インプラントの通院期間と回数

インプラントの治療期間、通院回数や手術時間について

大分県でインプラント治療を受けるとき、費用面だけではなく通院回数や通院期間がどのくらいかかるかも気になっていると思います。「インプラントで普通に食事ができるまで、結局どれくらいの期間がかかるんだろう……」と疑問をお持ちではありませんか?インプラント治療は1日で終わることはありません。インプラント土台を歯茎の中に埋入し、骨とインプラント体が結合するのを待ちます。治療をスタートしてから日常生活に戻れるまでどのくらいの期間がかかるのか気になるかと思います。実際インプラント治療にかかる期間は個人差があり、口内の状態などにより期間は大きく変わります。大分県でインプラント治療をお考えの方へ一般的な目安ではありますが、治療を受けようか迷っている方はぜひ参考にしてください。

インプラントの治療期間の目安

インプラントの治療期間は、あごの骨を増やす手術の有無や手術方法、口腔内の状態などにもよりますが大体2~3か月から、長い場合1年ほどかかることもあります。また、手術をした翌日以降は傷口の確認や抜糸のための通院が必要となる場合もあります。インプラント治療では1回法と2回法の手術方法がありお口やお身体の状態をみて、どちらの方法が適しているか歯科医師が診断します。どちらの方法が優れているということはないのが現状です。

1回法の場合

インプラント治療には一回法と二回法があり、一回法では手術は名前のとおり1度だけですみます。
ただし、だからといって大幅に治療期間が短くなるわけではありません。
なぜなら、一回法でもインプラントを埋め込んだ後には定着期間(治癒期間)が必要になります。
トータルの治療期間は一回法の方が少し短くなります。そもそも一回法のメリットは治療期間が短くなることではなく、手術が1度ですむため患者さんの身体や精神的疲労が緩和されるという点にあるのです。
通院回数…1~2回
通院期間…1日~2週間

2回法の場合

名前のとおり外科手術を2回行います。1回目の手術でインプラントを顎の骨に埋め込み、一度歯茎を閉じてインプラントと骨が結合する(3から6ケ月)のを待ちます。1回法の手術より期間は長くかかってしまいますがインプラントと骨を癒着する期間が長く、感染症の発症リスクが低いのが特徴です。
通院回数…4~6回
通院期間…3~7ヶ月

人工歯(上部構造)の装着

人工歯(上部構造)の装着のための通院回数は目安としては3~5回です。調整が必要な場合は通院回数が増えることになります。期間は1~3ヶ月です。1回法・2回法どちらの場合も、アバットメントを接続してから約1~6週間後に人工歯の型取りを行います。まず歯型をとって、お口の形に合わせた型取りの枠(トレー)を作製します。約1週間~10日後、歯型をとるのに一般的なシリコン素材を作製したトレーに入れ、口のなかにセットしシリコンが固まるのを4~5分弱待ちます。歯型をとるのにトータルで40分~1時間ほどかかります。

メンテナンス

インプラント治療後のメンテナンスの期間は各医院によって異なりますが、3ヶ月後にメンテナンスをする場合が多く、1年に2~3回は歯科医院に通う必要があります。口の中の清掃状態や噛み合わせの確認を行います。インプラントを長持ちさせるためには、このメンテナンスと日々の手入れがとても重要になってきます。インプラントではない歯も衛生的に保つように気をつきましょう。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
歯科治療が1回で終わらないのはなぜ?
歯科治療が1回で終わらないのはなぜ?
歯科は、予約制のことが多いため、仕事の都合や行きたいときに受診できず、予約をとっても、治療は数分で終わることもあり、何度も決められた時間に通わなくてはいけないため、患者さんにとってかなりのストレスになってしまいます。 虫歯一つになぜ何回も歯医者に通わなければいけないのか、なぜ治療が1回で終わらないのか。なぜ次の予約が翌...
インプラント手術の危険性について
インプラント手術の危険性について
インプラント治療は失ってしまった歯を取り戻すための治療法としての人つです。多くの方がインプラント治療によって歯を失う前の生活に戻ることが出来、快適な生活を過ごされています。さらに、近年では歯を白くみせたい、綺麗な歯並びにしたい、などといった審美的治療を目的としてインプラント治療を受ける方も多くなっています。 しかし、イ...
インプラント術後の過ごし方
インプラント術後の過ごし方
インプラント手術後・治療後 インプラント治療はインプラント手術が無事に終わってもそれで終わりではありません。 治療法にもよりますが、基本インプラント体が骨としっかりと結合するまでは約3ヶ月〜6ヶ月の治癒期間を必要とします。そして骨と結合が確認出来てから人工歯(被せ物)を装着します。治療が終わってもご自身でのセルフメンテ...
虫歯ではないのに歯が痛む原因とは?
虫歯ではないのに歯が痛む原因とは?
歯原性歯痛と非歯原性歯痛 口腔内やその周辺に起こる痛みは、症状が軽度なものから、激しい痛みを伴うものもありますが、たとえ軽い痛みであっても不安がつきまとってくるものです。これらの痛みの多くは、「歯原性歯痛」といわれる歯が原因となる歯痛です。歯原性歯痛は、歯の中の神経である「歯髄」や、歯の周りの歯を支える組織である「歯周...
定期的に歯のクリーニングをおこないましょう
定期的に歯のクリーニングをおこないましょう
定期的に歯のクリーニングの重要性 インプラント治療は一度治療が終わってしまうと、その後のご自身での日々のお手入れや、定期的な歯科医院でのメンテナンスをついつい怠ってしまう方も多いのが現状です。毎日の飲食や喫煙者によるタバコなどよる食べ残しや着色などは、日々のご自身でのブラッシングだけではなかなか取り除くことはできません...
安心してインプラント治療を受けるには
安心してインプラント治療を受けるには
安心してインプラント治療を受けるには インプラント治療は顎の骨にインプラント体を埋入するといった外科的手術を必要とするため、どうしても治療自体に不安を抱いている方は多いのではないのかと思います。しかし近年のインプラントは不安のイメージを取り除くよう、医療設備の充実や歯科医師の技術や研究など、歯科医療の向上に力を入れてい...
昔と現代的な歯科治療の違い
昔と現代的な歯科治療の違い
これまで虫歯の治療法というと、歯を削ることが主流でした。命に関わることでもないからと、虫歯や歯周病といった口の中のトラブルは、ついつい放置しがちになってしまい、痛みが出て初めて歯医者さんに行き、痛みさえとってもらえばいいと思い応急の治療を受けた結果、歯を削ったり、神経を抜かれたりして、口の中が詰め物だらけになってしまっ...