歯根膜とは

私たちが普段、物を噛んだり運動の際に噛み締めたりするとき、その力の強弱をコントロールする重要な働きをしているのが「歯根膜」という歯の周りにある部分です。

歯根膜とは、天然歯の根っこの周囲を覆っています。別名「歯周靭帯」とも呼ばれており、コラーゲン線維がおよそ半分を占める組織です。

歯根膜の働き

歯槽骨の吸収を防ぐ

歯根膜は歯を支える歯槽骨と歯の間にあり、歯と歯槽骨を強固に結びつけています。天然歯が残っていれば、その歯の周囲の歯根膜によって歯槽骨の吸収を防いでくれます。歯が数本しか残っていないのに残った歯が歯周病になっていない場合は、歯根膜により歯の周囲の歯槽骨が十分残って盛り上がっています。しかし歯を抜いてしまっている部位は、骨吸収が進行してしまっているケースが高齢者の方に多く見られます。

感触や刺激を感知して脳に伝える

歯根膜には痛覚や触覚という感覚を感知するため、噛んだ時の硬さや微妙な感触、刺激を感知して脳に伝えます。このセンサーのような働きにより、硬いものや柔らかいものを食べる時に噛む力(咬合圧)を調節することができます。

過剰な力がかかるのを防ぐ

歯根膜は噛み合わせの際に、過剰な力が歯にかかるのを防ぐクッションのような役割を果たしており、通常噛むと歯はわずかに沈んだり微小な揺れを生じたりします。これは歯根膜が様々な方向から加わる力を上手く逃しているからなのです。

歯根膜炎

虫歯はないのに、噛むとなぜか歯が痛むということがあります。このような症状は、歯根膜が何らかの影響で炎症を起こしてしまった歯根膜炎による痛みの場合があります。その際、自然に痛みが引いて治ることはありません。 歯根膜炎の原因としては歯髄炎が治らずに歯根の先端から炎症が歯の外に出てしまい、歯周組織や歯根膜が炎症してしまうことや、睡眠中の歯ぎしりや食いしばりなどがあり、歯の見た目の変化は見られませんのでご自身ではなかなか気付くことが出来ません。症状が進行すると、顎の下のリンパ節が腫れたり、頭痛がしたりします。慢性化してしまうと、歯が浮く感じがしたり噛むときに痛むという程度ですが、悪い方向に進行してしまうと骨が破壊されて嚢胞ができたり、膿が歯茎から出てくることもあります。さらに、歯根膜炎が原因で他の病気を起こす危険性もあるため、歯が浮いた感じがしたり、痛みや違和感を感じたときには早めに大分県のかかりつけの歯科医院を受診しましょう。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
インプラントの種類
インプラントの種類
インプラントとは 通常インプラントは、歯には根と呼ばれる歯の土台を支える部分があります。歯を失うと根がなくなるためまずはその根を作る作業が必要になってきます。インプラントには多くの種類があり、大分の歯科医院によって取り扱うメーカー・種類を取り扱う製品は異なってきます。インプラントは頬の骨に埋め込む「インプラント(人工歯...
インプラント治療は自己管理も大切
インプラント治療は自己管理も大切
インプラント治療は、歯を失った顎の骨にチタン製のインプラント体(人工歯根)を埋入します。インプラント体と骨がしっかりと結合する「オッセオインテグレーション」によって、インプラント体が安定するため、治療後はしっかりと咀嚼することができ、まるでご自身の歯のように快適に食生活をおこなうことができる治療法です。また、しっかりと...
歯の仕組みを理解しよう
歯の仕組みを理解しよう
食べ物を食べる際、歯でしっかりと噛むことで私たちは健康な生活を送ることができています。そんな私たちの歯は、食べる以外にも様々な役割を担っています。さらに、体の健康とも大きな関わりがあるのです。歯の仕組みと、歯の役割についてご説明いたします。 歯の仕組み 歯は上部に見えている部分の歯冠部と、歯茎の下部の歯根部に分けられま...
食べるとき左右均等に噛んだほうがいい?
食べるとき左右均等に噛んだほうがいい?
食べ物を食べるときに、気付かないうちに片側の歯だけで噛んでいる方は多くいらっしゃいます。私たちは食べるときに、下顎から頭蓋骨の側面にかけての筋肉である咀嚼筋を使います。この咀嚼筋は、左右どちらかに偏ってしまった噛み方を続けてしまうことで、頻繁に噛む側の咀嚼筋だけが発達してしまいます。咀嚼筋も筋肉ですので、利き腕が反対側...
妊娠と歯科治療の問題
妊娠と歯科治療の問題
妊娠をすることで、医療において様々な問題や制限が起こります。歯科治療においても例外ではありません。歯科ではレントゲンを撮ることもありますし、痛み止めや炎症止めなどの薬も処方されます。また場合によって麻酔も必要となります。妊娠をしている方で、歯科治療をおこなうことに不安を感じている方も多くいらっしゃるかと思います。妊娠と...
日本で行われているインプラントの現状
日本で行われているインプラントの現状
日本にインプラントの治療技術が導入されたのは、1960年頃といわれています。当時は、インプラントに対して否定的な意見も多かったようですが、現在は様々な治療技術の向上により、審美性や安全性なども向上していることから普及が進んでいます。それでも、日本のインプラント治療はアメリカやスウェーデンなどの歯科先進国に比べると10倍...
味覚障害とは
味覚障害とは
味覚障害 私たちの生活に欠かせない食事。それを美味しく食べることは、毎日の楽しみの一つでもあります。そのために大切な役割を果たしている味覚。この味覚になんらかの異常があると、味が分からなくなったり、常に口の中に苦味を感じたりしてしまうなど、食べることや飲み込むこと自体が不快に感じるだけではなく、味が分からないため腐った...
インプラントは保険が適用される?
インプラントは保険が適用される?
インプラントの治療費用が高額な理由 インプラント治療では1本あたりの費用の相場は30~40万円程といわれています。さらに術後に定期的に受けるメンテナンスの費用が掛かるため他の治療に比べて高いと感じる方は多いかもしれません。しかしインプラント治療には高度な技術が必要な上に術前のCT検査や滅菌された環境下での外科手術が必要...