歯冠長延長術

「抜歯しない」治療法として

虫歯や歯周病が重度にまで進行すると、歯科医院によっては「この歯は持たないので、抜歯するしかない」と診断されることは良くあります。食事をより美味しく、楽しく食べることができるように、なるべくなら自分の歯は残しておきたいものです。

どうしてもやむを得ない場合を除き、できるかぎり大切な歯を1本でも多く、長く残すための「抜歯しない」治療法として、クラウンレングスニング(歯冠長延長術)とエクストルージョン(矯正的挺出術)という治療法があります。

クラウンレングスニングとは?

歯はもともと歯槽骨(歯茎の内側にある骨)の中に埋まっていますが、虫歯が進んで歯茎の上に出ている歯冠(歯の部分)がほとんど無くなってしまうと、歯根の方まで虫歯が進んでしまいます。さらに、歯茎が覆いかぶさった状態になってしまうと、通常の虫歯治療では歯に土台が作れないため、抜歯になる場合があります。その際、抜歯しない治療法として、クラウンレングスニングがあります。

歯冠長延長術ともいい、その名のとおり歯茎を少し下げて、その下にある虫歯や歯が割れている部分を露出させる治療法のことです。歯茎を削って歯を露出させるため、外科処置になりますが、歯が見えてくるので虫歯の治療や根の治療、土台を立てることが可能になるので、抜歯しないで被せ物を作ることが出来るのです。

外科手術になることがデメリットといえます。

エクストルージョンとは?

クラウンレングスニングと同じく、通常の虫歯治療では歯に土台が作れないため、抜歯になってしまう場合、抜歯しない治療としておこなう治療法がエクストルージョンです。

矯正的挺出術ともいい、歯茎の下まで虫歯進んでいたり、歯茎の下で歯が割れている場合などに、歯根にフックをつけてゴムで矯正力をかけることで歯を引っ張り出して、虫歯や歯が割れた部位を歯茎の上に出すことを目的として行います。ただし残った根の部分が使用できる位の長さが残っている場合に治療が可能となります。

歯を残すことができるのですが、時間と費用がかかってしまい、根の長さも少し短くなってしまうことがデメリットといえます。

長く自分の歯とつきあうために

歯茎を下げて根を露出させる治療法のクラウンレングスニング、歯根自体を矯正力をかけることで引っ張り出す治療法のエクストルージョン。この二つは抜歯になってしまうケースが同じだとしても、治療適応所の違いによって異なります。

歯を抜くよりも残す方が難しい歯科技術においては、歯科医師の経験と技量の差がでてきます。そのため大分県の歯科医院でも、医院によって治療方針が異なる場合があります。しかし一番大切なことは、天然歯に勝る治療方法はないということです。それを理解した上で、長く自分の歯とつきあうための、より良い毎日を過ごしていくことのできる治療法を選んでいただくことをおすすめ致します。

おすすめの記事