子供の歯の健康を守るポイント

子供の乳歯は、永久歯に生える変わるため自然と抜けてしまいます。そのため乳歯が虫歯になってしまっても、そのうち永久歯に生え変わるからと治療せずにそのまま放置している保護者の方もいらっしゃいます。乳歯は柔らかく抵抗力が弱いために虫歯になりやすいという特徴があります。しかしそのまま放置することは、永久歯にも大きく影響するのです。虫歯を放置した乳歯から生え変わった永久歯は虫歯になりやすく、さらに歯の生え方にも影響してしまう場合があります。そのためお子さまの乳歯が虫歯になった場合、きちんと治療するようにしましょう。虫歯は生活習慣によって予防が可能です。お子さまの歯の健康を守るためにも、気をつけるポイントをお伝えいたします。

正しい歯磨きをしましょう

お子さまの最初の歯が生えたときから歯を磨くという習慣は始まるため、まずは保護者が正しい歯の磨き方のお手本をお子さまに見せるようにしましょう。それを見たお子さまが真似をして小児用の自分の歯ブラシで磨くようになったら、小学校低学年までは保護者の方が仕上げに点検磨きをするようにしましょう。歯が生え変わる時期のお子さまの歯並びは凸凹が多いため、歯ブラシを口の横から入れて磨くなど歯磨きに工夫が必要になります。さらに抜けてしまった歯の隣の歯などは、毛先を上下に細かく動かしながら歯1本1本に歯ブラシを縦にあて磨くようにしましょう。このように正しい歯磨きの習慣を身につけることで虫歯を予防することができるのです。

甘い物の食べ過ぎには注意しましょう

食事は、お子さまにとって食事は大切な心と体の発育の源となります。その中でもおやつなどの間食には歯の健康を守るためにも気をつける必要があります。お菓子などのおやつの中には、糖分が多く含まれており、お米やパンなどの食事よりも虫歯の原因になりやすいのです。

特に乳歯や生えたばかりの永久歯は、虫歯菌の出す酸への抵抗力が低いために虫歯になりやすいので注意が必要です。おやつを小分けにして長時間の間食べ続けたり、ジュースを1日に何度も飲むなどの時間をかけての飲食の習慣も、口の中に糖分がとどまる時間が長くなるので注意しましょう。虫歯を予防するためにも、なるべく糖分が少なく歯にくっつきにくいお菓子や、ノンシュガーやキシリトール配合のお菓子を選ぶことをお勧めいたします。また、おやつを食べたら必ず歯磨きの習慣をつけるようにしましょう。お子さまが嫌がる場合は、口をゆすぐことから始めましょう。食べたら歯を磨くことを習慣つけることで、将来の歯の健康にも繋がるのです。

定期検診を受けましょう

大分県のかかりつけの歯科医院で歯の定期検診を欠かさずに受診することは、お子さまの虫歯を予防するためにもとても大切です。

定期検診では、お子さまの歯並びや成長に合わせたブラッシングの仕方をお伝えします。保護者の方にも、お子さまが磨いた後の点検磨きのコツをお伝えします。さらに直接歯の表面にフッ素の塗布もします。フッ素を塗布することで虫歯への抵抗力を高め、初期の虫歯であれば歯の再石灰化を促す効果が期待できるため、虫歯予防のためにも定期的なフッ素塗布をしましょう。

また、奥歯の咬み合わせる面にある溝は深くて複雑な形状をしているため、食べ物のカスやプラークなどの細菌がたまりやすく、虫歯になりやすい部位ですので、虫歯予防のためにあらかじめレジン(プラスティック)を埋めるシーラントをおこないます。

ご家庭での虫歯の感染に気をつけましょう

赤ちゃんの口の中にはもともと虫歯菌は存在しません。しかし生活をしていくうちに虫歯菌に感染してしまうことがあり、そのほとんどがまわりの大人の口の中から感染しているのです。特に母親は赤ちゃんと一緒に過ごす時間が長いことから、母親から虫歯が感染してしまうことが多いと言われています。そのため、普段から赤ちゃんの口へのキスを避けたり、食べ物の口うつしをしないようにしましょう。また食器やスプーンは赤ちゃん専用のものを用意したり、大人が赤ちゃんの手やオモチャに口をつけないといったことを気をつけるようにしましょう。虫歯菌の感染の時期をある程度遅らせることで、将来的に虫歯にかかりにくくなるというデータもありますので、お子様のお口の健康を考えて、ご家庭での感染に注意するようにしましょう。

歯科医院で診察を受けよう

子供は歯医者さんを怖いと思うことが多いため、歯科医院に連れて行くのが不安と感じる方も多いかと思いますが、保護者の方が歯医者さんに行くことや治療の大切さをきちんと話したり、お子さまが好きそうな歯科医院を選び、治療が終わると褒めてあげるなどのお子さまとのコミュニケーションもとても大切です。子供の歯の健康を守るためにも、早いうちから大分県の歯科医院で診察を受けるようにしましょう。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
舌に関する疾患
舌に関する疾患
舌の役割と仕組み 私たちが食べ物を食べたり、飲み物を飲んだりする際に味を感じます。 その味を感じる「味覚」は主に舌で感じているのです。さらに舌は味覚を感じる役割のほかにも、食べ物を飲み込むのを助ける役割をしたり、唾液を分泌させることにより、唾液に含まれる消化酵素が食物と混ざることで消化器官の負担を軽くするという役割も持...
インプラント治療に不適応な疾患
インプラント治療に不適応な疾患
インプラント治療に不適応な疾患(絶対的禁忌症) 絶対的禁忌症とは、改善をすることが難しい疾患にかかっておいるため、インプラント治療ができないとされるケースです。 また、疾患ではありませんが、子供や妊娠中の方もインプラント治療は避けるべきです。 1型糖尿病 糖尿病には、膵β細胞が壊されてしまうことでインスリンがほとんど分...
世界における歯科治療の歴史
世界における歯科治療の歴史
毎日の私たちの生活の中において、虫歯の治療などで歯科医院を訪れるということは、ごく当たり前のことになっています。さらに、近年は歯科医院はコンビニの数よりも多いといわれているほど充実した数の歯科医院があり、大分県にも沢山の医院があります。 日常にも密接に関わっている歯の治療ですが、現在のような歯科医療技術がない時代もあり...
オールオン4治療が向いている人は?
オールオン4治療が向いている人は?
オールオン4と従来のインプラントの違い オールオン4( ALL ON 4)とは、従来のインプラント治療方法とは違い、4本のインプラント体をバランスよく骨に埋入(奥のインプラントを骨のある部分へ斜めに埋め込み力を広く均等に配分)する事ですべての人工の歯を支えることができるため、手術の際の身体的な負担や、費用の負担を必要最...
歯科治療が1回で終わらないのはなぜ?
歯科治療が1回で終わらないのはなぜ?
歯科は、予約制のことが多いため、仕事の都合や行きたいときに受診できず、予約をとっても、治療は数分で終わることもあり、何度も決められた時間に通わなくてはいけないため、患者さんにとってかなりのストレスになってしまいます。 虫歯一つになぜ何回も歯医者に通わなければいけないのか、なぜ治療が1回で終わらないのか。なぜ次の予約が翌...
インプラントの通院期間と回数
インプラントの通院期間と回数
インプラントの治療期間、通院回数や手術時間について 大分県でインプラント治療を受けるとき、費用面だけではなく通院回数や通院期間がどのくらいかかるかも気になっていると思います。「インプラントで普通に食事ができるまで、結局どれくらいの期間がかかるんだろう……」と疑問をお持ちではありませんか?インプラント治療は1日で終わるこ...
インプラント周囲炎を予防しよう
インプラント周囲炎を予防しよう
インプラント周囲炎とは インプラント治療後のトラブルとして最も多いのが インプラントの歯周病である「インプラント周囲炎」で、インプラントを支える骨が溶けてしまうという症状です。口腔内は常に細菌の侵攻にさらされており、インプラント周囲の歯茎や顎の骨などは、抵抗力が低いため、歯周病菌に侵されてしまい炎症を起こすと、急速に骨...
GBR(骨誘導再生法)
GBR(骨誘導再生法)
GBRとは インプラント治療の際、必要となる顎の骨。もし歯を失ってしまったまま放置してしまったり、歯周病や骨吸収などで骨が少なくなってしまい、インプラントを埋入するための十分な骨の高さや厚さが足りない場合があります。その場合、インプラントを治療するために、人工的に骨を作る骨増生手術が必要となります。骨増生手術にはサイナ...