インプラントのメリット

インプラントのメリット

今や入れ歯やブリッジと並び、歯を失った時のスタンダードな治療方法として確立しているインプラント。
インプラント治療はメリットも多く、患者様に勧める歯科医師が増えてきています。
しかし、まだまだインプラントに馴染みがないという方が多く、イメージだけで敬遠されている方が多いのが現状です。インプラントのメリットを知ることで、歯を失ってお困りの方、入れ歯・ブリッジが合わないという方には、治療の選択肢が増えることになります。

(1)お手入れしやすく、むし歯にならならず、長持ちする

インプラントにはチタンが使用され、セラミックやジルコニアなどを使用したの人工歯を使用するため、
インプラント治療した歯がむし歯になることはありません。

日常生活においては、天然歯と同じ感覚でのお手入れで済みます。チタンは摩耗や損傷に強いため、治療後の定期的なお口のチェック・メンテナンスをしっかりおこなえば、インプラントは「第二の永久歯」と呼ばれるほど、長期間に渡って活躍してくれます。

(2)入れ歯やブリッジのように取り外す面倒がかからない

インプラントは、失われた歯根に代えて顎骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を装着する治療法なので、入れ歯やブリッジのようにいちいち取り外してお手入れをするという面倒がかかりません。インプラントは、入れ歯やブリッジと比べて、治療後の日常生活において、お口の中のケアに時間と手間を取られないという大きな利点があります。

3)独立した歯をつくるため、隣の歯を削る必要がなく他の歯に影響しない

インプラントの大きなメリットは、周囲の歯への負担が少ないということです。入れ歯やブリッジは、思いのほか、他の健康な歯に負担や影響を与えます。

例えば、部分入れ歯は両サイドの歯にバネをかけて装着するので、周囲の歯が不安定になり、数年後にはその歯を抜歯しなければいけなくなることがあります。その抜歯した部分にも治療をおこなわなければならず、入れ歯の範囲がどんどん広がるという悪循環に繋がる場合があります。

また、ブリッジも場合によっては両サイドの歯を削る必要があり、健康な歯に傷をつけることになります。
インプラントは、抜けた部分のみに治療がおこなえるので、他の歯を傷つけることがほとんどなく、健康な歯を長く保つことができるのです。

(4)天然歯とほぼ同じ咀嚼能力・かたいものもしっかり噛める

食事は、人間が生活する上において、重要な役割を果たしています。
食事がおいしくなくなるということは、生きる楽しみが減るといっても過言ではありません。

入れ歯にすると、食べ物の温度や食感、歯ごたえが感じにくくなり、食べている時に、入れ歯に食べてる物が挟まったり、入れ歯がズレたりといった理由で、食事していてもおいしくないと感じたりして、食欲が無くなるという人が多くいます。

インプラントは、食事の邪魔をすることはありません。インプラントに使用するチタンと骨が結合するのでしっかりと固定することができ、食べ物を噛む力や噛み心地が自分の歯と大きく変わらないのが、インプラントの優れた点といえます。治療後は違和感が少ないため、食べ物の食感を楽しむことができ、天然の歯とほぼ変わらずに、食べ物をおいしく味わうことができます。

(5)歯槽骨の吸収を抑制できる(顎の骨がやせない)

歯槽骨とは、根膜を介して歯を支えている顎の骨の一部のことを指します。
歯を失うと、時間とともに歯槽骨の急激な収縮が起こり、徐々に歯槽骨が吸収され、顎のラインが後退してシワが目立つようになります。歯を失うと老けた印象になるという理由がここにあるのです。
インプラント治療をおこなうことで、顎の骨の退縮や変形を抑え、若々しい印象や表情を維持することができます。

(6)天然歯と見分けがつかないほど審美性が高い

口元から見える歯は、人からの印象を大きく左右します。
例えば、部分入れ歯の歯にひっかけるバネが見えてしまったりすると、特に女性は人の目が気になり、
人前で笑うことに躊躇してしまうことも多いもの。その点、インプラントは装着時に見える金具などもなく、色味も自然歯に近づけることができるので、とても自然で綺麗に仕上げることができます。

また、インプラントの人工歯に使用するセラミックやジルコニアは汚れがつきにくいため、白さを継続することができ、長く笑顔に自信を持つことができます。

(7)アレルギーが起こりにくい

金属アレルギーの人が銀歯や入れ歯などにすると、銀歯や入れ歯に使用されている金属で、アレルギーを起こす症例が多くなっています。これは、元々金属アレルギーという自覚がない方、金属を使用した治療をおこなっても今は問題がないという方も例外ではありません。

金属が、唾液などの体液や口に入れる食べ物や飲み物などに含まれる物質にさらされ、さらに、経年劣化で金属イオンが溶け出し、体の中のたんぱく質と結合したときに、身体が「異物」とみなし、その「異物」を排出するため働き、さまざまな身体症状が生じます。

口内炎や舌炎など、お口の中の異常をはじめ、全身のかゆみや蕁麻疹などの症状が現れることがあります。
これが、金属アレルギーです。インプラントは、アレルギーを起こすことが少ないチタンを使用していますので、金属アレルギーを発症する可能性は極めて低く、安全性が高いです。インプラントは、お口の健康だけでなく、全身の健康にも役立ちます。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
嚥下障害(飲み込むことの障害)
嚥下障害(飲み込むことの障害)
私たちが食べ物を食べる際の一連の動作として、まずは食べ物かどうかを認識し、それから口に入れて食べ物を咀嚼してから飲み込むという流れになります。この動作の中の飲み込むということが嚥下です。 この嚥下の際に、食べ物を上手に飲み込めない状態のことを嚥下障害といいます。嚥下障害があると、食事をする度に食べ物が喉に詰まったり、む...
インプラントで生活が変わる -男性編
インプラントで生活が変わる -男性編
急な事故や怪我によって歯を失ってしまった際に、歯の機能や見た目の美しさを取り戻す治療法として、インプラント治療があります。他の補填治療方法として、「入れ歯」や「ブリッジ」などがありますが、インプラント治療は他の補填治療と比較した場合、様々なメリットがある治療方なのです。 見た目の印象が変わることで自信が持てる インプラ...
デンタルフロスとは?
デンタルフロスとは?
毎日の食事をした後などにおこなう歯磨きですが、歯ブラシで磨いただけでは歯垢(プラーク)や食べカスをキレイに取り除くことは難しく、歯並びによっては歯ブラシが届きにくい箇所も出てきてしまい、磨き残しが原因で虫歯や歯周病になってしまうことも多いです。特に、歯と歯の間は十分に磨けていない事が多く、歯垢や食べカスが残ってしまいま...
インプラント術後の過ごし方
インプラント術後の過ごし方
インプラント手術後・治療後 インプラント治療はインプラント手術が無事に終わってもそれで終わりではありません。 治療法にもよりますが、基本インプラント体が骨としっかりと結合するまでは約3ヶ月〜6ヶ月の治癒期間を必要とします。そして骨と結合が確認出来てから人工歯(被せ物)を装着します。治療が終わってもご自身でのセルフメンテ...
味覚障害とは
味覚障害とは
味覚障害 私たちの生活に欠かせない食事。それを美味しく食べることは、毎日の楽しみの一つでもあります。そのために大切な役割を果たしている味覚。この味覚になんらかの異常があると、味が分からなくなったり、常に口の中に苦味を感じたりしてしまうなど、食べることや飲み込むこと自体が不快に感じるだけではなく、味が分からないため腐った...
手術後の薬の処方について
手術後の薬の処方について
インプラント治療は顎の骨にインプラントを埋め込む外科治療になります。そのため手術後は麻酔が切れたあとに多少の痛みが出る事が予想され、必ず痛み止めなどののミクスが処方されます。外科手術の際は、埋め入れるインプラントの本数にかかわらず、鎮痛剤(痛み止め)や、抗生物質(化膿止め)、消炎酵素剤(炎症止め)などの服用薬を術後(場...