金属アレルギーでもインプラント治療はできる?

インプラントに使われる金属

現在インプラントは、ほとんどの歯科医院が金属であるチタン製の人工歯根だけを取り扱かっています。インプラント治療に用いられているのは、医療用の純チタンで、空気に触れると酸化チタンの膜ができて金属イオンが溶け出さないという特徴を持っています。このことから、アレルギーを起こしにくい金属として知られており、歯の治療だけではなく、そのほかの医療現場でも幅広く用いられています。

過去にはサファイヤやセラミック、コバルトクロム合金等で作製された装置も市場に出回っていましたが、骨に生着しににく、強度にも問題があるということもあり、現在はほとんど見なくなりました。

実際に治療を受ける際、顎の骨に埋め入れるインプラント体(人工歯根)以外に、歯の代わりとなる『上部構造』と二つを連結する『アバットメント』は金属かジルコニア(純セラミック素材)などの非金属のものから選択することが出来ます。

しかし、ごく稀にですがチタンに対して金属アレルギーを引き起こす方もいるので、注意が必要となります。

金属アレルギーが気になる方へ

チタンは前述のとおり、ほかの医療現場(ペースメーカー、骨折治療用の固定ボルト、人工関節など)でも用いられ、金属の中でもアレルギーが出にくく、特徴として身体に対して有害な作用を及ぼしにくいのですが、ごく稀に金属アレルギーの症状が出てしまう方もいるようです。

今までにアクセサリーなどでかゆみや湿疹などの皮膚トラブルの経験がある方は、治療を受ける前に歯科医師に伝えて置くことが必要です。歯科医院によっては、治療後に金属アレルギーの反応がでることを避けるため、院内でパッチテスト(試薬がついたテープを皮膚に貼り、一定の時間が経過した後の皮膚の状態を見て、どの金属にアレルギー反応があるのを調べるもの)や採血などのアレルギー検査を実施したり、皮膚科で検査を受けるよう指示したりするなど、状態を確認してからインプラント治療を行うところもあります。

金属アレルギーが気になって、インプラント治療を迷っている場合には、皮膚科などで金属アレルギーの検査をしてみることをおすすめします。

金属アレルギーが起きる仕組みについて

人体には免疫機能というものがあり、それを通じて外部のさまざまなものから体を守っています。それが何らかの理由で金属イオンが体内に溶け出してしまい、体内のタンパク質と金属が結合すると、身体は免疫機能を作動させます。この金属に対する免疫機能が過剰に働いてしまうのが金属アレルギーです。

金属が体内に取り込まれる事象はさまざまです。例えば唾液や汗などの体液と金属が繰り返し接していると、金属がイオン化され、体内のタンパク質と結合してしまいます。そうすると体内の免疫機能が反応し、これを排除することが必要だと認識して、アレルギー性を持つようになります。その後、再び同じ金属イオンが体内に取り込まれた場合に、アレルギー反応が起こり、皮膚や粘膜の破壊が生じるといわれています。

また金属アレルギーは過去にアレルギー反応がなかった方でも、体調の影響によって、ある日突然発生することもあるようです。

更に、口の中には唾液があり、プラークから出る酸により酸性化しやすく、また噛むことで金属が磨耗することから、金属のイオン化が起こりやすい状態だといわれています。

金属アレルギーで起こる主な症状

皮膚に関するアレルギー反応の症状としては、手足のかぶれや肌荒れ、シミやシワ、老化などがあります。痛みに関するアレルギー反応の症状としては、ひざの痛みや肩こり、頭痛といった症状があります。

神経に関するアレルギー反応の症状としては、立ちくらみや、気持ちが憂鬱になる、イライラする、疲労感が取れない、よく眠れないなど、心身のバランスが崩れてしまうという症状があります。

アレルギー反応と病原菌との相互作用してしまった場合、心筋梗塞、脳梗塞、アトピー性皮膚炎、発癌、糖尿病の症状が起きることがあります。

インプラント治療後に金属アレルギーが出た場合

もしもインプラント治療後に金属アレルギーが出てしまった場合、検査を行いアレルギーの要因を調べます。そこで原因がチタンと発覚した場合、アレルギーの原因を除去しない限り、症状が改善されないため、インプラント体を取り除かなければいけません。そしてインプラント体を除去した後は、該当する箇所を別の治療方法で対処します。

この場合の選択肢は、入れ歯かブリッジの2つの治療法です。ブリッジは金属を使用するといけないので、ここでは素材としてセラミックを選択することになります。

金属アレルギーのある方へメタルフリーインプラント

金属アレルギーがあり、チタンインプラントを使えない方は、金属を使わないインプラント、つまりジルコニアセラミックインプラントがお勧めです。

ジルコニアセラミックは酸化ジルコニウムというセラミックの一種で、上部構造だけではなくインプラント体とアバットメントにもジルコニアセラミックを用いることで、金属アレルギーを引き起こす可能性は限りなく低くなります。

おすすめの記事