが内側に寄り顔の輪郭が変わってくることがあります。前歯が抜けた場合は口元にシワができたりします。また、歯が抜けて咬む力が衰えると顔の筋力が低下し、シワやたるみが増えやすくなり、老けた印象になってしまいます。

脳への刺激が減少

噛むという行為は、脳にも良い刺激を与えます。しっかり噛めない方(合わない入れ歯をお使いの場合も同様です)は、非常に認知症になりやすいというデータも出ています。

抜けた歯の両隣の歯が傾いてくる

隣り合う歯が相互に力を掛け合うことによって、歯はその位置を保っています。歯が抜けるとその歯の両隣にあった歯にとっては支えを失うことになり歯が抜けた方向に傾いてしまいます(基本的には前の方に)。放置しておくとさらに隣の歯も同じように傾いてしまいます。そうすると、歯と歯の間にできる隙間が大きくなり歯に物が挟まりやすくなり、歯垢が溜まりやすくなって虫歯や歯周病の原因になってしまう可能性があります。また中途半端なスペースが不足しインプラントを入れることが困難になります。

消化しにくくなる

歯を抜けたままにしておくと今までのように日常で咀嚼(噛んで食べる)事ができなくなります。咀嚼ができないということは唾液の分泌も少なくなり、消化するときに消化器官に負担がかかることになり消化吸収がしにくくなります。

咀嚼能力が低下

歯が無くなると、当然すべての歯が揃っていた時に比べて咀嚼能力が低下します。
特に奥歯の噛む力は重要で、入れ歯を使用しないと転倒するリスクが2.5倍高くなるというデータがあります。下顎が不安定になり、体のバランスを保つことが難しくなるのです。特に高齢者は歯を喪失している割合も高くなりますから、転倒事故なども考慮して、入れ歯を外したままにするのは避けましょう。

発音が変わる

歯がないと隙間から息が漏れて発音が不明瞭になり、コミュニケーションを取りにくくなってしまいます。事上対話を必要とする場合などは特に不便ですので、なるべく早めに失った部分を補うための治療を受けられることをおすすめします。

治療費が高額になる可能性

「歯が1本抜けただけなら、大丈夫」と思われるかもしれませんが、抜けた歯を放置しておくことでお口の中の環境が変わり、歯並びも変化します。それによりさまざまなトラブルが生じて、他の歯の治療も必要となるため、結果的には費用がかさむ恐れがあります。

歯がないとなぜインプラントがよいのか

歯が抜けてしまうと色々な問題が起こることがお分かりいただけたと思いますが、インプラントおススメするのは、顎の骨に直接人工歯根を埋め込むので自分の歯のように強い力で噛めるからです。従来からあるブリッジも良い治療方法ですが、両隣の健康な歯を削る必要があったりと他の歯の健康をうばってしまいます。インプラントはその点全く他の歯に影響を与えず、審美性にすぐれていて噛み心地も違います。

メリットがたくさんあるインプラントですが、重度の全身疾患がある場合や、妊娠している場合、顎の骨が一定の基準に達していない場合はインプラントに不適応なこともあります。
そのため、まずは大分県のインプラント医院で相談することをおすすめします。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
プラーク(歯垢)とは
プラーク(歯垢)とは
プラーク(歯垢)とは、歯に付着する細菌の塊です。黄白色や白色をしているため、肉眼では分かりづらいこともありますが、舌で触れるとザラザラしています。また、プラークはそのネバネバとしていて粘着性が強く、うがいをした程度では取り除くことができません。さらに、プラーク中には細菌が約600種類も存在しており、1mgにつき約1億個...
警察歯科医とは
警察歯科医とは
警察歯科医とは 警察歯科医とは、遺体の損傷が激しく見た目で確認できない場合に、警察署より依頼を受け、身元不明遺体の歯や口腔内の状態(歯科所見)を確認して、生前に歯科治療を受けている痕跡や患者さんのカルテやレントゲン写真などを照らし合わせることで身元を特定したり、本人特定の際の検視の補助をおこないます。 警察歯科医が世間...
インプラント医院の選び方
インプラント医院の選び方
インプラント治療は、顎の骨にインプラント体を埋入する外科手術が必要なため、どの歯科医院でも治療がおこなうことができるわけではありません。一般的な歯科治療とは違い、神経や骨格の構造など、外科手術をおこなうために医学的な専門的な知識が必要とされます。さらに歯科医師の豊富な経験や実績、技術なども患者さんが安心して治療を受けて...
咀嚼(噛む事)の重要性
咀嚼(噛む事)の重要性
近年、私たちの食事は昔とは違い、柔らかい食べ物などが多くなったことから咀嚼の回数が激減してしまっていることが問題になっています。 咀嚼の回数が減ることによって、体に様々なトラブルなどが起きてしまうことがあります。逆に咀嚼の回数が増えることが体調の改善につながるということが分かっています。では咀嚼によってどのようなことが...
蓄膿症と歯科疾患の関連について
蓄膿症と歯科疾患の関連について
副鼻腔炎とは、鼻の奥やその周囲にある空洞が炎症を起すことで膿が溜まってしまう疾患で、蓄膿症とも呼ばれます。風邪やアレルギーによる鼻炎から発症することが多く、一般的には耳鼻科疾患の一つといえるため、歯科の領域とは関係ないと思いがちですが、実は虫歯や歯周病などの歯科疾患が原因となって発症する場合があるのです。 歯科疾患と副...
異常はないのに感覚がおかしい口腔心身症とは
異常はないのに感覚がおかしい口腔心身症とは
歯科(口腔)心身症とは 歯や歯茎、舌や口唇など口に関連する器官の感覚に異常が現れていると思っているのに、治療してもなかなか改善せずに原因が分からないということがあります。こうした患者さんの中には、歯科(口腔)心身症の疑いがある場合があります。 歯科の治療対象の場所である口、顔、顎には、知覚神経が多く存在します。口唇や口...
良いインプラント医院の選び方は?
良いインプラント医院の選び方は?
現在多くの歯科医院がある中で、インプラントの治療を受ける際どこの歯科医院で治療を受けるべきなのか、何を基準として医院を選べばいいのかを、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 インプラント治療は、費用が高額であること、また治療には手術は必要なことや、治療期間が長くなることなど、患者さんへの身体的、経済的負担も大きくな...