GBR(骨誘導再生法)

GBRとは

インプラント治療の際、必要となる顎の骨。もし歯を失ってしまったまま放置してしまったり、歯周病や骨吸収などで骨が少なくなってしまい、インプラントを埋入するための十分な骨の高さや厚さが足りない場合があります。その場合、インプラントを治療するために、人工的に骨を作る骨増生手術が必要となります。骨増生手術にはサイナスリフト、ソケットリフトなどの方法があり、患者さんの症状や、ご希望の治療内容などによって治療方法が違います。

骨の少なく足りない部分に骨補填材や患者さんから採取した骨を注入し、そこにメンブレンと呼ばれる人工膜で密封することにより、骨の再生を促す治療方法をGBR(骨誘導再生法)といいます。

メンブレンには、1~7ヵ月で身体の組織として吸収される吸収性メンブレンと、組織として吸収されない非吸収性メンブレンがあります。作る骨の量が少ない場合は吸収性メンブレン、作るの骨の量が多い場合は非吸収性メンブレンを使用します。

GBRの治療の流れ

顎の骨が少ない患者さんがインプラント治療をするためには、人工的に骨を作る骨増生手術が必要となります。骨の高さや厚さが足りないと、インプラントを埋入しても骨から露出してしまうからなのです。

骨増生手術の一つ、GBR(骨誘導再生法)の治療の流れは、歯茎を切開し、顎の骨が不足している部分に骨補填材もしくは患者さんから採取したご自身の骨(主に骨盤の一部の腸骨や、顎の骨)を入れ、その上をメンブレンという人工膜で密封します。場合によってはインプラントが露出してしまう可能性がある部分を人工膜で覆い、チタン製のピンで固定することもあります。人工膜で密閉されった部分には、歯肉などの柔らかい組織が混入しなくなるため、骨の再生が促進されます。症状によって個人差はありますが、4~6ヶ月ほどで骨が再生されることにより、インプラントを安定させて固定することができるようになります。

また、インプラントを埋入するために必要な骨の量がさほど多くなく、ある程度の骨の高さや厚みがある場合は、インプラントの埋入手術とGBRを同時に行うこともできます。その際、顎の骨の高さが不足している部分に、必要となる骨の高さのところまでインプラント体を埋入します。それから埋入したインプラントの周囲に、骨補填材もしくは患者さんから採取したご自身の骨を入れ、その上をチタンフレームの入った非吸収性のメンブレンをチタンピンで固定してしたあと、縫合して密封します。チタンフレームの入った非吸収性のメンブレンは、形をつけやすいので垂直に骨を作ることができます。4~6ヶ月ほど再生期間を経てから、骨が再生してインプラント体との固定が確認出来たら、メンブレンを除去し上部構造を装着します。

GBRの治療のメリット

インプラントを埋めるために必要な骨が足りない場合でも、GBR法によって骨再生が可能となるため、インプラント治療をすることができます。骨の高さや厚みが足りていないまま、インプラントを埋入した場合、すぐに不安定になってしまいインプラントが脱落する危険性もあります。土台が大切なインプラント治療では、GBR法により必要な土台をしっかりと作ることができるため、しっかりとインプラントを安定することができるようになります。

さらに、チタンフレームの入った非吸収性のメンブレンなどにより、垂直方向に骨造成を誘導できるため、垂直に骨の量を増やすことができれば、骨の高さを補うこともできるので、GBR法により歯茎と歯冠のバランスが自然になりやすいといわれています。 特に前歯を失うと歯茎の位置が変わるため、そのまま治療するとバランスが悪くなってしまう傾向があります。そのため前歯のインプラント治療は、より自然な仕上がりが期待されます。

GBRの治療のデメリット

GBR法は高度な技術を必要とする治療法です。適切な治療をしないと細菌感染を引き起こしてしまう危険性もあります。GBR法を受ける際は、信頼できる確かな技術と経験を持った歯科医院を選びましょう

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
歯の神経について
歯の神経について
歯の神経の役割 内臓や皮膚などと同じように、体の一部である歯に神経があるということは、歯が生きているということです。歯の中の歯髄(しずい)と呼ばれる部分には神経の他に血管も入ってきています。それによって歯に栄養を与えたり、酸素を運んだり、免疫などの防御反応を伝達するなど重要な役割があります。それによって歯を丈夫な状態に...
骨が足りない方のインプラント治療
骨が足りない方のインプラント治療
インプラント治療は、顎の骨にインプラント体を埋入する外科手術が必要となるため、十分な顎の骨の量が必要となります。しかし、骨の吸収などによって骨の量が少なくなってしまっている場合は、骨量を増やすために、骨移植や骨再生といった外科処置が必要となります。骨の量が少ない部分に骨を増やす場合に、使用する材料として一番良いものは、...
インプラント治療と喫煙の関係は
インプラント治療と喫煙の関係は
喫煙による歯への影響 喫煙による身体の健康への被害はさまざまですが、歯への影響も、もちろん例外ではありません。 喫煙をする際、タバコのニコチンにより毛細血管が収縮し血行が悪くなるので、歯茎の毛細血管も同様に収縮してしまい、創傷治癒が遅れたり、インプラントと骨の結合を阻害したりします。インプラント治療を行った場合、 歯周...
電動歯ブラシと手磨きの違い
電動歯ブラシと手磨きの違い
私たちの毎日の食後などにおこなう歯磨き その歯磨きで使用する歯ブラシにも現在、多くの種類があります。 その中でも大きく分けて、歯ブラシには手磨き歯ブラシと電動歯ブラシがあります。手磨き歯ブラシの方が一般的で馴染みのある方は多いと思いますが、近年では多くの種類の電動歯ブラシが比較的手軽な金額で販売されており、私たちのみじ...
良いインプラント医院の選び方は?
良いインプラント医院の選び方は?
現在多くの歯科医院がある中で、インプラントの治療を受ける際どこの歯科医院で治療を受けるべきなのか、何を基準として医院を選べばいいのかを、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 インプラント治療は、費用が高額であること、また治療には手術は必要なことや、治療期間が長くなることなど、患者さんへの身体的、経済的負担も大きくな...