健康寿命と歯の関係

健康寿命と歯の関係

近年、高齢化が進む日本ですが、健康に長生きするためには咀嚼する、いわゆる「よく噛むこと」が重要視されています。年齢や治療中の病気や生活習慣などの影響などを除き、歯が多く残っている人や、歯の本数は少なくても義歯などを入れている人の方が、歯が少ない人や、義歯を入れていない人とを比較すると、その後に認知症発症や転倒する危険性が低いということが分かっています。さらに残っている歯が、20本を下回ると咀嚼機能が著しく低下してしまい、適切な栄養を摂取することの障害になる危険性があると、疫学調査の報告でも示されています。

また奥歯1本の噛む力は、人の体重ぐらいの力があるため歯がない状態で噛み合わせが悪かったり、偏った歯に力が長い間かかってしまうと、肩こりや腰痛だけではなく、神経性の病気や内分泌異常などの自覚症状はあるのに、それと体の異常との関係がはっきりしない不定愁訴の原因にもなります。

また、病気の5大疾患である癌、心臓病、脳卒中、肺炎、糖尿病。これらの疾患の原因の一つとして、歯茎の炎症である歯周病も重大な病気として考えられているのです。歯周病になってしまうと、血糖値を下げる働きをするインスリンに体が抵抗するため、効きにくくなってしまい血糖値が上昇します。その結果、糖尿病の発症や糖尿病が進行しやすくなってしまうのです。さらに歯周病になると、歯茎が炎症を起こすため、歯茎が出血しやすくなります。そのため、歯茎の毛細血管が傷ついてしまい血管を通じて血液によって歯周病菌が全身に運ばれ、動脈硬化や心筋梗塞などの心臓病の原因になると考えられています。また、高齢の方にとって肺炎は深刻な疾患の一つです。日本人全体の肺炎による死因の割合は約10%ですが、そのうちの9割が65歳以上の高齢者なのです。高齢になると飲み込む力が低下してしまうため、誤嚥性肺炎が原因で亡くなる人が多いのです。歯の健康と共に、口腔の機能も維持することで、誤嚥性肺炎を起こしにくくなると言われており、健康寿命を延ばすことにもつながるのです。きる問題

今後、日本でますます課題になると言われいる認知症。この認知症も歯と関係しているのです。健康な歯が多く、虫歯になっても治療している人や、歯が残っているという人は、認知症になりにくいと分かってきたのです。歯で食べ物を噛み砕く際、その振動は脳に直接伝わります。さらに、歯根膜から神経を経由して神経伝達物質が脳に伝わり、それらが刺激となるため、脳の血流量が増加して脳の働きが活性化されます。しかし歯の本数が減ってしまい、噛む回数が減ってしまうと歯から脳への刺激も減ってしまい、脳は次第に委縮し退化してしまいます。

さらに近年では、硬い食べ物よりも、柔らかくて食べやすいものをよく食べるようになった事が原因で、現代人は歯や顎の強さが低下しています。よく噛んで食べるという事は大切だと昔からよく言われていますが、消化を助ける以外にも、脳への刺激を増やすという効果があるのです。そのため、歯が健康な状態であれば適度に硬いものを普段から意識して食べることをお勧め致します。 また、歯がない状態では、その分だけ歯から脳への刺激が減ってしまいます。歯を1本失うごとに認知症になる確率は増え、最終的に自分の歯が全くない状態なってしまうと認知症の確率は約2倍になります。しかしインプラント治療や入れ歯などで歯を取り戻すことにより、脳に刺激が伝わる状態に戻ることができます。特にインプラント治療の場合は、神経は抜いているため神経伝達はできませんが、顎の骨と結合しているため、衝撃と振動が脳にしっかりと伝わることができます。

歯周病を予防するために

歯周病菌や虫歯菌は人から人へ感染します。ですので家族みんなでお口を清潔に保ち、感染の時期を遅らせる事が大切なのです。そのためには、正しい歯ブラシ磨き方以外にも、歯間ブラシやフロスを使用して、歯ブラシでは届かない歯と歯の小さな隙き間などは、虫歯や歯周病になりやすいのでしっかりと磨きましょう。 しかし、日々の食事での食べ残しなどは一生懸命に歯磨きしても全てはなかなか取り除くことができません。磨き残しなどは歯垢(プラーク)として歯茎や歯周ポケットに残り、溜まってしまいます。歯垢はやがて硬い歯石へと変化してしまいます。 ご自身の歯磨きで落とせる歯垢と違い、歯石はご自身では取るのが非常に難しいため、歯科医院でのスケーリングやPMCTにより徹底的にバイオフィルム(歯周病菌などの微生物の集合体)を取り除きます。

バイオフィルムを取り除くと菌は除菌されます。バイオフィルムは1週間ほどで再形成されますが、ご自身での正しいお手入れをしっかり行うことで、約3ヶ月間は細菌の活性を抑えることができます。

バイオフィルムとは
バイオフィルムとは
バイオフィルムとは 歯を失う主な原因として急な事故やケガなどを除くと、そのほとんどが虫歯や歯周病が原因です。虫歯や歯周病は、食べかすなどが歯磨きでは取り除くことができずに残ってしまい、それが原因で口腔内で細菌が発生してしまい、歯の表面にプラーク(歯垢)が付いてしまいます。このプラークが時間が経つと歯石となってしまい、健...

健康寿命と歯の関係の大切さ

現在の日本は、歯がなかったり、うまく噛むことができない高齢者が増加しています。よく噛むことで顎の骨の振動により刺激が脳や耳に伝わり、記憶や視力に影響するので、老化を遅らせることもできます。またゆっくり噛むことで満腹中枢が刺激され食事量が減少するので体脂肪が分解され、ダイエットや肥満の予防にもなり、さらに唾液の分泌の促進されるため、活性酸素を抑制する結果、アンチエイジングや美容効果、更には癌の予防にも繋がります。

このように健康寿命と歯には、とても密接な繋がりがあるのです。毎日を健康に生活するためにも、ご自身でのお手入れ、そして定期的に大分県の歯科医院で、ご自身の現在の歯の状態をチェックして頂くことをお勧め致します。

おすすめの記事
インプラントの費用は?
インプラントの費用は?
インプラントをご検討の方で、費用を調べたり、歯科医院に尋ねた時に高額な費用にびっくりしたことはありませんか? 歯科治療において保険が適用されるのは、「歯の健康を保つための必要な最低限の治療」に限定されることから、歯を失った際に歯の機能や見た目を回復するインプラントは基本的に保険適用外治療(自由診療)となります。またイン...
虫歯が死の原因になる?
虫歯が死の原因になる?
虫歯は歯科医院で治療をすることで治ります。初期で軽度な虫歯であれば歯の再石灰化で自然に歯を修復したり、歯科医院での簡単な治療で済みます。しかし進行してしまい、重度の虫歯になってしまうと、歯の大部分を削り金属やセラミックなどで詰め物や被せ物をする処置が必要となり、最悪の場合は歯を抜かなければいけなくなってしまいます。それ...
インプラント治療に不適応な疾患
インプラント治療に不適応な疾患
インプラント治療に不適応な疾患(絶対的禁忌症) 絶対的禁忌症とは、改善をすることが難しい疾患にかかっておいるため、インプラント治療ができないとされるケースです。 また、疾患ではありませんが、子供や妊娠中の方もインプラント治療は避けるべきです。 1型糖尿病 糖尿病には、膵β細胞が壊されてしまうことでインスリンがほとんど分...
蓄膿症と歯科疾患の関連について
蓄膿症と歯科疾患の関連について
副鼻腔炎とは、鼻の奥やその周囲にある空洞が炎症を起すことで膿が溜まってしまう疾患で、蓄膿症とも呼ばれます。風邪やアレルギーによる鼻炎から発症することが多く、一般的には耳鼻科疾患の一つといえるため、歯科の領域とは関係ないと思いがちですが、実は虫歯や歯周病などの歯科疾患が原因となって発症する場合があるのです。 歯科疾患と副...
インプラント術前の過ごし方
インプラント術前の過ごし方
インプラント手術前に注意すること インプラントは手術を必要とする治療です。失ってしまった歯を取り戻すことができ、天然の歯と同じくらい見た目も美しく、また自分の歯のように食べ物を噛むことができるインプラント。近年多くの方がインプラント治療をしています。しかし治療期間も長く、費用も自由診療なので高額になってしまいます。苦労...
インプラント治療後の注意点
インプラント治療後の注意点
急な事故や怪我、虫歯や歯周病などによって歯を失ってしまった際に、失った歯を補うための治療法としてインプラント治療があります。インプラント治療は、歯茎に歯の根の代わりにチタン製のインプラント体を埋入する手術をおこなう治療です。インプラント体と歯茎がしっかりと結合するまでの治癒期間を経て、インプラント体に上部構造(人工歯と...