殺菌水による歯科治療

近年、歯科医院によっては院内感染予防対策や歯周病治療のために、給水ユニットにエピオス エコ システムを導入している医院があります。エピオスウォーター(POICウォーター・ポイックウォーター)を院内のコップ水から手洗い水まで、すべての場所で使用することで、ほぼ全ての細菌・ウイルスの殺菌が可能です。エピオスウォーターの生成にあたっては、薬剤や薬品は一切使用しておらず、高純度の塩と超純水だけを電気分解して生成しているため、小さいお子さんからご年配の方までどなたでも安心して治療を受けて頂くことができます。

エピオス エコ システムとは

歯科の給水ユニットは、水系チューブの変質やサックバックなどの血液逆流などが原因で、細菌やウィルスに汚染されやすい状況にあり、米国CBS・米国ABC・東京医科歯科大・日大の治療水調査などによると、シリンジやタービンでの吐水の菌数が10万個以上の場合もあるそうです。法律では水1ccあたりに菌が100個以内でなければいけません。

エピオス エコ システムとは、独自の理論と最新のテクノロジーによって高い安全性と殺菌力をもつ殺菌水の生成が可能となるため、院内の全て水場の残留塩素濃度を正確に保ち、衛生的な歯科治療水で連続殺菌治療や院内感染対策を可能にした装置です。これによって衛生的な治療環境が実現できるのです。

ポイックウォーターとは

ポイックウォーターとは、次亜塩素酸(HOCL)と次亜塩素酸イオン(OCL-)を含む次亜塩素酸水のことです。ポイックウォーターは、不純物を極限まで取り除いた精製水と食塩を結合し、電気分解した、薬品などをまったく使用しない安心・安全な殺菌治療水です。産生される次亜塩素酸の作用により強力な殺菌力を発揮する一方で、人体には無害な水なのです。

ポイックウォーターの効果と特徴

効果

  • 殺菌作用
  • タンパク分解作用(プラークやバイオフィルムの破壊)

特徴

  • 人体には無害
  • 殺菌による消臭効果

ポイックウォーターで殺菌できるもの

  • 細菌(カビ・カンジタ菌・ピロリ菌)、その他多くの細菌(虫歯菌、歯周病菌)
  • ウィルス(HIV・ノロ・O-157・インフルエンザ・B型肝炎・C型肝炎・MRSAなど)

歯周病や口腔内の治療に有効

予防歯科のメンテナンスの際に、ポイックウォーターを使用することで、歯と歯茎の隙間(歯周ポケット)内を洗浄・殺菌します。また、重度の歯周病や難治症例への応用や、インプラント周囲炎や歯根が膿んでしまった場合の殺菌にも効果的です。

メンテナンスをおこなう前には、歯に付いているバイオフィルム・プラークなどのタンパク汚れを綺麗にすることが重要であるため、少し温めた高濃度のポイックウォーター(残留塩素濃度500ppmpH9)を口に含んでうがいをしていただく場合があります。初めてポイックウォーターを使用したり、タンパク汚れが多い方は消毒臭がすることはありますが、それだけ洗浄効果が発揮されているという証拠です。ほとんどの細菌やウイルスは 10~20ppm程度の低濃度で瞬時に殺菌することができます。

ポイックウォーターを自宅で使用するホームケア

ポイックウォーターは、プラーク(歯垢)やバイオフィルムを分解し、その下にある虫歯菌や歯周病菌を殺菌する2つの効果があるため、これまでの洗口液の中でも強い殺菌力があり、さらに安全に使用することができます。ドラッグストアなどで市販されている洗口液は、薬品で殺菌力を高めていますが、殺菌力や安全性はポイックウォーターの半分程度しかありません。なぜならば、市販の洗口液はプラークを分解する能力が少ないからです。

ポイックウォーターを使いはじめた時は、プールと同じ様な臭いを感じる場合があります。この臭いは口腔内のプラークが分解されるときに発生する「クロラミン」の臭いです。口腔内の汚れが多いほど、臭いを強く感じますが、洗浄の効果が出ている表れです。臭いは汚れが無くなってくると次第に薄くなっていきます。

ポイックウォーターは、「口臭が気になる」「歯がざらつく」「口がネバネバする」などといった口腔内菌による症状がある方には、ポイックウォーターによるホームケアがお勧めです。ご家庭でのオーラルケア用品として、ポイックウォーターを取り扱っている歯科医院もあるので、使用をお考えの方は一度、大分県のかかりつけの歯科医院で聞いて頂くことをお勧めいたします。

料金は医院によって異なりますが、500cc1500円〜2500円ほどです。

ポイックウォーターの使用法

キャップ1杯(510cc)の原液高濃度ポイックウォーターでうがいを1520秒くらいしっかりおこないます。それからなるべくポイックウォーターを口に含んだまま、歯ブラシや歯間ブラシを使用して歯を磨きます。ポイックウォーター自体は薬品を使用していませんので、身体には全く害はありません。時間がない場合は、就寝前だけでもうがいをおこなうと、起床したときの口腔内のネバネバ感が無くなります使用後はキャップをきちんと閉めて、直射日光を避け、常温で保管するようにしましょう。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
歯の神経について
歯の神経について
歯の神経の役割 内臓や皮膚などと同じように、体の一部である歯に神経があるということは、歯が生きているということです。歯の中の歯髄(しずい)と呼ばれる部分には神経の他に血管も入ってきています。それによって歯に栄養を与えたり、酸素を運んだり、免疫などの防御反応を伝達するなど重要な役割があります。それによって歯を丈夫な状態に...
歯の神経を取るとどうなる?
歯の神経を取るとどうなる?
虫歯になってしまい、虫歯が進行してしまうと治療方法の一つとして歯の神経をとる「抜髄」といわれる治療がおこなわれます。 今まで虫歯治療は、虫歯になってしまった患部を削り、詰め物をすることが一般的だとされてきました。しかし、近年では安易に虫歯を削ってしまうことで、逆に症状が悪化してしまい、結果抜く必要のなかった歯を抜かなく...
歯の根の治療「根管治療」とは
歯の根の治療「根管治療」とは
虫歯は進行すると、歯の神経にまで達してしまいます。虫歯が神経まで進行してしまうと、強い痛みを伴うようになり、進行状況によっては歯の根の治療「根管治療」をおこない、歯の神経である「歯髄」の除去が必要になる場合があります。歯髄には神経以外にも、動脈や静脈といった血管も走行しており、血管を通じて酸素や栄養を受け取ったり、老廃...
安心してインプラント治療を受けるには
安心してインプラント治療を受けるには
安心してインプラント治療を受けるには インプラント治療は顎の骨にインプラント体を埋入するといった外科的手術を必要とするため、どうしても治療自体に不安を抱いている方は多いのではないのかと思います。しかし近年のインプラントは不安のイメージを取り除くよう、医療設備の充実や歯科医師の技術や研究など、歯科医療の向上に力を入れてい...
歯がしみるのは虫歯?
歯がしみるのは虫歯?
冷たい食べ物を食べた際に、歯がしみることがあるという方は多くいらっしゃいます。この歯がしみるという症状は、虫歯から起こっているのでしょうか。虫歯によって歯がしみる場合は、歯科医院で治療することで症状は治りますが、場合によっては治療をしても症状が治まらないこともあるのです。その場合、虫歯でないのにしみていることがあるので...
親知らずは抜くべき?残すべき?
親知らずは抜くべき?残すべき?
親知らずとは 私たちのお口のなかで、何かとトラブルの原因になりやすい親知らず。 親知らずとは、大臼歯(大人の奥歯)の中で最も後ろに位置する歯であり、第三大臼歯が正式な名称で、智歯(ちし)とも呼ばれ、永久歯の中で最後に発育します。永久歯は通常15歳前後で生え揃いますが、親知らずは生える時期が10代後半〜20代前半と、親に...