歯科の衛生面

歯科の衛生面の必要性

歯の治療のために歯科医院を選ぶ際、衛生管理の徹底した医院の方が安心できると思います。歯の治療は口の中に直接器具や人口歯などを入れるため、院内感染予防も含め徹底した衛生管理は欠かせません。特に、インプラントなどの外科処置が多い医院では、院内感染予防のために多くの費用と時間をかけて設備投資へおこなっています。お患者さんに安全で安心な治療環境をご用意することは、歯科医院の義務であるといえます。そのため歯科医院では様々な衛生面での予防方法をとっています。

歯科の衛生面について

歯科医院でおこなっている衛生管理の取り組みは、医院によって多少違いはありますが、口腔内に入るものはどんなものでも安全で衛生的であるものがもっとも重要なため、徹底した滅菌をおこないます。医院によっては衛生士が治療の合間にやっているのではなく、滅菌担当者が常駐し、治療器具の徹底した滅菌や管理をおこなっています。治療器具のほとんどは、高圧蒸気滅菌器などの専用の滅菌器で滅菌・消毒をおこない、次回使用するときまでパッキングして保管します。パックにすることで、準備段階で汚れてしまったりする危険性がなく、さらに無菌状態のままで治療に使用できます。

また医療器具には目では確認することができない汚れも沢山付着しており、消毒・滅菌処置をおこなう前に、このような汚れを完全に除去しておかなけれは、滅菌・消毒をしても二次感染の恐れがあります。その際、超音波洗浄機を使用した後に、滅菌・消毒をすることで、二次感染を防ぐことができます。さらに従来は、歯を削るための使用するドリルは、内部が非常に複雑な形態をしているため、滅菌することが難しいとされていましたが、 専用の機器を導入してドリルの洗浄までおこなっている医院もあります。その際は、ドリルも個別にパックして患者さんごとに交換をしています。

また紙コップ、エプロン、医師が装着するグローブ(手袋)などの使い捨て(ディスポーザブル)が可能なものは、患者さんごとに交換することにより、院内感染を防止しています。特にグローブは歯科医師が他の方の患者さんの口を触った後に、消毒、手洗いをしたとしても、そのまま自分の口を触られるのは抵抗感がある方も多くいらっしゃるので、全ての患者様ごとに必ず交換するよう徹底しており、中には場合によっては処置ごとに新品のグローブと交換している医院もあります。

安心できる歯科医院を選ぶために

このように歯科医院では様々な衛生管理をおこなっています。インプラント治療などの外科処置をおこなう医院は、さらに徹底した衛生管理が必要とされます。しかし患者さんは、その管理がどのくらい徹底されているのかを知ることは難しいです。

ですので治療を受ける前に、どれくらい衛生管理をおこなっているのかを直接歯科医院に確認することをお勧め致します。それにより、安心して治療をおこなうことできるのです。

おすすめの記事