インプラントノーベルガイド

ノーベルガイドとは

インプラントの手術は、ほとんどの場合がインプラントを埋め込む前に歯茎を切って、顎の骨を見える状態にしてから、埋め込む位置を決めます。

しかし患者さんの中には、手術で歯茎を切ることが怖いと思っている方もいます。そういった場合に、事前にCTスキャンでの撮影を行い、骨の状態を確実に把握し、埋め込む位置を決めておきます。そうすることで歯茎を切らなくてもインプラントを埋め込むことができるのです。

ノーベルガイドとは、手術前にCTスキャンで撮影した画像から3D画像を作成し、それをもとにコンピューターを使い、インプラントの埋入場所や角度、骨の形態や質、神経の位置等を把握し、埋入シミュレーションをすることにより、安全性や予知性が向上するガイドシステムのことです。これにより手術時の正確なインプラントの埋入をサポートします。手術時はこのノーベルガイドを歯茎に装着し、歯ぐきに小さな穴をあけて行います。ほとんど歯ぐきを切らずにインプラントを埋入するので、安全に、そして短時間で手術が終わります。

しかし高度な技術を必要とする為、現在は日本でも一部の医院しか普及していませんが、大分県では一部の歯科医院に普及しています。ただし別途費用がかかりますが、患者さんにとって大きなメリットがあります。しかし、全てのケースでできるということではありませんので、事前に歯科医とご相談ください。

ノーベルガイドのメリット

ノーベルガイドは上記にもありますが、手術前にCTスキャンで撮影した画像から3D画像を作成し、それをもとにコンピューターを使い、インプラントの埋入場所や角度、骨の形態や質、神経の位置等を把握し、埋入シミュレーションをするガイドシステムのことです。そのため多くのメリットがあります。

審美性や機能性の向上

インプラント治療は、インプラントを埋入してから仮歯、そして最終的な歯を製作するのに対し、ノーベルガイドは最終的な人工歯の3次元的形態と骨の画像を同時に見ながらインプラントの埋入位置を決定することができるため、審美性や機能性が更に向上された治療が可能となります。

手術時間の短縮

ノーベルガイドはガイド(マウスピースのような物・外科用シーネ)を用いることにより安全に手術ができるようになり、手術時間の短縮が可能です。

また歯肉の切開を不要とするため、通院回数も少なくなり、診察時間も短縮されます。

即時負荷による時間の短縮

即時負荷とは「歯のない期間をゼロに」のコンセプトに基づいて行う手術方法です。ガイドを用いることで事前に精度の高い仮歯を製作することができ、事前に最終的な歯の製作が可能となるため、患者さんはその日のうちに新しい歯を手に入れることが可能となり、元の生活に戻ることができるようになるため、日常生活への影響も少なくてすみます。

おすすめの記事